• TOP
  • 「注目モデル試乗」フレンチワゴン代表! 精悍なルックスとしなやかな猫足が評判のプジョー508SW

 ー 

「注目モデル試乗」フレンチワゴン代表! 精悍なルックスとしなやかな猫足が評判のプジョー508SW

Writer:森口将之 Photo:小久保昭彦

プジョー508SW・GTライン 価格:8SAT 493万円 試乗記

プジョー508SW・GTライン 508SWは1.6リッターターボ(180ps)を搭載したGTライン/アリュール 2リッターディーゼルターボ(177ps)を積むGTの3グレード構成 足回りは電子制御アクティブ仕様
プジョー508SW・GTライン 508SWは1.6リッターターボ(180ps)を搭載したGTライン/アリュール 2リッターディーゼルターボ(177ps)を積むGTの3グレード構成 足回りは電子制御アクティブ仕様

 プジョーは古くからワゴンを生産してきブランドだ。最新モデルは、昨年モデルチェンジした508SW。1.6リッターガソリンターボ(180ps)を搭載したGTラインに試乗した。

 スタイリングは低くシャープ。SUVやミニバンとは明らかに違うシルエットの持ち主だ。ゆったりとリアエンドまで伸びるルーフライン、サルーン比で40mm長いリアオーバーハングが、ワゴンらしさをアピールしている。ボディサイズは全長×全幅×全高4790×1860×1420mm。日本の道路環境でも持て余す心配はない。

 インテリアは、小径ステアリングとハイマウントメーターの組み合わせ。着座位置が低い508SWは、ステアリング位置が絶妙。自然なドライビングポジションがピタリと決まる。
 先進イメージをアピールするポイントが、室内センターに配置したピアノタイプのスイッチ。デザイン性に優れるうえに、操作性も優秀だ。ナビゲーションをはじめ、センターコンソール下部にスマートフォンの非接触充電を用意するなど装備は充実している。

 シートは上質。優しい着座感はプジョーそのもの。後席の足元空間はクラス平均レベルだが、サルーンと比べドアの開口部、頭上空間ともに余裕が増した。ラゲッジスペースは広く使いやすい設計。ユーティリティはハイレベルだ。

全長×全幅×全高4790×1860×1420mm リアオーバーハングはサルーン比40mm長い

加速は俊敏。足回りは乗り心地絶妙の「猫足」

 1.6リッターガソリンターボはスムーズな味わい。力強さの点ではGTが搭載する2リッターディーゼルターボに軍配が上がるものの、6000rpmまで気持ちよく吹き上がり、俊敏な加速を披露する。パフォーマンスは十分以上だ。

 身のこなしは軽快。小径ステアリングがもたらすクイックな操縦フィールはスポーティだ。ディーゼル仕様のGTより車重が100kg以上軽いメリットを実感できる。ワゴンならではの低いスタンスにより安定感も高水準。走りは重心が高いSUVとは明確に異なる。クルマとの一体感が味わえる。

 ボディの剛性感は優秀。新世代プラットフォームの強靭性が伝わってくる。したがってプジョー独特の「猫足」が際立つ。現行プジョーで唯一のマルチリンク式リアサスと電子制御のアクティブサスペンションとの組み合わせが、プジョーならではのしなやかな乗り心地を味わわせてくれる。

 運転支援システムの充実ぶりはクラス最高水準。508SWは、どこまでも走って行きたくなるロングクルーザー。スマートなデザインと広いスペース、そして優れたパフォーマンスが調和している。プジョーらしさが存分に味わえるワゴンだ。

インパネは最新プジョー共通の「iコクピット」 小径ステアリング/ハイマウントメーターで構成 センターディスプレイは8インチ
写真のナッパレザーシートはセットop(60万2000円) 前席はマッサージ機能内蔵 後席頭上スペースはサルーン比40mm増加
ラゲッジ空間は後席使用時630リッター 最大1780リッター 広く実用的 後席は6対4分割
リアゲートは電動式 ドアはサッシュレス構造 ボディカラーは写真のセレベスブルーなど全7色
メーターは多彩な表示モードが選べるフル液晶タイプ スタイリッシュな意匠
トランスミッションは8速AT 変速は滑らか パドルシフト標準
ACCは全車速対応 ステアリング左のレバーで操作
中央画面で各種設定を調節 SDナビ標準装備
センターコンソール下側にスマートフォンの非接触充電スペースを設定
フルLEDライト ポジション&ウインカー灯はライオンの牙をイメージ
235/45ZR18ミシュラン+アルミ装着 乗り味はプジョー伝統の「猫足」
1598cc直4DOHC16Vターボ 180ps/5500rpm 250Nm/1650rpm 6000rpmまでスムーズに吹き上がり加速は良好 WLTCモード燃費:14.1km/リッター

プジョー508SW・GTライン 主要諸元と主要諸元

グレード=GTライン
価格=8SAT 493万円
全長×全幅×全高=4790×1860×1420mm
ホイールベース=2800mm
トレッド=フロント:1595×リア:1590mm
車重=1550kg
エンジン=1598cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=135kW(180ps)/5500rpm
最大トルク=250Nm(25.5kgm)/1650rpm
WLTCモード燃費=14.1km/リッター(燃料タンク容量62リッター)
(市街地/郊外/高速道路=10.7/13.9/16.5)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=235/45ZR18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.5m
●主要燃費改善項目:可変バルブタイミング/筒内直接噴射/アイドリングストップングストップ/電動パワーステアリング
●主要装備:アクティブセーフティブレーキ/レーンポジショニング&キープアシスト/アクティブブラインドスポットモニター/トラフィックサインインフォメーション/前後ソナー/ワイドバックカメラ/アクティブクルーズコントロール/ドライバーアテンションアラート/フルLEDヘッドライト/インテリジェントハイビーム/スポーティフロントグリル/スーパーティンテッドガラス(リア3面)/ハンズフリー電動リアゲート/左右独立温度調節式オートAC/デジタルヘッドアップインパネ/本革巻きスポーツステアリング/ドライブモードセレクター/ファブリック&テップレザーシート/前席マルチポイントランバーサポート&電動調節機構/8インチタッチスクリーン/SDナビゲーション/フォーカルプレミアムHiFiシステム/アクティブサスペンション
●装着メーカーop:フルパッケージ(ナッパレザーシート+ナイトビジョン+フルパークアシスト+360度ビジョン+パノラミックサンルーフ)66万2000円
●ボディカラー:セレベスブルー(op7万1500円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は2万860円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る