ー 

マイナーチェンジを図ったベントレー「ベンテイガ」の生産がいよいよスタート

Writer:大貫直次郎 

ベントレーが大幅改良を行ったスーパーラグジュアリーSUV「ベンテイガ」の量産を開始。まずは4.0L・V8モデルから市場投入

 英国ベントレーは7月20日(現地時間)、マイナーチェンジした「ベンテイガ」の生産をクルー本社工場で開始したと発表した。

▲マイナーチェンジしたベントレーのスーパーラグジュアリーSUV「ベンテイガ」が本格生産をスタート。まずは4.0L・V8モデルから市場投入される

 クルー工場では新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防止するため、入念なライン配置の変更やソーシャルディスタンスの確保など、250項目あまりの新ガイドラインを策定して実施。従業員の徹底した安全確保を行いながら、徐々に操業ピッチを上げてきた。そして、マイナーチェンジしたベンテイガの生産開始によって、ほぼフル稼働の状態になったという。なお、ベンテイガの生産ラインには100名超の従業員が携わり、43の工程を経てラインオフに至るそうだ。

▲ベンテイガの生産を担う英国クルー工場では新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に対する入念な防止策を実施。ベンテイガの生産ラインには100名超の従業員が携わり、43の工程を経て完成させる

 改めてマイナーチェンジ版ベンテイガの特徴を紹介しよう。まずエクステリアでは、フロントセクションのデザインを大幅に見直したことがトピック。具体的には、左右各82個のLEDを内蔵してクリスタルカットガラスのようにアレンジした楕円形のLEDマトリクスヘッドライト、大型化して存在感を高めた専用グリル、左右各ワイパーアームに22のウォッシャージェットを組み込んだ新開発のウェットアームワイパーなどを採用した。

▲ベントレー・ベンテイガV8 全長5125×全幅1998×全高1742mm/ホイールベース2995mm パワートレインには3996cc・V型8気筒DOHC直噴ツインスクロールターボエンジン(550ps/770Nm)+8速ATを搭載。クリスタルカットガラスのようにアレンジした楕円形のLEDマトリクスヘッドライトを新採用する

 リアビューの造形も刷新し、ほぼ車幅いっぱいに開閉するリアゲートに、そのゲート内に配した楕円形のコンビネーションランプを新装備。また、リアトレッドは20mmほど拡大し、ホイールアーチ内のホイール設定位置も変更する。さらに、21インチまたは22インチのホイール自体にも新デザインを取り入れた。

▲ほぼ車幅いっぱいに開閉するリアゲートに、そのゲート内に配した楕円形のコンビネーションランプを新装備。リアトレッドは従来比で20mmほど拡大した

 内包するインテリアは、インパネやドアトリム、ステアリングホイール、シートといった主要パーツのデザインを変更し、ラグジュアリー感や機能性をいっそう向上させる。また、最新のインフォテインメントシステムを設定し、合わせて10.9インチディスプレイがベントレーの翼をイメージして仕立てたダッシュボードにシームレスに組み込まれる。さらに、より見やすいグラフィックへと刷新し、同時に機能表示のバリエーションも増やした新タイプの高解像度デジタルメーターを装備した。

▲インパネやドアトリム、ステアリングホイール、シートといった主要パーツのデザインを変更し、ラグジュアリー感や機能性をいっそう向上させた

 パワーユニットに関しては、4.0L・V8エンジン(3996cc・V型8気筒DOHC直噴ツインスクロールターボ。550ps/770Nm)から市場投入を開始。そして、2020年内にプラグインハイブリッド、W12エンジンを搭載した「ベンテイガ スピード」を追加する予定である。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る