• TOP
  • オーダーストップするほど大人気のトヨタRAV4・PHVは、新時代を切り開く理想的なSUVなのか

 ー 

オーダーストップするほど大人気のトヨタRAV4・PHVは、新時代を切り開く理想的なSUVなのか

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

トヨタRAV4・PHVブラックトーン 価格:THS 539万円 試乗記

トヨタRAV4・PHVブラックトーン 価格:THS 539万円 PHVは専用フロントマスクとロアモールを採用 G/G“Z”/ブラックトーンの3グレード構成 4WDは後輪をモーターで駆動するEーFour式
トヨタRAV4・PHVブラックトーン 価格:THS 539万円 PHVは専用フロントマスクとロアモールを採用 G/G“Z”/ブラックトーンの3グレード構成 4WDは後輪をモーターで駆動するEーFour式

満充電時95kmのEV走行レンジと航続距離1300km以上を実現! 日本仕様は3グレード構成

 人気のトヨタRAV4に待望のPHVモデルが登場した。ラインアップは、G/G“Z”/ブラックトーンの3グレードで構成する。
 RAV4・PHVは世界戦略モデルだ。アメリカでは「RAV5史上で最もパワフル、最も速く、最も燃費に優れる」のキャッチフレーズとともに、昨年末のロサンゼルス・ショーで「RAV4プライム」としてデビュー。日本では6月8日に販売がスタートした。(現在は受注ストップ、再開は未定)

 エクステリアは、専用フロントグリルとロアモールを装備。室内は精悍なブラックカラーで統一され、各部のレッドステッチとスポーティシートがスペシャル感を演出する。PHVには、既存のモデルとはひと味違う「フラッグシップの雰囲気」が漂う。

 PHVのシステム出力は306ps。パワーパックは2.5リッター直4エンジン(177ps)とパワフルなモーター(フロント182ps/リア54ps)、そして新たなバッテリー冷却システム、大容量リチウムイオンバッテリーで構成。0→100km/h加速は6秒という鮮烈な性能だ。
 満充電時95kmのEV走行レンジとWLTCモード燃費22.2km/リッターを生かした航続距離は、1300km以上。まさにマルチな高性能を誇るパフォーマーである。

 PHV走行モードは2種。EVとオートEV/HVがセレクトできる。可能な限りエンジンを始動させず、モーターで走るEVモードがデフォルトだ。とくに素早い加速にトライしたり、強力な空調の利きを望む場合は、オートEV/HVモードがお勧め。早期にエンジンを始動させて、活発な動力性能が得られるオートEV/HVモードは、プリウスPHVには未設定。RAV4・PHVのハイパフォーマンスを生かしたセレクトである。

RAV4・PHVは昨年末のロサンゼルス・ショーで世界初公開 今後トヨタPHVの主力モデルとして世界で販売予定 開発キーワードは“EーBooster”

充電は普通充電専用。災害時にも役立つ給電モードを標準装備

 急速充電への対応は、「ピュアEVとの設備の取り合いやコスト面を考えると、PHVではメリットは少ない」というのが開発陣の考え方だ。確かにこれは、ひとつの見識だろう。トヨタが提供する充電会員サービスに登録すると、全国のトヨタ・ディーラー(約4200基)と普通充電スポット(約1800基)が利用できる。

 一般的な家庭用電気製品を利用するためのAC100V(1500W)アクセサリーコンセントは、標準アイテム。アウトドアでの利用も多いSUVにふさわしい装備であり、災害時に対する備えとしても役立つ。EV給電モードで約7時間、バッテリー残量が少なくなると自動的にエンジンが始動するHV給電モードの場合は、3日程度の電力を供給するという。プリウスに設定されたソーラー充電システムは未対応だ。

RAV4PHVはトレイルモード/ヒルディセントコントロール標準 SUVとして悪路走破性も高水準

走りはEVイメージ! 高いシャシー性能に感嘆。新時代を感じた

 サーキットコースで短時間テストドライブしたプロトタイプの印象は、予想どおり「EV濃度」が極めて高かった。EVモードでスタートすると、アクセルペダルを床まで踏み込まない限りエンジンは始動しない。オートEV/HVモード、もしくは車両設定のスポーツモードを選択して2.5リッターエンジンの出力が上乗せされた状態では、「一級スポーツカーレベル」と表現できるパフォーマンスが味わえた。加速は何ともたくましい。オーバー300psを誇るシステム出力がリアルに実感できた。ただし、エンジンノイズは一気に高まる。

