• TOP
  • 「注目モデル試乗」独特の深みが出てきたと評判。モデル末期のメルセデス・ベンツCクラス

 ー 

「注目モデル試乗」独特の深みが出てきたと評判。モデル末期のメルセデス・ベンツCクラス

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

メルセデス・ベンツC200ローレウスエディション 価格:9SATC 613万円 試乗記

メルセデス・ベンツCクラス・ローレウスエディション ローレウスエディションはAMGデザインパッケージや18インチアルミ標準の装備充実車 パワーユニットは48Vマイルドハイブリッド仕様1.5リッターターボ(184㎰)  駆動方式はFR 走りは滑らかな
メルセデス・ベンツCクラス・ローレウスエディション ローレウスエディションはAMGデザインパッケージや18インチアルミ標準の装備充実車 パワーユニットは48Vマイルドハイブリッド仕様1.5リッターターボ(184㎰)  駆動方式はFR 走りは滑らかな

現行Cクラスは今が乗り頃。ローレウスエディションは装備充実お買い得

 Cクラスの現行モデル(W205型)は2014年デビュー。日本では2018年秋に大規模な改良が実施された。モデルライフとしてはそろそろ終盤。次期W206型のウワサを頻繁に耳にするようになった。

 一般的には、モデル末期のクルマはお勧めしにくい。「新型を待て」というのが定番だ。しかしメルセデスの、とくにFR系シリーズ(C/E/Sクラス)は、経験上そうとも言い切れない。
 モデル末期になればなるほど、乗り味に独特の深みが出てくるからだ。Cクラスは、身近なモデルだけに乗る機会が多く、変化をいっそう強く感じる。

 パワートレーンは豊富。1.5リッター直4エンジンを積むC180から、4リッターV8ツインターボのAMG・C63まで、ディーゼルあり、マイルドハイブリッドあり、プラグインありと、ユーザーニーズに合わせた多彩なラインアップを用意する。
 販売主力モデルは、ベースモデル+αのポジショニングにあるC200。円熟味の恩恵が最も大きく、お買い得なグレードだ。
 現在のC200は、AMGデザインパッケージや18インチアルミが標準装備のローレウスエディションを販売。先日、先進安全機能をフル装備したレーダーセーフティパッケージが標準装備になった。

全長×全幅×全高4705×1810×1430mm ホイールベース2840mm 車重1580kg

C200はマイルドハイブリッド仕様。圧倒的な安定感に感動

 パワーユニットは、1.5リッターの直4ターボ(184ps/280Nm)にBSG(ベルトドリブンスタータージェネレーター:10ps/28Nm)を組み合わせたマイルドハイブリッド仕様。48Vの電装システムを装備し、モーターが効率的なエンジン活用を促す。いわば、最もシンプルなハイブリッドだ。
 それだけにシステム重量は軽く、重いバッテリーを積んだハイブリッドモデルとは異なり、乗り味への影響はない。WKTCモード燃費は12.9km/リッター。パワーは十分なレベル。スポーツサルーンとして刺激的か、と問われると戸惑うが、伸びのある加速フィールは心地いい。

 Cクラスに乗るたびに感心するポイントは、道路環境を選ばない安定感だ。雨の高速道路でも、晴れた日とそう変わらないしっかりとしたロードホールディングが実感できる。だから、いつでも安心して走れる。
 低速域と高速域の乗り心地も素晴らしい。日本で多用する50km/h前後は若干固いと感じるが、快適性は全般的にハイレベルにある。

 室内は、落ち着いたデザイン。4名がゆったりくつろげる広さがある。次期型はコクピットスタイルのデジタル化が進むだろう。独立したメータナセルを持つスポーティなインテリアが好きなユーザーは、現行W205型を勧めたい。完成度の高さは、折り紙付きである。

