• TOP
  • 「注目モデル試乗」世界中のメーカーがお手本にする定番スポーツセダン、BMW3シリーズはなにが優れているのか?

 ー 

「注目モデル試乗」世界中のメーカーがお手本にする定番スポーツセダン、BMW3シリーズはなにが優れているのか?

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

BMW330i・Mスポーツ 価格:8SAT 647万円 試乗記

BMW330i・Mスポーツ Mエアロパッケージ/スポーツブレーキ/18インチアルミを装備したスポーティグレード 写真はファストトラックパッケージ(19インチアルミ/スポーツデフ/アクティブMサス:28万9000円)装着車
BMW330i・Mスポーツ Mエアロパッケージ/スポーツブレーキ/18インチアルミを装備したスポーティグレード 写真はファストトラックパッケージ(19インチアルミ/スポーツデフ/アクティブMサス:28万9000円)装着車

3シリーズは世界のお手本。現行7thモデルはカッコいい!

 3シリーズはBMWの屋台骨を支える定番スポーツセダンである。適度なスポーツ性は世界中のメーカーのお手本。長い年月をかけて培ってきた高い実力が人気を支えている。

 G20型と呼ばれる現行7thモデルは2018年にデビュー。日本では翌19年から販売がスタートした。当初は限られたエンジンラインアップだったが、現在は5種類のパワートレーンが用意されている。主力は2種のチューンの2リッター直4ターボ(184ps/258ps)と、2リッター直4ディーゼルターボ(190ps)。高性能バージョンとして3リッターの直 6ターボ(387ps)と2リッターガソリンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド仕様を用意する。トランスミッションは全車 8速AT。駆動方式はFRを基本に、ディーゼルと直6は4WDを組み合わせる。

 現行モデルはボディサイズがぐんと大きくなった。全長×全幅×全高は4715×1825×1430mm。旧型(同4645×1800×1430mm)比で全長は70mm長く、幅は25mm広い。ホイールベースは40mm延長され2850mmになった。
 新型のスタイリングは上級感が増し、スタイリッシュ。取り回しにやや気を使うが、カッコよく映るのは確かだ。

全長×全幅×全高4715×1825×1430mm ホイールベース2850mm 車重1630kg

完成度の高いエンジンとハンドリング。 まさにスポーツセダン!

 試乗車は3340i・Mスポーツ。最大トルク400Nmを誇る 2リッター直4ガソリンターボを搭載。Mエアロパッケージを標準装備した、見るからに「走りそう」なスポーツセダンだ。

 いささか太すぎるMスポーツ専用のステアリングホイールを握ってスタート。BMWといえばストレート6のイメージが強いが、4気筒の完成度は高い。アクセルを踏み込む右足の動きに正確な反応を見せ、キレイに高回転域まで吹き上がる。パワーも十分に感じられ、サウンドや回転フィールはもはや直4とは思えない。8速ATとの相性も素晴らしい。

 やや固められた足回りは、絶品といえるほどの出来映え。低速域では多少ごつごつとした印象を感じるものの、速度が上昇するにつれ滑らかさがはっきりと増していく。路面の凸凹や継ぎ目をよく吸収し、高速域では心地のいいフラットライドが味わえる。
 3シリーズで特筆すべきは、素直なハンドリングだろう。狙いどおりに正確、かつリズミカルにクルマを操縦している感覚が味わえる。それが心地のいいスポーツドライビングにつながる。圧倒的に高いボディ剛性が、ハンドリングに大きなプラスをもたらしている。

 3シリーズは、ドライバーを魅了するパフォーマンスと、コントローラブルな操縦性の持ち主。世界のスポーツセダンの代表といっていい。

インパネは最新BMW共通イメージ 12.3インチフル液晶メーターと10.25インチセンターディスプレイの組み合わせ 本革スポーツステアリングのグリップ部は極太 作りは上質
Mスポーツは前席電動調節式スポーツシート標準 写真の本革仕様はセットop(20万5000円) 室内スペースは前後とも余裕たっぷり 低速時の乗り心地はやや固い
トランク容量は480リッターと余裕がある トランクスルー機構付き 電動リッドはop
液晶メーターはセンターディスプレイと連携して各種情報を表示 回転計はやや見にくい印象
ミッションは8速AT パドルシフト標準 エンジン始動ボタンはシフト横に配置
ACCは全車速対応型 高速道路の限定した条件でハンズフリーができるタイプ
ヘッドライトはフルLED 写真は最長500m先を照らすレーザー仕様
写真の19インチタイヤ+ダブルスポークアルミはop タイヤはランフラットタイプ
1998cc直4DOHC16Vターボ 258ps/5000rpm 400Nm/1550~4400rpm パワー十分 吹き上がり良好 同型エンジンの320i比74ps/100Nmパワフル WLTCモード燃費:13.2km/リッター

BMW330i・Mスポーツ 主要諸元と主要装備

グレード=330i・Mスポーツ
価格=8SAT 647万円
全長×全幅×全高=4715×1825×1430mm
ホイールベース=2850mm
トレッド=フロント1585×リア1570mm
車重=1630kg
エンジン=1998cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=190kW(258ps)/5000rpm
最大トルク=400Nm(40.8kgm)/1550~4400rpm
WLTCモード燃費=13.2km/リッター(燃料タンク容量59リッター)
(市街地/郊外/高速道路=9.4/13.7/15.5km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:5リンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ=フロント:225/45R18/リア:255/40R18+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=5名
最小回転半径=5.3m
●主な燃費改善対策:無段階可変バルブリフト(バルブトロニック)/筒内直接噴射/吸排気無段階可変バルブタイミング(ダブルVANOS)/充電制御/アイドリングストップ/電動パワーステアリング
●主要装備:ドライビングアシスト・プロフェッショナル(アクティブクルーズコントロール+ステアリング&レーンコントロールアシスト+車線逸脱警告+レーンチェンジウォーニング+アクティブサイドコリジョンプロテクション+前車接近警告+衝突回避・被害軽減ブレーキ+クロストラフィックウォーニングほか)/BMWコネクテッドドライブ・プロフェッショナル/アダプティブLEDヘッドライト/LEDフォグランプ/パークディスタンスコントロール/リバースアシスト/ランフラットタイヤ/Mスポーツサスペンション/Mスポーツブレーキ/ドライブパフォーマンスコントロール/バリアブルスポーツステアリング/Mエアロダイナミクスパッケージ/コンフォートアクセス/ヒーター付きウォッシャーノズル/BMWライブコクピット(12.3インチメーターパネル+10.25インチワイドコントロールディスプレイ+HDDナビゲーション)/マルチファンクションMレザーステアリング/パーキングベンチレーション/3ゾーンオートAC/スポーツシート/前席電動調節機構/スルーローディングシステム/アンビエントライト/スピーチコントロール(音声入力システム)/ワイヤレスチャージング/10スピーカーシステム
●装着メーカーop:イノベーションパッケージ(BMWレーザーライト+ヘッドアップディスプレイ+ジェスチャーコントロール)22万8000円/ハイラインパッケージ(ヴァーネスカレザーシート+電動ランバーサポート+ファインウッドトリム)20万5000円/コンフォートパッケージ(電動トランクリッド+ストレージパッケージ+パーキングアシストプラス)12万8000円/ファストトラックパッケージ(19インチMスポークアルミ+Mスポーツデファレンシャル+アダプティブMサスペンション)28万9000円
●ボディカラー:ポルティマオブルー(op9万2000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万9354円
撮影協力●マースガーデンウッド御殿場

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る