• TOP
  • アウディのプレミアムコンパクトスポーツ「RS3」が約2年ぶりに復活。ボディタイプはスポーツバックとセダンを設定

 ー 

アウディのプレミアムコンパクトスポーツ「RS3」が約2年ぶりに復活。ボディタイプはスポーツバックとセダンを設定

Writer:大貫直次郎 

新世代のアウディRS3が待望の日本デビュー。RS3スポーツバックは8月18日、RS3セダンは9月15日より発売

 アウディ・ジャパンは7月21日、プレミアムコンパクトスポーツの新型RS3を日本市場で発売すると発表した。車種展開はRS3スポーツバック(850万円)とRS3セダン(869万円)の2タイプを設定。販売はRS3スポーツバックが8月18日、RS3セダンが9月15日より開始する。

▲新型アウディRS3スポーツバック(写真・左)価格:7SMT850万円 新型アウディRS3セダン(同・右)価格:7SMT869万円 販売はRS3スポーツバックが8月18日、RS3セダンが9月15日より開始

 新型RS3は、プレミアムコンパクトモデルのA3シリーズのハイエンドスポーツグレードに位置。また、ツーリングカーレースのTCRカテゴリーに参戦するRS3 LMSのベース車両となるRS3セダンは、レーシングカーのRS3 LMSのストリートバージョンにも位置づけられる、モータースポーツ直系のコンパクト高性能セダンというキャラクターを有している。

▲アルミ製クランクケースの採用など多数の設計変更で約26kgの軽量化を果たした“2.5TSFI”2480cc直列5気筒DOHC直噴インタークーラー付ターボガソリンエンジンを搭載。最高出力は400ps/5850~7000rpm、最大トルクは480Nm/1700~5850rpmを発生

 パワーユニットについては、アルミ製クランクケースの採用など多数の設計変更を図って約26kgの軽量化を果たした“2.5TSFI”2480cc直列5気筒DOHC直噴インタークーラー付ターボガソリンエンジンを搭載。最高出力は従来比33psアップの400ps/5850~7000rpm、最大トルクは15Nmアップの480Nm/1700~5850rpmを発生する。トランスミッションには専用セッティングの7速Sトロニックを組み合わせ、駆動機構には電子油圧制御式の多板クラッチを内蔵して前後アクスルにトルクを可変配分するquattro(クワトロ)フルタイム4WDを採用。性能面では、0→100km/h加速が4.1秒、最高速度がスピードリミッター作動で280km/hと公表している。

▲駆動機構には電子油圧制御式の多板クラッチを内蔵して前後アクスルにトルクを可変配分するquattroを採用。専用設定のAudiマグネティックライドをオプションで用意する

 基本骨格には改良版のMQBプラットフォームを採用。シャシーには強化タイプの前マクファーソンストラット/後4リンクを組み込み、オプションとしてサスペンションの減衰力を走行状況に応じてコントロールし、かつ好みの特性も選べる専用設定のAudiマグネティックライドを用意する。シューズには235/35R19タイヤに5アームローターデザイン(スポーツバック)/5アームブレードデザイン(セダン)Audi Sport製19インチアルミホイールをセット。また、ステアリングの切れ角に応じて操舵特性が変化し、鋭いコーナリングを実現するプログレッシブステアリングや、好みの走行特性に切り替えることができるAudiドライブセレクトも装備した。

▲RS3スポーツバックのボディサイズは全長4335×全幅1800×全高1440mm/ホイールベース2480mmに設定。写真のボディカラーは新色のキャラミグリーン

 エクステリアに関しては、ワイド&ローなフォルムにクーペのようなルーフライン、サイドを走るトルネードラインやダイナミックライン、マットアルミニウムスタイリングパッケージなどによって、RSモデルならではの精悍でスポーティなルックスを創出したことがトピック。ディテールにもこだわり、フロントビューにはマトリクスLEDヘッドライトやダイナミックターンインディケーター、立体感のあるハニカムデザインのシングルフレームグリルと下部に配されるquattroロゴ、空力特性を高めたうえで迫力も増した形状のRSバンパーなどを、リアセクションにはLEDテールライトやダイナミックターンインディケーター、専用デザインのディフューザーとスポイラー、RSバンパーなどを特別装備する。外装カラーは新色のキャラミグリーンのほか、ナルドグレー、グレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリックの4色をラインアップ。ボディサイズはRS3スポーツバックが全長4335×全幅1800×全高1440mm/ホイールベース2480mm、RS3セダンが全長4480×全幅1800×全高1380mm/ホイールベース2480mmに設定した。

▲RS3セダンのボディサイズは全長4480×全幅1800×全高1380mm/ホイールベース2480mmに設定。マットアルミニウムスタイリングパッケージを備える

 内包するインテリアは、ファインナッパレザーダイヤモンドステッチングのRSスポーツシート、レッドアクセントリング付きエアコン吹き出し口、レッドステッチ入りフロアマットなどを特別装備。また、アウディの上位モデルから受け継がれた10.25インチのフル液晶ディスプレイ式デジタルインストルメントクラスターやタッチスクリーンを備えたMMI(マルチメディア インターフェース)も装備する。さらに、メーターパネル全体が12.3インチのディスプレイとなったバーチャルコックピットは、RS専用のスポーツモードでエンジン回転計を中央に配し、シフトライト、Gメーター、タイヤプレッシャーモニタリングを表示する仕組みとした。

▲12.3インチの高精細液晶画面に、運転に必要な情報すべてを集約できるAudiバーチャルコックピットを標準装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲ファインナッパレザーダイヤモンドステッチングのRSスポーツシートを特別装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る