ー 

マツダがクロスオーバータイプのコンパクトSUV「MX-30」を今秋に日本に導入すると発表

Writer:大貫直次郎 

新世代コンパクトSUVのマツダMX-30が今秋に日本で発売。ブランド初の量産EVモデルに加えて、新開発のマイルドハイブリッドモデルを設定

 マツダは7月31日、東京モーターショー2019においてワールドプレミアを飾ったクロスオーバータイプのコンパクトSUV「MX-30」を今秋に日本市場に導入すると発表した。

▲マツダはクロスオーバータイプの新世代コンパクトSUV「MX-30」を今秋に日本に導入すると発表。ブランド初の量産EVモデルに加えて、新開発のマイルドハイブリッドモデルを設定するという

 マツダ3とCX-30に続くマツダの新世代商品の第3弾で、かつブランド初の量産EVとなる「MX-30」は、ユーザーがクルマとのつながりを深め、クルマとともに自然体で自分らしい時間を過ごせることを目指し、新たなクルマの使い方、すなわち創造的な時間と空間の提案を目的に開発された新世代のコンパクトSUVである。

▲マイルドハイブリッドモデルは直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」を組み合わせた新パワートレインの「e-SKYACTIV G」を搭載する

 今回の発表では、新開発の電動化技術「e-SKYACTIV(イー・スカイアクティブ)」を搭載するEVモデルのほかに、同じく新開発のマイルドハイブリッドモデルをラインアップに加えると予告した。同モデルは、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID(エム ハイブリッド)」を組み合わせた新パワートレインの「e-SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」を採用。静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現したという。なお、EVモデルは今年度中にリース形式での販売を開始する予定ということなので、MX-30の当初の販売のメインはこのマイルドハイブリッドモデルになる見込みだ。

▲センターピラーレスのセンターオープン式ドア構造であるフリースタイルドアを採用。プロトタイプのボディサイズは全長4395×全幅1795×全高1570mm/ホイールベース2655mm
▲車両デザインについてはマツダのデザインテーマ“魂動(こどう)”のもと、“Car as Art”としてさらに芸術性を高めるとともに、表現に拡がりを持たせることに挑戦。リアビューの造形も印象的だ

 車両デザインに関しては、マツダのデザインテーマ“魂動(こどう)”のもと、“Car as Art”として、さらに芸術性を高めるとともに、表現に拡がりを持たせることに挑戦。人の手が生み出す美しい造形とこだわりのつくり込みを基礎としながら、将来に向けた価値観の変化や新しいライフスタイルに寄り添うことを目指し、“Human Modern(ヒューマン モダン)”をコンセプトにそのデザインを造り上げた。基本造形としては、クロスオーバーSUVのスタイルを構築したうえで、RX-8と同様のセンターピラーレスのセンターオープン式ドア構造であるフリースタイルドアを採用。機能的な面だけではなく、クルマを自由な発想で使える可能性を創出した。

▲開放感のあるキャビン空間に自然由来のインテリア素材を鋭意採用する

 内包するインテリアは、センターコンソールまわりを抜け感を持たせた形状とすることで、開放感のあるコクピットを演出。また、コルク材や再生材からできた生地などの環境に配慮した素材を、そのものが持つ自然な魅力を引き出して使用し、斬新かつ心地のよいキャビン空間を具現化している。

▲リース形式での販売を予定するEVモデルはCX-30と共用化したプラットフォームに新開発の電動化技術「e-SKYACTIV」を搭載

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る