 一方、街乗りシーンをイメージした走りも快適。「ちょっと速い加速」を想定したアクセルワークを行っても、簡単にエンジンが始動することはない。これは既存のハイブリッド仕様との大きな相違点。また、200kg以上が上乗せされ、1920kgに達した車両重量ながら、シャシー能力に不安は感じなかった。

 走りのペースを高めていっても、姿勢変化こそ大きくはなるものの、予想に反して挙動を乱すような場面はほとんどない。ブレーキングパワーに関しても、物足りなく思うシーンは皆無だった。
 RAV4・PHVのファーストインプレッションは好印象だった。さまざまなシーンの中を徹底して走り込んでみたいと感じた。エコだけに留まらない、新時代が感じられるモデルの誕生である。

インパネはRAV4共通形状 PHVの室内基調色はブラック 各部のレッドステッチがスポーティな雰囲気を演出 中央に大画面9インチディスプレイオーディオ装備
室内長1890mm ブラックトーンは合成皮革パーフォレーション付き合成皮革スポーティシート装着 前席は電動調節&快適温熱&ベンチレーション機能付き 居住空間は広く快適 乗り心地はフラット感覚
ラゲッジは大容量 後席使用時490リッター 後席は6対4分割 荷室最大長は1855mm
リアゲートはバンパー下の足入れで開閉するハンズフリー電動式 停止位置メモリー付き
ライトはバイビームLED ダークロームメッキエキステンション付き
ブラックトーンは235/55R19タイヤ+7.5Jアルミ 最低地上高200mm
充電リッドは右側後方に設置 AC200Vと100Vの普通充電に対応
メーターは速度計に7インチTFTモニターを内蔵したオプティトロン式 パワーメーター標準

トヨタRAV4・PHVブラックトーン 主要諸元と主要装備

グレード=ブラックトーン
価格=THS 539万円
全長×全幅×全高=4600×1855×1695mm
ホイールベース=2690mm
トレッド=フロント1595×リア1615mm
最低地上高=200mm
車重=1920kg
エンジン=2487cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=130kW(177ps)/6000rpm
最大トルク=219Nm(22.3kgm)/3600rpm
モーター最高出力=フロント:134kW(182ps)/リア:40kW(54ps)
モーター最大トルク=フロント:270Nm(27.5kgm)/リア:121Nm(12.3kgm)
WLTCモードEV走行換算距離=95km
WLTCモードハイブリッド燃費=22.2_km/リッター(燃料タンク容量55リッター)
(WLTC市街地/郊外/高速道路=20.5/23.0/22.5_km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=235/55R19+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.7m
●主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/プラグインHV/電動パワーステアリング/アイドリングストップ/充電制御/電気式無段変速機
●主要装備:トヨタセーフティセンス(プリクラッシュセーフティ+レーントレーシングアシスト+全車速対応レーダークルーズコントロール+オートマチックハイビーム+ロードサインアシスト)/先行車発進告知機能/インテリジェントクリアランスソナー/リアクロストラフィックオートブレーキ/SRS7エアバッグ/パノラミックビューモニター/バイビームLEDヘッドライト/デジタルインナーミラー/E-Fourシステム/TRAILモード/ダイヤル式ドライブモードセレクト/ヒルスタートアシスト/フロントバンパーロアモール/ホイールアーチモール/リアスキッドプレート/リアスポイラー/レッドステッチ付き合成皮革シート/前席快適温熱&ベンチレーション&電動調節機能/後席シートヒーター/ヒートポンプオートAC/イルミネーテッドエントリーシステム/ハンズフリーパワーバックドア/9インチディスプレイオーディオ/アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)/おくだけ充電/AC200V&100V用充電ケーブル/ドアロック連動リッド&コネクターロックシステム
●ボディカラー:アティチュードブラックマイカ×ダークブルーマイカ(op5万5000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万2600円

2487cc直4エンジン(177ps)+モーター(フロント182ps/リア54ps)でシステムを構成 18.1kWhの大容量リチウムイオンバッテリーは床下に搭載
電気式THSは6段マニュアルモードを内蔵 パドル未設定 駐車ブレーキは電気式
家庭用電気製品が使えるAC100V・1500Wコンセントは荷室に設置

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報