• TOP
  • 「スーパースポーツ試乗」陶酔の720ps! 迸る快感! フェラーリF8トリブートのスーパーパフォーマンス

 ー 

「スーパースポーツ試乗」陶酔の720ps! 迸る快感! フェラーリF8トリブートのスーパーパフォーマンス

Writer:西川淳 Photo:Ferrari

フェラーリF8トリブート 価格:7SMT 3328万円 試乗記

フェラーリF8トリブート ターボラグを徹底的に排除した720ps仕様の3.9リッター・V8ツインターボ搭載 488GTBの後継となるMRスポーツ 0→200km/h加速は488比0.5秒速い7.8秒でクリア
フェラーリF8トリブート ターボラグを徹底的に排除した720ps仕様の3.9リッター・V8ツインターボ搭載 488GTBの後継となるMRスポーツ 0→200km/h加速は488比0.5秒速い7.8秒でクリア

まさに完熟のフェラーリ! F8トリブートは V8ミッドロードカーの完成形

 フェラーリにおける「プラットフォーム変更を伴うモデルチェンジ周期」は、これまで「2世代ごと」だった。ところが、最新V8ミッドシップ2シーターのF8トリブートは、「458~488」の系譜に列なる進化バージョン、つまり同一プラットフォームで異例の3世代目である。

 フロントスクリーンは488と同じだし、全体のシルエットにも過去2世代と共通する雰囲気がある。おそらく電動化を含め、飛躍的に変化する次世代モデルのデビュータイミングを見計らっての戦略だろう。もちろん458プラットフォームとV8ターボエンジンの組み合わせが、3世代にわたって使えるだけの高いポテンシャルを持っていたことが大きい。

 F8トリブートは「完熟」のフェラーリである。エアロダイナミクスやパワートレーンを中心にパフォーマンス面での進化は目を見張る。ライバル(マクラーレン720S)を意識して最高出力が720psとなったF154型エンジンは、スペックこそサーキット性能を優先した488ピスタ用と同じだが、キャラクターは明確に異なる。目指すベクトルが違うのだ。F8トリブートは、日常の快適なGT性能とハードなスポーツ性能を高い次元で追求したV8ミッドロードカーの完成「形」だといっていい。

 こんなにラクチンでいいの? ステアリングを握った誰もがそう思うだろう。通常のドライビングシーンは、快適のひと言である。荒れたカントリーロードでも決してドタバタしない。ショックをきれいにいなし、心地よい固さをキープする。488ピスタはもう少しソリッドでダイレクトだ。F8のほうが、ショックの伝え方が柔らかかった。

ボディは写真のGTB(ベルリネッタ=クーペ)とスパイダーをラインアップ 最新のシャシー制御技術で高次元のスポーツ性能と快適性を実現 パワーウエイトレシオ:1.99kg/ps

4000rpm以上のV8ノートは絶品。ハンドリングも抜群

 前輪のスタビリティの高さにも驚く。手応えはつねにガッチリとしていて、決してチョロチョロしない(ミッドシップカーであることを忘れてしまうほど)。そのうえ、後輪はよくできたシャシー制御の効果で、踏んでも踏んでも安心感たっぷり。自在に操っているという自信をドライバーに芽生えさせる。結果的に自然と速度が上がってしまう。そういう意味では、危険な誘惑に満ちたスリリングな乗り物だ。

 絶品だったのは制動フィール。488系よりもダイレクトだ。踏みしろも短い。それでいてコントロールしやすいから、安心してアクセルを踏み増してしまう。

 すさまじい加速もまた最高だ。 4000rpmを超えてからのV8ノートはまさにフェラーリ・ミュージック。安定感も抜群。ステアリング操作に自在に反応し、狭いワインディングロードでもガンガン攻め込めた。トップスピード340km/hのスーパーパフォーマンスを実感した。スパイダーも発売済みである。

主要コントロールをステアリング部にレイアウト ハンドリングはシャープ 挙動は安定
シートは本革スポーツ形状 ハード走行でもドライバーを適切にホールド 乗り心地は意外なほど快適
メーターは回転計中心 速度はデジタル表示 右側にインフォテイメント機能配置
赤いスイッチはエンジン始動(左)と走行モード切り替え(右)を行う
7速DCTのメインセレクターはボタン式 変速は大型パドルで行う
3902cc・V8DOHC32Vツインターボ 720㎰/8000rpm 770Nm/3250rpm エンジンヘッドとエアインテークはレッド仕様 4000rpmを超えてからのV8ノートは超刺激的 488ピスタと同一スペックだが性格は異なる
LEDライトユニット上部にエアインテークをレイアウト
タイヤは前後異サイズ20インチ ブレーキ性能は秀逸

フェラーリF8トリブート 主要諸元

車名=F8トリブート
価格=7SMT 3328万円
全長×全幅×全高=4611×1979×1206mm
ホイールベース=2650mm
車重=1435kg
エンジン=3902cc・V8DOHC32Vツインターボ(プレミアム仕様)
最高出力=720ps/8000rpm
最大トルク=770Nm(78.6kgm)/3250rpm
サスペンション=前後ダブルウィッシュボーンボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ=フロント:245/35ZR20/リア:305/30ZR20
駆動方式=MR
乗車定員=2名
最高速度=340km/h
0→100km/h加速=2.9秒
※価格を除きスペックは欧州仕様

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報