• TOP
  • 「最新モデル試乗」周囲の視線を独り占め! 乗って納得、新型トヨタ・ハリアーが売れている理由

 ー 

「最新モデル試乗」周囲の視線を独り占め! 乗って納得、新型トヨタ・ハリアーが売れている理由

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

トヨタ・ハリアー 価格299~504万円 試乗記

トヨタ・ハリアー・ハイブリッドZレザーパッケージ(4WD) 価格:THS 504万円 ハリアーは2.5リッターハイブリッドと2リッターガソリンの2シリーズ それぞれS/G/Zの3グレードが設定されGとZはレザーパッケージが選べる プラットフォームはRAV4と共通のGAーK型
トヨタ・ハリアー・ハイブリッドZレザーパッケージ(4WD) 価格:THS 504万円 ハリアーは2.5リッターハイブリッドと2リッターガソリンの2シリーズ それぞれS/G/Zの3グレードが設定されGとZはレザーパッケージが選べる プラットフォームはRAV4と共通のGAーK型

まさに爆発的な人気! エモーショナルな造形が実に魅力的だ

 2020年6月17日に発売された新型4thハリアーが爆発的に売れている。6月末の時点で受注台数は約4万台(先行受注の約2万台を含む)。月販目標台数3100台の10倍以上を記録した。つまり、新型ハリアーは、多くのユーザーに「ほしい!」と思わせる魅力を備えたモデルである。

 人気の理由は、「クロスオーバーSUV」、「都会派」、「ちょっと背伸びすれば手が届く」、「高級だけど華美ではない」など、いまという時代を的確にとらえ、ユーザーの琴線に触れる絶妙な商品にまとめたからだろう。RAV4と基本コンポーネントを共用しながら、明確な「個性」と「味」を持たせたブランド力も大きい。

 実際の商品性はどうか。
 エクステリアは一見すると旧型のキープコンセプト。だが、よりエモーショナルな造形になった。精悍なフロントマスク、絞り込まれたクーペキャビン、張り出したホイールハウス、横一文字に光るテールランプなど、誰が見てもスタイリッシュと感じるに違いない。最近のトヨタ車の中で出色の出来栄えだ。ボディサイズは全長×全幅×全高4740×1855×1600mm。一部のタワーパーキングは利用できない1855mmの全幅など、実用上気になる部分もあるが、「デザインのために割り切った」と説明されると納得する。

ルーフラインはエレガントなクーペ形状 ぐっと張り出したホイールハウスがスポーティ感覚を高める ボディカラーは全7色 写真は新設定のプレシャスブラックパール(op5万5000円)  陰影の美しい変化を追求した4コート仕様

先進装備充実。走りはハイブリッドが似合う!

 ハリアーの室内は、高価な素材をふんだんに使っているわけではないが、各部の調和とセンスのいい加飾により質感が非常に高い。

 居住性について、チーフエンジニアは「デザイン優先なので、室内もラゲッジも狭くて構わない」と開発メンバーに号令をかけたそうだ。しかし、RAV4と比べると若干劣るものの、実用面で狭い印象はない。むしろ、「このデザインなのに広い!」と感じるレベルだ。

 先進装備も充実している。トヨタ車初採用の調光ガラス(障子越しのような光が差し込む)を用いた電動シェード付きパノラマルーフや、前後方録画機能付きデジタルインナーミラーなどが設定されている。

 パワートレーンはガソリンが2リッター直噴NA(171ps)+ダイレクトCVT、ハイブリッドは2.5リッター直噴NA+モーター(システム出力はFF218ps/4WD222ps)の2タイプで、どちらもFFと4WDがある。

 2リッターガソリンは十分以上のパフォーマンスの持ち主。ただ、ハリアーのキャラクターを考えると、ちょっと軽快で元気すぎる印象がある。実用域(2500~3500rpmくらい)でこもり音が発生するのが気になった。一方、ハイブリッドはモーターアシストの力強さと電動化ならではの滑らかさが魅力的。アクセルをベタ踏みしない限り自然なフィーリングをキープする。ハイブリッドのWLTCモード燃費はFFが22.3km/リッター、4WDは21.6km/リッター。ハリアーには、ハイブリッドが「似合う」と感じた。

4thモデルは海外でも販売するグローバルSUV 米国名は「ヴェンザ」 ヘッドライトはプロジェクター式LED オートレベリング機能付き

重厚で、しっとりと、自然に曲がるセッティング。クルマの一体感が安心につながる

 プラットフォームはGA-K。最新システムの電動EPSと、ショックアブソーバーを採用。独自の味わいにこだわって、各部のセッティングはハリアー専用だ。

 意のままの走りを誰でも気負いなく実感できる点は、RAV4と共通の美点。ただし乗り味は完全に異なる。ひと言でいえば「軽快でキビキビ、よく曲がる」RAV4に対し、ハリアーは「重厚でしっとりと、自然に曲がる」。まるでアイポイントが高いサルーンか、と思える走り味だ。

