• TOP
  • 「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」4輪駆動力制御搭載。三菱エクリプスクロスのソリッドな走り、そのこだわり

 ー 

「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」4輪駆動力制御搭載。三菱エクリプスクロスのソリッドな走り、そのこだわり

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

三菱エクリプスクロスGプラスパッケージ(4WD) 価格:8CVT 317万3500円

三菱エクリプスクロスGプラスパッケージ(4WD) 駆動システムは三菱独自の電子制御4WDとAYC/ASCを統合制御するSーAWC ボディは強靭な高剛性仕様 デザインはシャープ
三菱エクリプスクロスGプラスパッケージ(4WD) 駆動システムは三菱独自の電子制御4WDとAYC/ASCを統合制御するSーAWC ボディは強靭な高剛性仕様 デザインはシャープ

エクリプスクロスはSUVらしい力強さが魅力。クーペフォルムながら実用性ハイレベル

 キャラクター的にはキックスのライバルはRVR。ただし現行RVRのデビューは2010年。基本設計が古い。今回はワンクラス上だが、エクリプスクロスをセレクトした。

 エクリプスクロスの造形は、三菱オフロードDNAとクーペスタイルをバランスよく融合。インテリアはよくいえば機能的、悪くいえば面白みがない。だが、パッケージングは優秀。クーペフォルムながら後席も荷室も広い。SUVらしい力強さはエクリプスクロスの魅力。とはいえアーバン感覚では、キックスのほうが上だろう。

 パワートレーンはガソリンが1.5リッターターボ+CVT、ディーゼルが2.2リッター+8ATの組み合わせ。ガソリンも悪くないが、エクリプスクロスのキャラクターを考えるとお勧めはディーゼルだろうか。

全長×全幅×全高4405×1805×1685mm 車重1550kg プラットフォームはアウトランダー用を改良 オフロード性能も高い

1.5リッターターボは軽やか。4WDは意のままの走りを実現

 エクリプスクロスのディーゼルは、ある意味で古典的なフィーリング。トルクフルだが、回転レスポンスはマイルド指向。軽快感やスムーズさはいまひとつ。軽やかな走りを重視するなら1.5リッターターボがいい。一方、電動パワートレーンのキックスは、新しさという点で優位に立つ。

 エクリプスのフットワークは、アウトランダー用をベースに最適化。FFも設定されるが、4WDをぜひとも選びたい。三菱お得意の4輪駆動力制御S-AWCは、オン/オフを問わず意のままの走りを披露する。本格派も納得する骨太な走りは、FFのキックスでは敵わない。

インパネはスポーティな造形 視界はワイド ヘッドアップディスプレイ標準 操縦性はドライバーの意のまま感覚
室内長1870mm シートは大型形状 後席はスライド(200mm)とリクライニング付き
荷室は広く使い勝手に優れる 最大幅1330mm 荷室最大長1590mm
1498cc直4DOHC16Vターボ 150ps/5500rpm 240Nm/2000~3500rpm JC08モード燃費:14.0km/リッター
8速マニュアルモード付きCVT 大型形状パドル標準
2眼式メーターは視認性がいい 中央に情報表示ゾーン配置

三菱エクリプスクロスGプラスパッケージ(4WD) 主要諸元

グレード=Gプラスパッケージ(4WD)
価格=8CVT 317万3500円
全長×全幅×全高=4405 ×1805×1685mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント1545×リア1545mm
最低地上高=175mm
車重=1550kg
エンジン=1498cc直4DOHC16Vターボ(レギュラー仕様)
最高出力=110kW(150ps)/5500rpm
最大トルク=240Nm(24.5kgm)/2000~3500rpm
WLTCモード燃費=12.4km/リッター(燃料タンク容量60リッター)
(WLTC市街地/郊外/高速道路=9.7/12.8/13.8km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/55R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報