• TOP
  • 「スーパースポーツ試乗」魅惑のGT性能。オープンとクーペの2面性を持つFRフェラーリの美的世界

 ー 

「スーパースポーツ試乗」魅惑のGT性能。オープンとクーペの2面性を持つFRフェラーリの美的世界

Writer:西川淳 Photo:Ferrari

フェラーリ・ポルトフィーノ 価格:7SMT 2631万円 試乗記

フェラーリ・ポルトフィーノ 成功作カリフォルニアTの後継となる2+2スポーツ ボディ剛性はカリフォルニアT比50%向上 磁性流体ダンピングシステム(SCMーE)標準 駆動方式はFR
フェラーリ・ポルトフィーノ 成功作カリフォルニアTの後継となる2+2スポーツ ボディ剛性はカリフォルニアT比50%向上 磁性流体ダンピングシステム(SCMーE)標準 駆動方式はFR

美しく力強いアピアランス。2+2レイアウトのRHTクーペ

 ポルトフィーノ。イタリア人なら誰もがその名前を知っている、といわれる憧れのリゾート地である。イタリア北部の都市ジェノバから約40kmの距離に位置する。小さな半島の奥にある可愛らしい港で、まさにセレブリティ御用達。世界中から航海してきた豪華なプライベートクルーザーが停泊しているというのが日常の光景だ。

 ヒット作カリフォルニア・シリーズの後継モデルにふさわしいネーミングだろう。前作と同様にリトラクタブルハードルーフ(RHT)を持つ2+2のFRスポーツカーで、フロントミッドに改良されたF154型直噴V8ツインターボ(600ps/760Nm)を搭載。後方に配置(トランスアクスル)されるトランスミッションは7速DCTだ。車両コンセプトはカリフォルニアと同じだが、まったくのフルモデルチェンジである。

 インハウスデザインとなったポルトフィーノは、12気筒フラッグシップの812シリーズと共通する完璧なロングノーズ&ショートデッキのクーペスタイルを手に入れた。幅広く、そして低く構えている。「美しく力強いフェラーリ」のアピアランスだ。

 ドライブフィールはマラネロ製GTの伝統に回帰したものだといっていい。ファンなFRのスポーツカーであると同時に、よくできたグランツーリズモなのだ。

ルーフクローズ時のスタイルと耐候性はリアルクーペ ポルトフィーノの魅力は多面性 パワーウエイトレシオ:2.77kg/ps 近日マイナーチェンジ予定

14秒でルーフが開閉。真骨頂はスポーツドライビング

 ポルトフィーノはEPSやEデフ、SCMといった最新技術を統合制御することで、高い運動性能を獲得した。統合制御に至ったノウハウは主にサーキットフィールドで蓄えられたものだが、改良型パワートレーンや新設計ボディなどの高い基本ポテンシャルが、リアルワールドでの扱いやすさや快適な乗り心地につながっている。
 まったく新設計のRHTは、40km/h以下であれば走行中でも開閉できる。所要時間こそカリフォルニアと同じ14秒だが、作動の質はまるで異なる。実に軽やかで精緻、作動音はほとんどしない。

 ポルトフィーノの真骨頂は、やはりスポーツドライビングだ。ついに600psを得たエンジンと、強くて軽いボディ&シャシーが生み出す走りは、クーペ状態はもちろん、オープン状態であっても、無類のスポーツ性をみせる。前輪はドライバーの両手としっかりとつながっていて、旋回中のタイヤの状況がつぶさに伝わってくる。荷重移動もわかりやすく、姿勢の変化はつねにリニア。後輪の動きは腰まわりにぴったりと貼り付いていて、自分自身のお尻を動かすような感覚で踏んでいけた。

 なお、ポルトフィーノは間もなくマイナーチェンジが行われるらしく、新車オーダーはペンディング中。改良モデルはおそらく新型クーペ、ローマに似た仕様となると思われる。

ルーフ開閉はフル電動式 2分割式ルーフはトランク内に収納 40km/h以下なら走行中でも操作できる 
インテリアはフルレザー仕様 ステアリング部に各種スイッチを集約 オープン時の風の巻き込みは少ない 高速走行時に快適なオープンエアが満喫できる
後席は+2スペース 荷物の収納に最適な広さ
シフトインジケーター内蔵タコメーターを中央配置 レッドゾーンは7500rpm以上
7速DCTのメインセレクター基部にルーフ開閉スイッチをレイアウト
3855cc・V8DOHC32Vツインターボ 600㎰/7500rpm 760Nm/3000~5250rpm カリフォルニアT比40ps/6Nmパワフル 軽量化とレスポンスを高めた最新設計 エンジン搭載位置はフロントミッドシップ
タイヤは前後異サイズの20インチ ブレーキはカーボンセラミック仕様
全長×全幅×全高4586×1938×1318mm 車重1664kg 乗車定員:4名

フェラーリ・ポルトフィーノ 主要諸元

車名=ポルトフィーノ
価格=7SMT 2631万円
全長×全幅×全高=4586×1938×1318mm
ホイールベース=2670mm
車重=1664kg
エンジン=3855cc・V8DOHC32Vツインターボ(プレミアム仕様)
最高出力=441kW(600ps)/7500rpm
最大トルク=760Nm(77.6kgm)/3000~5250rpm
サスペンション=前後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ=フロント:245/35ZR20/リア:285/35ZR20
駆動方式=FR
乗車定員=4名
最高速度=320_km/h
0→100km/h加速=3.5秒
※価格を除きスペックは欧州仕様

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報