ー 

Jeepブランド初のプラグインハイブリッドモデル「レネゲード4xe」が今秋に日本で発売

Writer:大貫直次郎 

コンパクトSUVのジープ・レネゲードのプラグインHVモデル「4xe」が2020年秋より日本に導入されると発表。設定グレードはLimitedとTrailhawkの2タイプを予定

 FCAジャパンは8月7日、ジープの人気コンパクトSUVのレネゲードにブランド初のプラグインハイブリッドモデルとなる「レネゲード4xe(フォーバイイー)」を新設定し、今秋に日本で発売すると発表した。

▲ジープ・レネゲード4xe 本格オフローダーブランドの“Jeep”にふさわしい、高い走破性と優れた環境性能を高次元で両立した電動化時代の新世代ジープとして開発される。日本での発売は今秋を予定。各種装備の詳細や車両価格は販売開始発表時にアナウンスするという

 レネゲード4xeは、本格オフローダーブランドの“Jeep”にふさわしい、高い走破性と優れた環境性能を高次元で両立した電動化時代の新世代ジープとして開発される。
 肝心のパワーユニットは、1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンに電気モーター、駆動用の11.4kWリチウムイオンバッテリーで構成。トランスミッションには新開発の6速ATを組み合わせる。また、駆動機構には新設計の4×4システム「eAWD」を採用し、合わせてハイブリッド/エレクトリック/Eセーブという3種類の選択が可能な新ドライブモードを設定した。

▲パワーユニットは1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンと電気モーター、11.4kWhの容量を確保したリチウムイオンバッテリーで構成する

 充電に関しては、日本の規格に適合される予定。EVモードでは、最大でおよそ50kmをゼロエミッションで走行可能だ。また、アクセルペダルを離している惰性走行時に電気モーターが発電機として作動するeCoastingや回生ブレーキのeBrakingを組み込み、ドライブ中でも効果的にバッテリーを充電する。さらに、充電のタイマー予約機能も採用した。

▲充電に関しては日本の規格に適合される予定。EVモードでは最大でおよそ50kmをゼロエミッションで走行可能

 エクステリアについては、既存のレネゲードのデザインをベースに、“Jeep”バッジや“4xe”バッジ、サイドの車名バッジにブルーのアクセントを取り入れたことが特徴。内包するインテリアも既存のレネゲードの造形を基調に、最新のディスプレイやドライブモードスイッチなどの専用装備を組み込んだ。

▲ドライブモードとしてハイブリッド/エレクトリック/Eセーブの3種類が選択できる

 なお、日本導入モデルのグレード展開はLimited(リミテッド)とTrailhawk(トレイルホーク)の2タイプで構成すると予告している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年1月号

  • ・巻頭レポート 新型SUBARU・BRZ
  • ・スペシャルピックアップ/試乗レポート
  • ・特集 元気が出るクルマ選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る