• TOP
  • 映画007『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開を記念した「Q by Aston Martin」製作のヴァンテージとDBSスーパーレッジェーラの007スペシャルモデルが登場

 ー 

映画007『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開を記念した「Q by Aston Martin」製作のヴァンテージとDBSスーパーレッジェーラの007スペシャルモデルが登場

Writer:大貫直次郎 

『007』のMI6秘密兵器開発担当「Q」ではなく、アストンマーティンのパーソナライゼーション・サービス部門「Q」が手がけた、「ヴァンテージ007エディション」と「DBSスーパーレッジェーラ007エディション」が市場デビュー

 英国アストンマーティンは8月17日(現地時間)、パーソナライゼーション・サービス部門の「Q by Aston Martin」が製作した「ヴァンテージ(Vantage)007エディション」と「DBSスーパーレッジェーラ(DBS Superleggera)007エディション」を発表し、同日に発売した。車両価格および生産台数は、ヴァンテージ007エディションが16万1000ポンド(約2220万円)~で限定100台(MTとATの選択可)、DBSスーパーレッジェーラ007エディションが27万9025ポンド(約3875万円)~で限定25台に設定。ユーザーへの納車は2021年第1四半期以降を予定する。

▲アストンマーティン・ヴァンテージ(Vantage)007エディション 車両価格は16万1000ポンド(約2220万円)~。販売台数は限定100台(MTとATの選択可)

 今回の2モデルの限定車は、映画007シリーズの第25弾となる『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開(2020年11月)を記念し、アストンマーティンのパーソナライゼーション・サービス部門「Q by Aston Martin」が映画からインスピレーションを受けて製作したスペシャルモデルである。企画に当たっては、メトロ・ゴールドウィン・メイヤースタジオで映画007シリーズを制作するイーオン・プロダクションズとのコラボレーションを実施した。

▲ヴァンテージ007エディションは1987年公開の『リビング・デイライツ』でデビューし、また『ノー・タイム・トゥ・ダイ』にも登場するアストンマーティンV8にヒントを得て製作された
▲ボディカラーは専用のカンバーランド・グレー。『リビング・デイライツ』のV8に装着していた雪上走行用のスキー・アウトリガーをオマージュした限定版スキー/スキー・ラックのセットも注文可能

 まずヴァンテージ007エディションは、1987年公開の『リビング・デイライツ』でデビューし、また『ノー・タイム・トゥ・ダイ』にも登場するアストンマーティンV8にヒントを得て開発される。ベース車は4リットルV8ツインターボエンジンを搭載する現行のヴァンテージ・クーペで、ここにアストンマーティンV8の特徴であるクロームベゼル付きの専用メッシュグリルや、映画に登場するV8のロケット噴射のハザードストライプを模したイエローの破線ディフューザーなどを特別装備する。また、『リビング・デイライツ』のV8に装着していた雪上走行用のスキー・アウトリガーをオマージュした限定版スキー/スキー・ラックのセットも設定。ボディカラーは専用のカンバーランド・グレーで彩った。

▲アストンマーティンV8の特徴であるクロームベゼル付きの専用メッシュグリルや、映画に登場するV8のロケット噴射のハザードストライプを模したイエローの破線ディフューザーなどを特別装備
▲インテリアはオブシディアン・ブラック・レザーとダーク・クローム仕様でスポーティに仕立てる
▲シート表皮には映画に登場したV8を想起させる伝統的な縦方向のステッチパターンを施す
▲センターコンソールには映画のボンドカーに組み込まれていた様々な武器やデバイスを操作するスイッチを模してレーザー刻印したガジェットプレートを装備

 内包するインテリアは、オブシディアン・ブラック・レザーとダーク・クローム仕様でスポーティに仕立てる。また、センターコンソールには“007”のロゴを配し、合わせて映画のボンドカーに組み込まれていた様々な武器やデバイスを操作するスイッチを模してレーザー刻印したガジェットプレートを装備。さらに、サンバイザーにはラジオ局の周波数である“96.60(FM)”(ロシアの警察無線の周波数で、『リビング・デイライツ』の劇中ではボンドが脱出するためにこの周波数を利用した)の刺繍を、シフトレバーにはミサイル誘導システムを暗示する十字線を配する。一方、シート表皮には映画に登場したV8を想起させる伝統的な縦方向のステッチパターンを施し、合わせてカーボンファイバー製のシートバックは『リビング・デイライツ』でのボンドの追跡シーンで印象的な役割を果たしたチェロの“fホール”をモチーフにアレンジした。

▲アストンマーティン・DBSスーパーレッジェーラ007エディション 車両価格は27万9025ポンド(約3875万円)~。販売台数は限定25台に設定

 次にDBSスーパーレッジェーラ007エディションは、5.2リットルV12ツインターボエンジンを搭載する通常モデルのDBSスーパーレッジェーラをベースに、最新作の『ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場する仕様をしっかりと再現したことが特徴である。ボディカラーには特別設定色のセラミック・グレイを採用。そこにブラックのカーボンファイバーで仕立てたルーフやミラーカバー、スプリッター、ディフューザー、リアのエアロブレードⅡを組み込む。また、足もとにはダイヤモンド旋削加工によるグロスブラック仕上げの21インチY字スポークホイールを装着。さらに、フェンダー部にはブラッククローム仕上げの007エンブレムを、リアスポイラーブレードにはステンレススチールシルバーの007フォイル(箔押し)を装備した。

▲最新作の『ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場する仕様をしっかりと再現。ボディカラーには特別設定色のセラミック・グレイを採用する
▲リアスポイラーブレードにはステンレススチールシルバーの007フォイル(箔押し)を装備
▲ダイヤモンド旋削加工によるグロスブラック仕上げの21インチY字スポークホイールを装着

 インテリアについては暗色系のカラーリングでシックにアレンジしたうえで、豪華なレザーを張ったシートなどには輪郭を際立たせるレッドのステッチを配備。また、ドアトリムやアームレスト、リアのサブウーファーカバーには“007”ロゴを貼付する。さらに、ドアシルプレートには25台限定のDBSスーパーレッジェーラ007エディションであることを示す刻印を施した。

▲ドアトリムやアームレスト、リアのサブウーファーカバーには“007”ロゴを貼付する
▲豪華なレザーを張ったシートなどには輪郭を際立たせるレッドのステッチを配した

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報