• TOP
  • 「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」欧州でも人気を集めるSUVスペシャルティ、トヨタC-HRのアドバンテージポイントとは

 ー 

「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」欧州でも人気を集めるSUVスペシャルティ、トヨタC-HRのアドバンテージポイントとは

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

トヨタC-HR・G 価格:THS 299万5000円 試乗記

トヨタCーHR・G CーHRはハイブリッドと1.2リッターターボ(116ps)を設定 スポーティなGRスポーツもラインアップ Gはハイブリッドの上級グレード CーHRは欧州でも高い人気を誇る
トヨタCーHR・G CーHRはハイブリッドと1.2リッターターボ(116ps)を設定 スポーティなGRスポーツもラインアップ Gはハイブリッドの上級グレード CーHRは欧州でも高い人気を誇る

C-HRはデザインが命! ファミリカーで使うならキックスか!?

 トヨタC-HRのメインライバルは、欧州で発表された2ndジュークである。だが残念ながら2ndジュークは日本市場へは導入されないもよう。キックスは従来のジューク・ユーザーを含め幅広い層をカバーする存在として期待されている。したがって2台を比較する価値はある。

 キックスのエクステリアは「エクストレイルの弟分」だと理解できるアクティブな印象。対するC-HRはクーペフォルムで「SUVのスペシャリティカー」を感じさせる。個性は大きく異なる。キックスはC-HRと比べると「驚き」は少ないが、好き嫌いが分かれることはないだろう。多くのユーザーに支持されるに違いない。

 インテリアも好対照。キックスは絶対的ともいえる視界性能を含めて「開放感」を重視した。しかも後席とラゲッジスペースにこだわったバランスの取れたパッケージングを採用する。
 C-HRはコクピット感覚が強めの前席優先設計。後方の視界性能や後席、ラゲッジスペースは必要最小限に割り切られている。パーソナルな使い方ならどちらでも満足感は高いが、ファミリーカーとして使うならキックスだろう。

全長×全幅×全高4385×1795×1550mm 車重1440kg ハイブリッドの駆動方式はFFのみ ボディカラーは単色8種/2トーン8種の計16タイプ

走りのスペックはC-HRが優勢。安全装備はキックスがリード

 パワートレーンは、キックスはeパワーだけの設定、C-HRはガソリンとハイブリッドが選択できる。キックスは、モーター駆動による力強さと滑らかなフィーリングが大きな魅力。ノートで指摘されていた静粛性は、レベルアップしているはず。駆動方式はFFのみ。

 C-HRはガソリン/ハイブリッドともに旧世代のユニットを使用。バランスは取れているがパフォーマンスはやや物足りない。駆動方式はガソリンがFFと4WD。ハイブリッドはFFだ。

 フットワークはどうか? キックスはマーチ/ノートが採用するVプラットフォームでサスペンションはフロントがストラット、リアはトーションビームの組み合わせ。C-HRはプリウス/カローラに採用のTN-GA「GA-Cプラットフォーム」でサスペンションはフロントがストラット/リアはダブルウィッシュボーンを採用。スペック的にはC-HRが優勢だが、キックスのVプラットフォームは大きく改良されているという。

 安全支援システムはキックスにはプロパイロット、C-HRにはトヨタセーフティセンスを採用。機能的にはほぼ同じ内容だが、運転支援はプロパイロットの完成度が高い。システムも最新スペックのキックスの圧勝だ。
 トヨタは、秋ごろからヤリスクロスの販売を開始する予定。キックスの真のライバルはC-HRより、むしろヤリスクロスかもしれない。

インパネは立体的な形状 ソフトパッド仕上げ 8インチディスプレイオーディオ標準 ナビ機能はop(11万円)
前席はサポート性重視 標準は本革とファブリックのコンビ仕様 写真のフル本革はop(7万7000円) 後席空間はやや狭い
ラゲッジ容量は後席使用時318リッター 最大1112リッター 後席は6対4分割式
リアゲートは大型形状 操作性は良好 荷室地上高はやや高めの設定
ヘッドライトはバイビームLED フォグはバンパーサイド部にレイアウト
225/50R18ミシュランタイヤ+切削光輝アルミ装着 足回りは欧州セッティング 最低地上高140mm
1797cc直4DOHC16V(98ps/142Nm)+モーター(72ps/163Nm) 通常領域の走りは軽快 静粛性はハイレベル WLTCモード燃費:25.8km/リッター
トランスミッションは電気式無段変速 プリウス比で加速重視のセッティング
2眼式形状 ハイブリッドはパワーメーター標準 回転計未装備
車両周囲の状況を表示するパノラマビューモニターはop(4万1800円)

トヨタC-HR・G 主要諸元と主要装備

グレード=G
価格_=THS 292万9200円
全長×全幅×全高=4385×1795×1550mm
ホイールベース=2640mm
トレッド=フロント1540×リア1540mm
最低地上高=140mm
車重=1440kg
エンジン=1797cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=72kW(98ps)/5200rpm
最大トルク=142Nm(14.5kgm)/3600rpm
モーター最高出力=53kW(72ps)
モーター最大トルク=163Nm(16.6kgm)
WLTCモード燃費=25.8㎞/リッター(燃料タンク容量43リッター)
(市街地/郊外/高速道路=24.7/28.6/24.6㎞/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/50R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員_=5名
最小回転半径=5.2m
●主な燃費改善対策:ハイブリッド/アイドリングストップ/電気式無段変速機/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/充電制御
●主要装備:トヨタセーフティセンス(プリクラッシュセーフティ+レーンデパーチャーアラート+オートマチックハイビーム+レーダークルーズコントロール)/ブラインドスポットモニター/バイビームLEDヘッドライト/フロントLEDフォグランプ/オートワイパー/自動防眩ルームミラー/ヒルスタートアシスト/6エアバッグ/前後スタビライザー/前後エアスパッツ/リアスポイラー/電動パーキングブレーキ/本革巻きステアリング/スマートエントリー&スタートシステム/ドライブモードセレクト/マルチインフォメーションディスプレイ/本革&ファブリックシート/左右独立温度調節式オートAC/8インチディスプレイオーディオ(6スピーカー)
●装着メーカーop:リアクロストラフィックオートブレーキ&インテリジェントクリアランスソナー3万9600円/本革シート7万7000円/前席電動ランバーサポート+快適温熱シート3万5750円/アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)4万4000円/パノラミックビューモニター4万1800円/寒冷地仕様3万800円
●ボディカラー:ブラック×エモーショナルレッド2(op7万7000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は9910円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年1月号

  • ・巻頭レポート 新型SUBARU・BRZ
  • ・スペシャルピックアップ/試乗レポート
  • ・特集 元気が出るクルマ選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る