• TOP
  • プジョーのBセグメントハッチバック「208」がフルモデルチェンジ。フルEVモデル「e-208」もラインアップ

 ー 

プジョーのBセグメントハッチバック「208」がフルモデルチェンジ。フルEVモデル「e-208」もラインアップ

Writer:大貫直次郎 

プジョーの新型「208」が日本市場での販売をスタート。EVモデルの「e-208」も設定。車両価格はガソリンモデルの208が239万9000円~293万円、e-208が389万9000円~423万円

 グループPSAジャパンは7月2日、プジョー・ブランドのBセグメントハッチバック「208」のフルモデルチェンジを行い、合わせてEVモデルの「e-208」を新設定して、販売を開始した。

▲プジョー208 GT Line 価格:8SAT293万円 全長4095×全幅1745×全高1465mm ホイールベース2540mm 車重1170㎏ 乗車定員5名 写真のボディカラーはファロ・イエロー

車種展開は以下の通り
■208
208 Style(スタイル):239万9000円
208 Allure(アリュール):259万9000円
208 GT Line(GTライン):293万円

▲プジョー208 Allure 価格:8SAT259万9000円 全長4095×全幅1745×全高1445mm ホイールベース2540mm 車重1160㎏ 乗車定員5名 写真のボディカラーはエリクサー・レッド
▲プジョー208 Style 価格8SAT239万9000円 全長4095×全幅1745×全高1445mm ホイールベース2540mm 車重1160㎏ 乗車定員5名 写真のボディカラーはビアンカ・ホワイト

■e-208
e-208 Allure(アリュール):389万9000円
e-208 GT Line(GTライン):423万円

▲プジョーe-208 GT Line 価格:423万円 全長4095×全幅1745×全高1465mm ホイールベース2540mm 乗車定員5名 写真のボディカラーはヴァーティゴ・ブルー

 プジョーは世界市場におけるブランドのさらなる明確化を目指し、“#UNBORING THE FUTURE(退屈な未来は、いらない)”というビジョンを掲げ、新たな車種戦略を精力的に展開している。その具現化のひとつとして登場したのが、若々しく明るい未来を想起させ、プジョー・ブランドの価値である“高い期待への解答”“スタイル”“エモーション”を新しい形で表現した新型「208」だ。
 2019年3月開催のジュネーブ・ショーでデビューした第2世代となる新型208は、基本骨格に新世代のCMP(EMP1)プラットフォーム、そしてe-208にはEV向けに新設計したe-CMPプラットフォームを採用する。ホイールベースは従来と同寸の2540mmに設定した。
 エクステリアは未来的でエモーショナル、かつ美しいプロポーションとディテールによって新たなハッチバックスタイルを表現したことが特徴だ。フロント部はライオンの牙を思わせるLEDデイライトやダイナミックなアレンジを施した大型グリル、三本爪をモチーフとしたフルLEDのヘッドライト(GTライン)などによってアグレッシブで個性的な顔つきを創出。サイドビューはより長く彫刻的な造形のボンネットにセットバックしたフロントウインドスクリーン、極端に寝かせたCピラー、タイヤを大きく見せるフェンダーラインおよび新造形のアロイホイールなどによってスポーティかつ安定感のあるスタンスを実現する。そしてリアセクションは、ゲート幅いっぱいのブラックバンドに三本爪をモチーフとしたテールライト、グロスブラック仕上げのディフューザーなどを組み込み、表情豊かで力強いルックスを構築した。また、e-208にはボディカラーに合わせて塗装したラジエターグリルやダイクロイックライオン(ライオンマークの色調が見る角度によって変化)、リアハッチのe-208バッジ、Cピラー部のeマークなどを専用装備する。ボディサイズは全長4095×全幅1745×全高1445~1465mmと、従来モデルよりロング&ワイド&ローで構成した。

▲e-208にはボディカラーに合わせて塗装したラジエターグリルやダイクロイックライオンを専用装備

 コクピットについては、視覚ゾーン/操作ゾーン/ボディゾーンに役割を分けたうえで、新バージョンの3次元表示となった3D i-Cockpitを採用したことが訴求点となる。まず視覚ゾーンではすべての情報を見やすく、ドライバーの視界のなかに注意深く配置。ステアリングホイール奥の3Dデジタルヘッドアップインストルメントパネルには、ホログラムによる情報投影が行われて3次元表示がなされる。また、センターコンソール上部には7インチのスクリーンを配し、空調やオーディオ、ナビゲーションシステムなどを設定できるようにした。一方、ステアリングホイールの横から下の操作ゾーンでは、物理的なスイッチを最新の人間工学に基づいてレイアウト。すべての素材は手触りよく、また各パッドおよびパーツのクリアランスは従来以上に詰められる。シフトレバーはドライブ・バイ・ワイア式だ。そして、ボディゾーンは乗員を優しく包み込むようなデザインで構成。前席はGT Lineにホールド性の高いアルカンタラ&テップレザー表地のダイナミックシートを、Allureに長時間ドライブでも疲れにくいファブリック&テップレザー表地のコンフォートシートを、Styleにファブリック表地のコンフォートシートを装備した。

