• TOP
  • 「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」新鮮さをキープする定番ロングライフモデル、ホンダ・ヴェゼルの実力

 ー 

「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」新鮮さをキープする定番ロングライフモデル、ホンダ・ヴェゼルの実力

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

ホンダ・ヴェゼル・ハイブリッドRSホンダセンシング 価格:7SMT 286万2037円 試乗記

ホンダ・ヴェゼル・ハイブリッドRSホンダセンシング ヴェゼルは累計販売台数が50万台を超える人気モデル 多彩なラインアップを設定 RSは走り指向のスポーティモデル 駆動方式はFFのみ 全車安全装備ホンダセンシング標準 主要メカニズムは3rdフィットと共通
ホンダ・ヴェゼル・ハイブリッドRSホンダセンシング ヴェゼルは累計販売台数が50万台を超える人気モデル 多彩なラインアップを設定 RSは走り指向のスポーティモデル 駆動方式はFFのみ 全車安全装備ホンダセンシング標準 主要メカニズムは3rdフィットと共通

ヴェゼルのデザインは都会派。キックスはアウトドアでも映える

 マルチユースのコンパクトSUVとしてキックスとヴェゼルはオーバーラップする部分が多い。ヴェゼルは、2013年デビューのロングライフモデル。そう遠くない時期にフルモデルチェンジも予定されている。そういう意味では最新のキックスと比べるのは、ちょっと酷な部分もある。とはいえ、好調なセールスを続けており商品力は健在だ。比較する価値は大いにある。

 エクステリアの全体的なフォルムはかなり似ている。とくにリアピラーの角度などは並べて見るとそっくりだ。デザイン性と実用性をバランスさせると、おのずと似てくるのだろうか?
 デザイン自体を見ると、ヴェゼルは都会に溶け込むスタイリッシュ感覚を重視。キックスはエクストレイルの弟分という位置付けにふさわしく、アウトドアでも映えるカジュアルテイストを大切にしている。

 インテリアは、機能的で実用指向のキックスに対して、ヴェゼルはコクピット感覚を重視したスタイリッシュなデザイン。質感も高い。後席/ラゲッジスペースは、センタータンクレイアウト採用したヴェゼルが優勢──と思いきや、キックスも同等のスペースを備えている。この点は甲乙つけがたい。

全長×全幅×全高4340×1770×1605mm 車重1310kg ヴェゼルはセンタータンクレイアウトで高いユーティリティを実現 RSのボディカラーは全6色

ヴェゼル・ハイブリッドはエンジンが主役。足回りは欧州タッチ

 パワートレーンはeパワーだけのキックスに対して、ヴェゼルはガソリンが2種類(1.5リッター・NA/1.5リッターターボ)と、ハイブリッドをラインアップ。ハイブリッドは1.5リッターNAとDCT内蔵1モーターで構成するスポーツハイブリッドi-DCDである。

 同じ電動化パワートレーンでありながら、エンジンを発電用に使ってモーターで走るキックスに対して、ヴェゼルはエンジンがメインでモーターはアシストを行うのみ。スポーツハイブリッドというだけあって、小気味よいフィーリングが魅力だ。なお、次期型ヴェゼルは、eパワーと同じ概念のe:HEVになる方針が決定している。

 プラットフォームはキックスがVプラットフォーム、ヴェゼルはフィット譲りの定評あるタイプを採用。どちらも車両キャラクターに合わせたアップデートバージョンだ。キックスは欧州専売のマイクラに近く高速走行を重視したスペック、ヴェゼルはワンクラス上の8/9th欧州シビック用に近い。ヴェゼルはデビュー当初は快適性に課題があったが、現在は質の高い乗り味に改良されている。RSやツーリング、そしてひと手間かけたコンプリートモデル、モデューロXなどフットワークの味付けも複数用意されている。
 対して1スペックのキックスはどのような乗り味か。こちらにも期待が高まる。

インパネは質感に優れたソフトパッド仕上げ スポーティな造形 入念な遮音対策で快適性を計算 RSのハンドリングはスポーティな味わい
室内長1930mm RSのシートは合成レザーとウルトラスエードのコンビ仕様 後席座面はチップアップ可能 室内は広く快適
荷室フロアは広くフラット 後席はダイブダウン機能付き
リアゲートは大開口の手動開閉式 荷室地上高が低く使いやすい設計
ヘッドライトはライン形状LED バンパーに薄型形状フォグをビルトイン
225/50R18タイヤ+アルミ標準 足回りは固めのしっかりとした設定 最低地上高185mm
1496cc直4DOHC16V(132ps/156Nm)+モーター(29.5㎰/160Nm) 走りはエンジンが主体 モーターがアシスト JC08モード燃費:25.6km/リッター
モーター内蔵7速DCT パドル標準 節度感ある加速フィールは魅力的
中央に大型スピードメーター配置 回転計はバー形状 選択表示式
メーカーopナビは通信機能付き7インチ バックカメラに俯瞰表示機能未対

ホンダ・ヴェゼル・ハイブリッドRSホンダセンシング 主要諸元と主要装備

グレード=ハイブリッドRSホンダセンシング
価格=7SMT 286万2037円
全長×全幅×全高=4340×1790×1605mm
ホイールベース=2610mm
トレッド=フロント1535×リア1540mm
最低地上高=185mm
車重=1310kg
エンジン=1496cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力_=97kW(132ps)/6600rpm
最大トルク=156Nm(15.9kgm)/4600rpm
モーター最高出力=22kW(29.5ps)/1313~2000rpm
モーター最大トルク=160Nm(16.3kgm)/0~1313rpm
JC08モード燃費=25.6km/リッター(燃料タンク容量40リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:車軸式
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/50R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.5m
●主な燃費改善対策:ハイブリッド/直噴エンジン/アイドリングストップ/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
●主要装備:ホンダセンシング(プリクラッシュブレーキ+誤発進抑制機能+歩行者事故低減ステアリング+アダプティブクルーズコントロールなど)/パフォーマンスダンパー/パフォーマンスロッド/VGR(可変ステアリングギアレシオ)/EBD付きABS/LEDヘッドランプ/Ⓕフォグランプ/テールゲートスポイラー/クリスタルブラックボディロアガーニッシュ/フラットアンダーカバー/エコアシスト/ETC車載器/マルチインフォメーションディスプレイ/スポーツモードスイッチ/オートAC/ホンダスマートキーシステム/本革巻きステアリング/コンビシート&専用インテリア/チルト&テレスコピックステアリング/パドルシフト/車両接近警報/コンフォートビューパッケージ
●装着メーカーop:Hondaインターナビ+運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート +ルーフレール30万8000円
●ボディカラー:プレミアムクリスタルレッド(op6万500円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万1340円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報