ー 

マセラティの高性能バージョン「トロフェオ」をギブリとクワトロポルテに拡大展開

Writer:大貫直次郎 

マセラティがフェラーリ製3.8L・V8ツインターボエンジンを搭載するハイパーフォマンスグレードの「トロフェオ」を、従来の「レヴァンテ」に加えて「ギブリ」と「クアトロポルテ」に新設定

 伊マセラティは8月10日(現地時間)、高性能グレードの「トロフェオ(Trofeo)」を、従来の「レヴァンテ」に加えて「ギブリ」と「クアトロポルテ」にも新たに設定してオンライン発表した。なお、ギブリがV8エンジンを搭載するのは初。クアトロポルテではGTSが530ps/710Nmを発生する3.8L・V8ツインターボエンジンを採用している。

▲マセラティが高性能グレードの「トロフェオ(Trofeo)」を、従来のレヴァンテ(写真・中央)に加えてギブリ(同・右)とクアトロポルテ(同・左)に新設定。ローンチ・エディションとしてイタリア国旗のトリコローレを模した3モデルのボディカラーを採用する

 ギブリ/クアトロポルテ「トロフェオ」に搭載するパワーユニットは、マセラティ専用に伊マラネロのフェラーリ工場で製造した3799cc・V型8気筒DOHC直噴ツインターボエンジンで、最高出力は580ps/6750rpm、最大トルクは730Nm/2250~5250rpmを発生。トランスミッションには専用セッティングのZF製電子制御8速ATを組み合わせ、駆動システムはギブリが後輪機械式リミテッドスリップ・セルフロッキング・デフ付き後輪駆動、クアトロポルテがセルフロッキング・デフ付き後輪駆動で構成する。また、2モデルともに特別なセットアップを施した統合車両制御(IVC)システムを搭載し、ドライビングダイナミクスを強化。さらに、ローンチ・コントロール機能も組み込む。0→100km/h加速はギブリが4.3秒、クアトロポルテが4.5秒、最高速度は2モデルともに326km/hの俊足ぶりを発揮。また、WLTCサイクルによる燃費消費率はギブリが12.3~12.6リットル/100km、クアトロポルテが12.2~12.5リットル/100kmという優秀な数値を達成した。

▲ギブリ/クアトロポルテ「トロフェオ」に搭載するパワーユニットは、フェラーリ工場で製造した3799cc・V型8気筒DOHC直噴ツインターボエンジンで、最高出力は580ps/6750rpm、最大トルクは730Nm/2250~5250rpmを発生する

 マセラティのチェントロ・スティーレ(デザインセンター)が手がけたエクステリアは、ハイパフォーマンスモデルであることを誇示する意匠を随所に採用したことが特徴だ。フロント部はブラックピアノ仕上げデュアルバーのグリルやカーボンファイバー仕上げのエアダクトトリムなどを組み込んで精悍なマスクを演出。また、ギブリには冷却性を高める2つのエアダクトを備えたエンジンフードをセットする。サイドビューはエアベントフレームとCピラーのサエッタ・ロゴにレッドのアクセントを施したことがトピック。リアセクションは3200GTやアルフィエーリのコンセプトカーにインスパイアされたブーメラン形状のライトおよびカーボンファイバー仕上げのエクストラクターなどを配して、印象的な後ろ姿を創出した。また、足もとには存在感をより引き立てる21インチのオリオーネホイールを装着する。ボディサイズは、ギブリ・トロフェオが全長4971×全幅1945×全高1461mm/ホイールベース2998mm、クアトロポルテ・トロフェオが全長5262×全幅1948×全高1481mm/ホイールベース3171mmに設定した。

▲マセラティ・ギブリ・トロフェオ 全長4971×全幅1945×全高1461mm ホイールベース2998mm 車重1969kg フロント部にはブラックピアノ仕上げデュアルバーのグリルやカーボンファイバー仕上げのエアダクトトリムを装備
▲リアセクションには3200GTやアルフィエーリのコンセプトカーにインスパイアされたブーメラン形状のライトを組み込む
▲ギブリには冷却性を高める2つのエアダクトを備えたエンジンフードを採用した
▲イグニッションをオンにすると専用のインターフェースが表示される新しいオンボードパネルを装備する

 インテリアに関しては、イグニッションをオンにすると専用のインターフェースが表示される新しいオンボードパネルを採用したほか、シートのヘッドレストに“Trofeo”のステッチを刺繍。また、内装材には最高級レザーであるフルグレインのピエノ・フィオーレ・ナチュラルレザーを導入した。

▲マセラティ・クアトロポルテ・トロフェオ 全長5262×全幅1948×全高1481mm ホイールベース3171mm 車重2000kg つや消しクロームと光沢のあるレッドのトリムを付加してアグレッシブさとエレガントさを強調
▲カーボンファイバー仕上げのリアエクストラクターなどを装備してアグレッシブな後ろ姿を演出した
▲エアベントフレームにレッドのアクセントを施す
▲内装材には最高級レザーであるフルグレインのピエノ・フィオーレ・ナチュラルレザーを採用

 機能装備では、新世代マルチメディアシステムのMIA(マセラティ インテリジェント アシスタント)に解像度を高めた10.1インチマルチメディアスクリーンを装備。また、ADAS(先進運転支援システム)も進化し、アクティブ・ドライビング・アシストなどの新機能を追加した。

▲マセラティ・レヴァンテ・トロフェオ 全長5003×全幅1968×全高1679mm ホイールベース3004mm 車重2170kg 専用セッティングの3799cc・V型8気筒DOHC直噴ツインターボエンジンは最高出力590ps/6250rpm、最大トルク730Nm/2500~5000rpmを発生。駆動システムは後輪LSD付きQ4インテリジェントAWDで構成する

 なお、拡大展開されたトロフィオのローンチ・エディションとして、クアトロポルテにはグリーン、レヴァンテにはホワイト、ギブリにはレッドのボディカラーを設定し、イタリア国旗のトリコローレによってマセラティのメイド・イン・イタリアのアイデンティティを改めて強調。また、それぞれにつや消しクロームと光沢のあるレッドのトリムを採用してアグレッシブさとエレガントさを付加する。日本への導入時期は、現時点で未定だ。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る