• TOP
  • 「新型ハリアーはライバル不在?」タフな作り込みが好評の日産エクストレイルは対案になり得るのか

 ー 

「新型ハリアーはライバル不在?」タフな作り込みが好評の日産エクストレイルは対案になり得るのか

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

日産エクストレイル20Xiレザーエディション(4WD) 価格:CVT 350万3500円 試乗記

日産エクストレイル20Xiレザーエディション(4WD) 2020年1月の改良でミリ波レーダーを装着 衝突被害軽減ブレーキが夜間の歩行者を検知するようになりプロパイロットの性能が向上
日産エクストレイル20Xiレザーエディション(4WD) 2020年1月の改良でミリ波レーダーを装着 衝突被害軽減ブレーキが夜間の歩行者を検知するようになりプロパイロットの性能が向上

2020年1月の改良で安全性能が向上。試乗車は新設定レザーエディション

 現行3rdエクストレイルのデビューは2013年。新鮮さという点では最新のハリアーに及ばない。
 しかし、モデルライフ途中でハイブリッド仕様の追加設定やコネクティビティ機能の向上、運転支援システムのプロパイロット投入など、積極的なアップデートを実施。いまなお高い商品性をキープしている。

 現在販売されているモデルは、今年1月に一部の仕様向上が図られている。新たにミリ波レーダーを装備して、衝突回避機能やプロパイロット性能が向上。新タイヤの採用で静粛性がリファインされた。また、ラグジュアリー指向のレザーエディションがラインアップに加わった。
 試乗車はレザーエディション。特別塗装色のギャラクシーゴールドやパノラミックガラスルーフ、インテリジェントパーキングアシスト+ナビゲーションなどのオプションをフル装備したモデルだった。

 ボディサイズは全長×全幅×全高4660×1820×1740mm。鮮やかなボディカラーとタンレザーをふんだんに用いたインテリアの組み合わせはなかなか華やかだ。残念ながら、レザーの質感は格別高いとはいえず、触感はしなやかさにやや欠ける。とはいえ、ハリアーとは異なったインパクトが感じられる。

全長×全幅×全高4690×1820×1740mm 車重1560kg 4WDシステムはオート/ロック/2WD切り替え式

加速性能は実用十分。4WDシステムは路面状況に応じたセレクトが可能

  2リッター直噴エンジン(147ps)+CVTのパワーパックが生み出す加速性能は、実用十分レベル。大きな不満は感じない。だが、アクセル操作のたびにエンジン回転数が上下する、CVT特有の「ラバーバンド感」が大きい点は残念。

 2リッターエンジンを搭載するハリアーもCVTを採用する。こちらは通常のプーリーによる変速機構と並列して、歯車を用いたトルク伝達経路を設けた新世代ユニット。目立ったラバーバンド感はなく、CVT特有の違和感はほんどない。
 エクストレイルは静粛性に優れる一方、速度にかかわらず細かな揺すられ感が消しきれていない。この点は、シャシー全体の「年齢」を感じさせられる部分である。

 4WDシステムは、路面状況に応じて前後輪のトルク配分を自動調整するオートモードを設定したほか、悪路走行用ロックモード、省燃費用の2WDモードに切り替えられる。
 エクストレイルの室内は広く、荷室の使い勝手も良好。アウトドアシーンにも似合う、タフな作り込みが魅力だ。
 ライバルが新型モデルに移行する中、「そろそろ刷新が待たれる」1台でもある。

インパネは機能的なデザイン レザーエディションは各部にソフトトリム装着 質感は高い 本革巻きステアリングは操作性に優れたDシェイプ
室内長2005mm レザーエディションは本革シート標準 前席は電動調節式 後席は独立スライド&リクライニング可能
荷室は広い レザーパッケージはカーペットインテリア仕様
リアゲートは軽量樹脂製 ハンズフリー電動開閉式の便利設計 開口部は大型サイズ
パノラミックガラスサンルーフはop(7万7000円)前側が開口する
ヘッドライトはハイビームアシスト付きLED シグネチャー灯標準
225/&0R18タイヤ+7Jアルミ標準 最低地上高205mm 足回りはやや固め
1997cc直4DOHC16V 147ps/6000rpm 207Nm/4400rpm  JC08モード燃費:15.6km/リッター
CVTはマニュアルモード未設定 変速はスムーズ ややラバーバンド感が目立つ
メーター中央にプロパイロットなどの作動状況を表示 視認性に優れる
コンソール部に4WDシステムのモード切り替えダイヤルを配置
クリアなリアカメラ映像を表示するデジタルルームミラー標準
インテリジェントパーキングアシストはナビとセットop

日産エクストレイル20Xiレザーエディション(4WD) 主要諸元と主要装備

グレード=20Xiレザーエディション(4WD)
価格=CVT 350万3500円
全長×全幅×全高=4690×1820×1740mm
ホイールベース=2705mm
最低地上高=205mm
トレッド=フロント1575×リア1575mm
車重=1560kg
エンジン=1997cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=108kW(147ps)/6000rpm
最大トルク=207Nm(21.1kgm)/4400rpm
JC08モード燃費=15.6km/リッター(燃料タンク容量60リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=225/60R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.6m
●主な燃費改善対策:アイドリングストップ/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/自動無段変速機/充電制御/電動パワーステアリング
●主要装備:プロパイロット/インテリジェントエマージェンシーブレーキ+前後バックソナー/踏み間違い衝突防止アシスト/車線逸脱警報/侵入禁止標識検知/後側方車両検知警報/後退時車両検知警報/アドバンスドヒルディセントコントロール/オートライト/LEDヘッドライト/フロントフォグランプ/ルーフレール/インテリジェントルームミラー/インテリジェントアラウンドビューモニター/アドバンスドドライブアシストディスプレイ/本革巻きステアリング/ステアリングスイッチ/電動パーキングブレーキ/ナビ取付パッケージ(GPS&TVアンテナ)/レザーシート/前席電動調節機構/カーペットインテリア/独立温度調節式オートAC/PTC電子ヒーター/キーレスオペレーション
●装着メーカーop:SRSサイド&カーテンエアバッグ7万7000円/インテリジェントパーキングアシスト+日産コネクトナビゲーションシステム+ふらつき警報27万600円/パノラミックガラスルーフ7万7000円
●ボディカラー:ギャラクシーゴールド(op4万4000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万410円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る