▲コクピットには視覚ゾーン/操作ゾーン/ボディゾーンに役割を分けたうえで、新バージョンの3次元表示となった3D i-Cockpitを採用。日本導入モデルのハンドル位置は全車とも右
▲3Dデジタルヘッドアップインストルメントパネルにはホログラムによる情報投影が行われて3次元表示がなされる
▲GT Lineの前席にはホールド性の高いアルカンタラ&テップレザー表地のダイナミックシートを装備
▲Allureの前席には長時間ドライブでも疲れにくいファブリック&テップレザー表地のコンフォートシートを採用

 パワートレインに関しては、208に進化版の“PureTech”1199cc直列3気筒DOHC直噴ガソリンエンジン(最高出力100ps/5500rpm、最大トルク205N・m/1750rpm)+EAT8(電子制御8速AT)を採用する。

▲208には進化版の“PureTech”1199cc直列3気筒DOHC直噴ガソリンエンジンを搭載。最高出力は100ps/5500rpm、最大トルクは205N・m/1750rpmを発生

 一方、e-208には最高出力100kW(136ps)/5500rpm、最大トルク260N・m/300~3674rpmを発生する電気モーターをフロントに、50kWhの容量を確保したリチウムイオン電池を車体中央付近のフロア下に搭載する。航続距離はWLTPサイクルで340kmを実現した。また、ドライブモードとしてECO/NORMAL/SPORTの3モードを設定。ECO(60kW/180N・m)は航続距離の最大化を、NORMAL(80kW/220N・m)は日常的な用途に合わせてチューニングしつつ最上の快適さを、SPORT(100kW/260N・m)はパワーとトルクを最大化して力強い加速を成し遂げる。さらに、エネルギー回生を司るブレーキ強度はDとBの2つのモードが選択可。Dはアクセルを戻した時の内燃機関のエンジンブレーキの挙動をシミュレーションして馴染みのある自然な減速感を、Bではエネルギー回生を強化し、アクセルペダルだけでより積極的に減速をコントロールするようセッティングした。なお、充電に関してはコンセントタイプの3kW普通充電器で利用できる専用の充電ケーブルを付属し、これを使用すれば所要約4時間で50km走行分の充電、約18時間で満充電が可能。また、ウォールボックスタイプの6kW普通充電器を使用すれば約2時間で50km走行分の充電、約9時間で満充電できる。さらに、50kWのCHAdeMO(チャデモ)急速充電では、約50分で80%までの充電が可能だ。そして、スマートフォンから充電操作ができる「リモートチャージング」、遠隔で室内のエアコンディショニングを作動させることができる「プリコンディショニング」といった先進の機構も鋭意組み込んでいる。

▲e-208には最高出力100kW(136ps)/5500rpm、最大トルク260N・m/300~3674rpmを発生する電気モーターをフロントに、50kWhの容量を確保したリチウムイオン電池を車体中央付近のフロア下に搭載。航続距離はWLTPサイクルで340kmを実現
▲充電に関してはコンセントタイプの3kW普通充電器で利用できる専用の充電ケーブルを付属し、これを使用すれば所要約4時間で50km走行分の充電、約18時間で満充電が可能。また、ウォールボックスタイプの6kW普通充電器を使用すれば約2時間で50km走行分の充電、約9時間で満充電できる
▲e-208にはドライブモードとしてECO/NORMAL/SPORTの3モードを設定。ECOは航続距離の最大化を、NORMALは日常的な用途に合わせてチューニングしつつ最上の快適さを、SPORTはパワーとトルクを最大化して力強い加速を成し遂げる

 最新の運転支援機能(ADAS)と安全機能を備えている点も、新型208のアピールポイントだ。具体的にはアクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)やアクティブセーフティブレーキ、レーンポジショニングアシスト、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターシステム、インテリジェントハイビーム、トラフィックサインインフォメーション、バックソナー/ワイドバックアイカメラ、フロントソナー/サイドソナーなどを設定する。また、便利機能の充実化も図り、車両が近接するキーを検知することでドアのアンロック/ロックを行う先進のキーレスエントリーシステム「プロキシミティスマートキー」をプジョー車で初採用。さらに、Apple CarPlay/Android Autoに対応するスマートフォン接続機能のPeugeotミラースクリーンやUSBポート(Type-CおよびType-A)なども標準で装備した。

▲アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)を装備。前車が完全停止したのち3秒以内に再発進すればアクセル操作無しで追従、3秒以上経過した場合はワンアクションで設定速度まで回復する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報