• TOP
  • 「最新モデル試乗」トールワゴンの利便性とSUVのタフネスさ。プジョー・リフターが「使える」と考えるこれだけの理由

 ー 

「最新モデル試乗」トールワゴンの利便性とSUVのタフネスさ。プジョー・リフターが「使える」と考えるこれだけの理由

Writer:森口将之 Photo:小久保昭彦

プジョー・リフター・デビューエディション 価格:8SAT 336万円 試乗記

プジョー・リフター・デビューエディション リフターはマルチパーパス・トールワゴン シトロエン・ベルランゴのBROS車 カタログモデルは秋に発売予定 1.5リッターディーゼルターボ(130ps)搭載
プジョー・リフター・デビューエディション リフターはマルチパーパス・トールワゴン シトロエン・ベルランゴのBROS車 カタログモデルは秋に発売予定 1.5リッターディーゼルターボ(130ps)搭載

プジョーらしさを徹底追求。BROS車のベルランゴとは別モノ

 昨年年デビューしたプョー・リフターは、シトロエン・ベルランゴと基本コンポーネンツを共有するBROS車だ。そう聞くと細部を除き同じクルマと思うかもしれない。しかし実車を前にすると、予想以上の差別化が図られている配慮に驚く。なおリフターのライバルはルノー・カングーだ。
 表情をプジョーマスクに仕上げるために、エンジンフードまで変えている。サイドに回ると、前後のフェンダーアーチに樹脂製カバーが付き、厚みのあるプロテクションモールはそこから連続した専用造形になる。

 リフターの全高はベルランゴ比で50㎜も高い。スリーサイズは4405×1850×1890mm。トールワゴンとSUVのクロスオーバーというキャラクターだ。タイヤはマッド&スノーのSUV用を装着。悪路で真価を発揮するアドバンスドグリップコントロールを標準装備する(駆動方式はFF)。

 インテリアも独自の演出がなされている。運転席回りは上方配置のメーターと小径ステアリングという、プジョー流レイアウト。センターパネルはグリップコントロールのセレクターが配置され、後方にコンソールボックスを備える。

1.5リッターディーゼルは力強い! 快適性良好、オフロードも守備範囲

 後席は2対1分割式(ベルランゴは3分割式)。ワゴン作りが得意のプジョーらしく、使い勝手を重視している。助手席も折りたため、ラゲッジスペースは広い。大型ガラスルーフを標準装備し、その中央にはトレイにも使えるスケルトンのバーを配置。楽しいドライブを演出する工夫は万全である。

 パワーユニットはベルランゴと共通の1.5リッターディーゼルターボ。スペックはパワフルな130ps/300Nm。8速ATなので、回転をあまり上げなくても必要な加速が得られる。荷物をたくさん積んでのクルージングも楽々とこなすに違いない。

 高めの車高とSUV用タイヤは、ベルランゴよりもしっかりした乗り心地をもたらす。フランス車らしい快適な座り心地のシートのおかげで、疲れる気配すら感じない。
 操縦感覚は独特。大きな箱型ボディをクイックな小径ステアリングで操るからだ。最初はちょっぴり奇妙だったが、慣れてくるとゲームのような楽しさを感じた。ステアリング操作に応じてノーズが機敏に動くので、街中での取り回しは楽だ。反応に慣れれば山道でも高いアベレージスピードが保てる。

 オフロードは走らなかったが、アドバンスドグリップコントロールが高い走破性を実現していることは確実。これは同じシステムを搭載した3008で確認済みだ。リフターは、道を選ばないトールワゴンである。

プジョー独特の小径ステアリングが小気味いいドライビング感覚を演出 室内は豊富な小物収納スペースを設定 視界はワイド 8速ATのメイ
シートはファブリック仕様 ソフトな座り心地 快適性ハイレベル 後席は2対1分割 前席シートバックにテーブルを装備
最大容量2126リッター 助手席をたたむと最長2700mmの長尺物が積める
小物の出し入れに便利なガラスハッチ標準 便利なアイデア満載
ドア開口部は広くフロア高は低い 乗降性優秀 スライドドアは手動開閉式
パノラミックガラスルーフは圧倒的な開放感 中央にスケルトンのバーを装着
メーターはシンプルなアナログ形状 中央の液晶モニターに情報表示
路面に応じて設定を選ぶアドバンスドグリップコントロール標準
便利なバックカメラ標準 ナビ機能はop(24万2000円)
215/65R16マッド&スノータイヤ+アルミ装着 最低地上高180mm 足回りしなやか
1498cc直4DOHC16Vディーゼルターボ 130ps/3750rpm 300Nm/1750rpm 全域トルクフル 静粛性ハイレベル アイドリングストップ標準

プジョー・リフター・デビューエディション 主要諸元と主要装備

グレード=デビューエディション
価格=8SAT 336万円
全長×全幅×全高=4405×1850×1890mm
ホイールベース=2785mm
トレッド=フロント1545×リア1570mm
最低地上高=180mm
車重=1620kg
エンジン=1498cc直4DOHC16Vディーゼルターボ(軽油仕様)
最高出力=96_kW(130ps)/3750rpm
最大トルク=300_Nm(30.6kgm)/1750rpm
WLTCモード燃費=未公表(燃料タンク容量50リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ:フロント=ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=215/65R16+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=未公表
●主な燃費改善対策:未公表
●主要装備:アクティブセーフティブレーキ/ドライバーアテンションアラート/レーンキープアシスト/アクティブクルーズコントロール/ブラインドスポットモニター/トラフィックサインインフォメーション/6エアバッグ/クルーズコントロール/バックカメラ/前後&サイドソナー/タイヤ空気圧警告灯/LEDデイライト付きハロゲンヘッドランプ/インテリジェントハイビーム/前後フォグランプ/オートライト&雨滴感知式ワイパー/後席スライドドア/リアオープニングガラスハッチ/スーパーティンテッドガラス/ルーフレール/本革巻きステアリング/8インチタッチスクリーン/左右温度調節式オートAC/自動防眩式ルームミラー/リアシーリングボックス/マルチパノラミックルーフ/ファブリックシート/リア3席独立シート(フォールディング機能付き)/助手席可倒シート/スマートキー/6スピーカーオーディオ/16インチアルミ/マッド&スノータイヤ/アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)
●装着メーカーop:ナビゲーションシステム24万2000円/ETC2.0車載器4万4550円
●ボディカラー:メタリックコッパー(op6万500円)
※価格はすべて消費税込み」

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る