• TOP
  • 「新型ハリアーはライバル不在?」鮮烈造形。アクティブな都会派と呼ばれるレクサスNXの新価値

 ー 

「新型ハリアーはライバル不在?」鮮烈造形。アクティブな都会派と呼ばれるレクサスNXの新価値

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

レクサスNX300hバージョンL(4WD) 価格:THS 608万8000円 試乗記

レクサスNX300hバージョンL(4WD) NXはハイブリッド仕様の300hと2リッターターボ(238ps)を搭載した300の2シリーズ構成 駆動方式はFFと4WD 各部が改良された現行型の完成度は高水準
レクサスNX300hバージョンL(4WD) NXはハイブリッド仕様の300hと2リッターターボ(238ps)を搭載した300の2シリーズ構成 駆動方式はFFと4WD 各部が改良された現行型の完成度は高水準

最新モデルはサスペンションをリファイン。上質な走りが際立つ

 新型ハリアーの価格帯は299万~504万円。レクサスNXは450万7000~608万8000円。一部で価格がオーバーラップする。

 現行NXのデビューは2014年7月。早くも6年になろうというロングライフモデルだ。しかし、走りに古さは感じない。とくに、2017年秋に行われたマイナーチェンジでサスペンションがリファインされ、走りの上質性が一気に向上した。

 プラットフォームは従来型ハリアーと共有する。ボディサイズは全長×全幅×全高4640×1845×1645mm。ホイールベースは2660mm。新型ハリアーと比較して全長が100mm短い以外、ほぼ同サイズ。

全長×全幅×全高4640×1845×1645mm 車重1850kg ボディは最新の溶接技術と構造用接着剤を使用した高剛性タイプ

光る取り回し性。走りの歓びと持つ誇りが味わえる逸材

 レクサスはアメリカに軸足を置いたイメージが強いが、NXは日本での使い勝手も重視。アメリカでは「それなりに売れてくれればOK」と割り切ったという。日本の道路環境でも持て余す心配がない優れた取り回し性は、根強い支持の理由のひとつだ。キャビン、荷室スペースのゆとりはたっぷりある。

 パワーパックは、2.5リッターエンジンを積むハイブリッドシステムと、6速ステップATと組み合わせた2リッターターボを設定。走りは上質でスムーズ。ハイブリッドは、ハリアー用と比べひと世代前の設計。2リッターターボは238psとパワフルだが、燃費性能はそれなりだ。
 NXは輸入SUVと比較しても、高い商品力を誇るプレミアムな存在。走る歓びとともに、所有する誇りが得られる。

インパネは各部にレザー調ソフト素材を使用 入念な作り 10.3インチワイドモニター&SDナビ標準 静粛性優秀
室内長2080mm バージョンLは本革シート標準 室内は大人4名に最適な広さ
後席は電動格納式 最大荷室長1650mm ハンズフリーリアゲート標準
2493cc直4DOHC16V(152ps)+モーター(143ps+68ps) 日常領域の加速は滑らか JC08モード燃費:19.8km/リッター
ライトは3眼LED アダプティブハイビーム標準
オプティトロンメーター スポーツモード選択時は回転計を表示

レクサスNX300hバージョンL(4WD) 主要諸元

グレード=300hバージョンL(4WD)
価格=THS 608万8000円
全長×全幅×全高=4640×1845×1645mm
ホイールベース=2660mm
トレッド=フロント1580×リア1580mm
最低地上高=170mm
車重=1850kg
エンジン=2493cc直4DOHC16V(プレミアム仕様)
最高出力=112kW(152ps)/5700rpm
最大トルク=206Nm(21.0kgm)/4400~4800rpm
モーター=105kW(143ps)
モーター=270Nm(27.5kgm)
JC08モード燃費=19.8km/リッター(燃料タンク容量56リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/60R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.7m

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報