ー 

本年8月に日本発表を予定する新型EVの「ホンダe」が専用ホームページで先行公開

Writer:大貫直次郎 

ホンダが本年8月に日本市場での正式発表を予定する新世代の都市型電気自動車「ホンダe」の一部情報を専用ホームページで披露

 ホンダは7月31日、本年8月に日本での正式発表を予定する新型EVの「ホンダe(ホンダ・イー)」の一部情報を、専用ホームページで先行公開した。

▲新世代の都市型コミューターEV「ホンダe」の一部情報を専用ホームページで先行公開。日本での正式発表は本年8月中を予定している

 新型EVのホンダeは、基本骨格に新開発のEVプラットフォームを採用し、電動モーターをリアアクスルにレイアウトして、後輪を駆動。コンパクトなハッチバックボディにフルデジタルワイドコクピットを内包した、都市型コミューターの提案形となる新世代の電気自動車だ。

▲高い機能性を親しみやすさで包み込んだエクステリアデザインを採用

 今回の先行公開では、内外装や機能装備の情報をメインに展開する。

▲新色のチャージイエローを含む多彩なボディカラーをラインアップ

 まず外装では、高い機能性を親しみやすさで包み込んだエクステリアデザイン、新色のチャージイエローを含む多彩なボディカラー、愛着のわく表情を演出する丸目のLEDヘッドライト、独創的なデザインで存在感を主張する17インチアルミホイールなどを紹介。また、ドアミラーに代わって良好な視界を映すサイドカメラミラー、高質感と使いやすさを両立した充電/給電ポートといった機能装備も披露した。

▲愛着のわく表情を演出する丸目のLEDヘッドライトを装備
▲独創的なデザインで存在感を主張する17インチアルミホイールを装着
▲先進のサイドカメラミラーシステムを設定。車内に配した2つの6インチスクリーンにライブ映像を映し出す
▲高質感と使いやすさを両立した充電/給電ポートはフロント部に設置

 次に内装については、各ディスプレイやメーターを一直線に配置したワイドビジョンインストルメントパネルやリビングにいるような心地よさを目指したインテリアデザインなどで構成。さらに、AIによる音声認識と情報提供を行う「Hondaパーソナルアシスタント」、スマートフォンで様々な操作が可能なコネクティビティといった先進機能を開示している。

▲12.3インチのデュアルタッチスクリーンを組み込んだワイドビジョンインストルメントパネルを採用
▲AIによる音声認識と情報提供を行う「Hondaパーソナルアシスタント」を設定。“OK,Honda”と呼びかけると反応する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る