本革巻きスポーツステアリング標準 インパネ中央に10.25インチセンターディスプレイ装備 加飾パネルはブラックアッシュウッド 操縦フィールは軽快かつスムーズ
写真の本革シートはセットop(46万4000円) スポーツプラスパッケージはエアサス標準 乗り心地はしなやかで快適 室内スペースはクラス平均 各部の作りは上質
トランク容量435リッター 広く実用的 後席は分割可倒式 電動開閉リッドはop設定
カラフルな12.3インチフル液晶メーター 3種の表示モードを設定
9速ATのメインセレクターはコラム配置 パドルシフト標準
安全装備レーダーセーフティパッケージ標準 ACCは全車速対応型
マルチビームライト標準 LEDを個別制御し広い範囲を照射 夜間走行をサポート
フロント225/45R18/リア245/40R18前後異サイズタイヤ装着 アルミは5本ツインスポーク形状
1496cc直4DOHC16Vターボ(184ps/280Nm)+BSG(ベルトドリブンスタータージェネレーター)のマイルドハイブリッド仕様 WLTCモード燃費:12.9km/リッター 軽快なパワーフィール 静粛性は全域ハイレベル

メルセデス・ベンツC200ローレウスエディション 主要諸元と主要装備

グレード=C200ローレウスエディション
価格=9SATC 607万円
全長×全幅×全高=4705×1810×1430mm
ホイールベース=2840mm
トレッド=フロント1575×リア1550mm
車重=1580kg
エンジン=1496cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=135kW(184ps)/5800~6100rpm
最大トルク=280Nm(28.6kgm)/3000~4000rpm
モーター最高出力=8kW(10ps)
モーター最大トルク=38Nm(3.9kgm)
WLTCモード燃費=12.9_km/リッター(燃料タンク容量66リッター)
(市街地/郊外/高速道路=9.5/13.3/14.9km/リッター)
サスペンション=フロント:4リンク/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤサイズ=フロント:225/45R18/リア:245/40R18+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=5名
最小回転半径=5.2m
●主な燃費改善対策=ハイブリッド/アイドリングストップ/電動パワーステアリング/可変バルブタイミング/筒内直接噴射
●主要装備=レーダーセーフティパッケージ(アクティブディスタンスアシスト+自動再発進機能付きディストロニック+アクティブステアリングアシスト+アクティブレーンチェンジアシスト+アクティブエマージェンシーストップアシスト+アクティブブラインドスポットアシスト+PRE–SAFEほか)/アダプティブブレーキ/クロスウインドアシスト/クラッシュセンサー連動機能/マルチビームLEDヘッドライト/デイタイムランニングライト/パークトロニック/プライバシーガラス/スポーツサスペンション/AMGスタイリングパッケージ/フロントドリルドブレーキディスク/ブラックアッシュウッドインテリアトリム/18インチAMGツインスポークアルミ/マルチファンクションスポーツステアリング/アルミニウムボンネット/パドルシフト/電動チルト&テレスコピック機構/レザーツインシート/分割可倒式リアシート/ダイレクトセレクト/キーレスゴー/レインセンサー/オートライト/クライメートコントロール/前席メモリー付きパワーシート/イージーエントリー/10.25インチワイドディスプレイCOMANDシステム/アドバンスドサウンドシステム/アンビエントライト(64色)/メルセデスmeコネクト/ワイヤレスチャージング
●装着メーカーop=スポーツプラスパッケージ(レザーARTICOスポーツシート+ステンレスアクセル&ブレーキペダル+エアボディコントロールサスペンション/ヘッドアップディスプレイ+フットトランクオープナー+自動開閉トランクリッド)33万9000円/レザーエクスクルーシブパッケージ(本革シート+エアバランスパッケージ+ブルメスターサラウンドサウンドシステム+360度カメラシステム+前席シートベンチレーター)46万4000円
●ボディカラー=ブリリアントブルーメタリック(op9万6000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は2万750円
撮影協力●マースガーデンウッド御殿場

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報