ー 

レクサスNX300/NX300hの特別仕様車「Spice&Chic」と「Cool&Bright」が登場

Writer:大貫直次郎 

レクサスがNX300/NX300hに上質で都会的なスタイルの特別仕様車「Spice&Chic」とスポーティでエレガントなデザインの特別仕様車「Cool&Bright」を新設定。合わせてNXシリーズ全体の一部改良を実施

 トヨタ自動車が展開する高級車ブランドのレクサスは7月16日、上級SUVのNX300/NX300hに特別仕様車の「Spice&Chic」と「Cool&Bright」を設定し、合わせてNXシリーズ全体の一部改良を実施して、同日より発売した。
特別仕様車の車種展開は以下の通り。
NX300h“Spice&Chic”:2WD552万3000円/AWD578万8000円
NX300“Spice&Chic”:2WD487万9000円/AWD514万4000円
NX300h“Cool&Bright”:2WD606万2000円/AWD632万7000円
NX300“Cool&Bright”:2WD541万8000円/AWD568万3000円

▲レクサスNX300h「Spice&Chic」 価格:2WD552万3000円/AWD578万8000円 ボディカラー同色のフェンダーアーチモールやブラック塗装のオート電動格納式ドアミラーなどを特別装備。写真のボディカラーはマーキュリーグレーマイカ

 まず特別仕様車「Spice&Chic」は、NX300/NX300h・I packageをベースに、上質で都会的なスタイルに仕立てたことが特徴だ。外装には、高輝度シルバー塗装のフロントロアバンパーモールやボディカラー同色のフェンダーアーチモール、ブラック塗装ドアミラー&ドアミラー足元照明などを特別装備。さらに、ホイールにはレクサス独自の塗装工程により繊細かつ重厚な金属質感を表現したダークメタリック塗装+切削光輝の7.5J×18アルミホイールとブロンズ・カラード切削光輝の7.5J×18アルミホイール(オプション)を採用する。いずれのホイールも、タイヤには225/60R18 100Hサイズを組み合わせた。ボディサイズは全長4640×全幅1845×全高1645mm/ホイールベース2660mmに設定。外板色にはマーキュリーグレーマイカ/ソニッククォーツ/ソニックチタニウム/ブラック/グラファイトブラック ガラスフレーク/レッドマイカ クリスタルシャイン/ブレージングカーネリアン コントラストレイヤリング/テレーンカーキ マイカメタリック/セレスティアルブルー ガラスフレークをラインアップしている。

▲高輝度シルバー塗装のフロントロアバンパーモールを装着
▲レクサス独自の塗装工程により繊細かつ重厚な金属質感を表現したダークメタリック塗装+切削光輝の7.5J×18アルミホイール(写真・上)とブロンズ・カラード切削光輝の7.5J×18アルミホイール(写真・下)を設定。いずれのホイールもタイヤには225/60R18 100Hサイズを組み合わせる

 インテリアについては、内装の仕立てとしてクリムゾンカラーベースとブロンズカラーベースの専用カラーコーディネートを設定。クリムゾンカラーにはブラック&クリムゾンの内装色にクリムゾンステッチとシルバーカラーのオーナメントパネルを、ブロンズカラーにはブラックの内装色にブロンズカラーのオーナメントパネルやブロンズステッチを組み合わせる。さらに、ブラックの内装色にシルバーのオーナメントパネルを採用した仕様も用意。いずれも上質で、大人の色気が漂うデザインとした。また、前席にはL texシート(運転席ポジションメモリー/運転席・助手席ベンチレーション機能・ヒーター付)を装着。機能装備として、ブラインドスポットモニター[BSM]やリアクロストラフィックアラート[RCTA]、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)も設定した。

▲特別仕様車専用ブラック&クリムゾン・クリムゾンステッチのシート・インストルメントパネル・ドアトリムとシルバーのオーナメントパネルを装着した内装
▲特別仕様車専用ブロンズステッチのブラックシート・インストルメントパネル・ドアトリムとブロンズのオーナメントパネルを装着した内装
▲ブラックのシート・インストルメントパネル・ドアトリムとシルバーのオーナメントパネルを装着した内装

 一方、特別仕様車「Cool&Bright」は、NX300/NX300h“F SPORT”をベースに、スポーティかつエレガントなデザインに仕立てたことが訴求点である。

▲レクサスNX300h「Cool&Bright」 価格:2WD606万2000円/AWD632万7000円 特別仕様車専用のドアミラー足元照明を装備。写真のボディカラーはヒートブルーコントラストレイヤリング

 外装には、ボディカラー同色のフェンダーアーチモールやブラック塗装ドアミラー&ドアミラー足元照明などを特別装備。さらに、シューズには高精細な造形のブラックスパッタリング7.5J×18アルミホイールに225/60R18 100Hタイヤを組み合わせる。ボディサイズは全長4640×全幅1845×全高1645mm/ホイールベース2660mmに設定。外板色にはヒートブルー コントラストレイヤリング/ホワイトノーヴァ ガラスフレーク/ソニッククォーツ/マーキュリーグレーマイカ/ソニックチタニウム/ブラック/グラファイトブラック ガラスフレーク/レッドマイカ クリスタルシャイン/ラヴァオレンジ クリスタルシャイン/ブレージングカーネリアン コントラストレイヤリング/テレーンカーキ マイカメタリック/セレスティアルブルー ガラスフレークをラインアップしている。

▲高精細な造形のブラックスパッタリング7.5J×18アルミホイールに225/60R18 100Hタイヤを組み合わせる
▲ブラック塗装のオート電動格納式ドアミラーを装着
▲ボディカラー同色のフェンダーアーチモールをセット

 内包するインテリアは、レクサスの走りの象徴である“F”から継承したブルーステッチを専用ブラックシートやインストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム等にあしらうことで、スポーティさをいっそう強調。また、オーナメントパネルには精悍な“F SPORT”専用メタルフィルムを装着する。さらに、機能装備としてブラインドスポットモニター[BSM]やリアクロストラフィックアラート[RCTA]を採用した。

▲レクサスの走りの象徴である“F”から継承したブルーステッチを専用ブラックシートやインストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリムに採用した
▲2モデルの特別仕様車には機能装備としてブラインドスポットモニター[BSM](写真・上)やリアクロストラフィックアラート[RCTA](同・下)を組み込んだ

 NXシリーズ全体の一部改良に関しては、パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]を標準装備して、予防安全をより高めたことがトピック。また、マルチメディアシステムをSmartDeviceLinkおよびApple CarPlay/Android Autoに対応させ、iPhoneやAndroidスマートフォンを10.3インチワイドディスプレイに連携することで、リモートタッチによる画面操作や音声操作が可能になるなど利便性をいっそう向上させた。

▲NXシリーズ全体の一部改良では、パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]を標準装備して予防安全をより高めた
▲マルチメディアシステムをSmartDeviceLinkおよびApple CarPlay/Android Autoに対応させた

 パワートレインは基本的に従来と共通で、NX300hの2WD(FF)に2AR-FXE型2493cc直列4気筒DOHCガソリンエンジン(152ps/21.0kg・m)+2JM型フロントモーター(105kW/270Nm)+電気式無段変速機を、NX300hのAWDに前述のユニット+2FM型リアモーター(50kW/139Nm)を、NX300に8AR-FTS型1998cc直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ・D-4STガソリンエンジン(238ps/35.7kg・m)+6 Super ECTを採用している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る