 ステアリング系はシャフトが太く、緻密なベアリングを使っているようなしっかり感とスムーズさが味わえる。タイヤの状況をリアルに伝えるインフォメーション、連続感があるコーナリング時の動きが、クルマとの一体感と安心感につながる。なかなか見事なドライブフィールの持ち主である。

 乗り心地はプレミアムクロスオーバーらしく優しい感触。タイヤはSグレードが17インチになるほかは、18インチか19インチが装着され、18インチは全般的にソフトフィール。19インチは路面によっては若干固さを感じるものの、SUVのレベルを超えたしっかり感が印象的。駆動方式による差も多少あり、FFは靴底が薄く感じるような軽快感、4WDは車重を活かしたしっとり感と穏やかさを感じた。

 ハリアーは、クロスオーバーSUVが乗用車のメインストリームになったいま、トヨタが提示する高級車の理想像。現在に蘇った「マークⅡ」といえるかもしれない。ユーザーが「いいね」と感じる要素を満載した点が売れている理由だ。スタイリッシュで洗練された先進モデルの代表である。

インテリアは「大らかなたくましさ」をテーマに造形 「馬の鞍」をイメージしたセンターコンソールはワイド形状 各部の作りは上質 Zは12.3インチセンターディスプレイ標準
レザーパッケージは前席電動調節機構付き本革シート標準 運転席自動ポジションメモリー付き 座り心地&サポート性とも高水準 乗り心地は快適 室内長1880mm
調光パノラマルーフ(op19万8000円)はガラスの透明度が調節できる
荷室スペースは大容量 ゴルバッグを楽に3個積める 後席は6対4分割
リアゲートはバンパー下に足をかざすと開閉するハンズフリー電動式
メーターは視認性に優れたオプティトロン式 中央に7インチ液晶装備 ヘッドアップディスプレイ標準
ハイブリッドは電気式無段変速(THS) マニュアルモード付き
バックモニター標準 写真のパノラミック仕様はop(6万500円)

トヨタ・ハリアー・ハイブリッドZレザーパッケージ 主要諸元と主要装備

グレード=Zハイブリッド・レザーパッケージ(4WD)
価格=THS 504万円
全長×全幅×全高=4740×1855×1660mm
ホイールベース=2690mm
トレッド=フロント1605×リア1625mm
最低地上高=190mm
車重=1750kg
エンジン=2487cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=131kW(178ps)/5700rpm
最大トルク=221Nm(22.5kgm)/3600~5200rpm
モーター最高出力=フロント:88kW(120ps)/リア:40kW(50ps)
モーター最大トルク=フロント:202Nm(20.6kgm)/リア:121Nm(12.3kgm)
WLTCモード燃費=21.6km/リッター(燃料タンク容量55リッター)
(市街地/郊外/高速道路=18.9/24.2/21.4km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:フロント=ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/55R19+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.7m
●主な燃費改善対策:筒内直接噴射/可変バルブタイミング/アイドリングストップ/電動パワーステアリング/ハイブリッド/充電制御/電気式無段変速機
●主要装備:トヨタセーフティセンス(プリクラッシュセーフティ+レーントレーシングアシスト+全車速追従レーダークルーズコントロール+アダプティブハイビーム+ロードサインアシスト)/インテリジェントクリアランスソナー/リアクロストラフィックオートブレーキ+リアブラインドスポットモニター/7エアバッグ/電子制御ブレーキ/プロジェクターLEDヘッドライト/前後方録画機能付きデジタルインナーミラー/フロントスーパーUVカット&IRカットガラス/吸音タイプ前後フェンダーライナー/本革シート/前席電動調節+ヒーター+ベンチレーション機能/運転席電動ランバーサポート/ステアリングヒーター付き本革巻きステアリング/電動チルト&テレスコピック機能/ドライブモードセレクト/オプティトロンメーター/カラーヘッドアップディスプレイ/イルミネーション付きスカッフプレート/イルミネーテッドエントリーシステム/左右独立温度調節式フルオートAC/ハンズフリーパワーバックドア/12.3インチSDナビゲーション+JBLプレミアムサウンドシステム
●装着メーカーop:調光パノラマルーフ19万8000円/パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付き)6万500円/おくだけ充電1万3200円
●ボディカラー:プレシャスブラックパール(op5万5000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万800円

225/55R19タイヤ+7J高輝度シルバー塗装アルミ装着 最小回転半径5.7m
2487cc直4DOHC16V(178ps/221Nm)+モーター(フロント120ps/202Nm/リア54ps/121Nm) システム出力222ps パワフル&静粛&スムーズを高次元融合 WLTCモード燃費:21.6km/リッター(4WD)
ハリアーG(FF) 価格:10CVT 341万円 ガソリン仕様は2リッター直4(171ps/207Nm)搭載

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年10月号

  • ・新車速報 新型SUBARUレヴォーグ
  • ・新車試速報 新型ホンダe
  • ・特集 最新コンパクト・クロスオーバーSUVの世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る