• TOP
  • 「注目モデル試乗」走りのスカイライン復活。圧巻の405ps。400Rの刺激世界

 ー 

「注目モデル試乗」走りのスカイライン復活。圧巻の405ps。400Rの刺激世界

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

日産スカイライン400R 価格:7SAT 562万5400円 試乗記

日産スカイライン400R スカイライン史上最強スペックの3リッターV6ツインターボ(405ps)搭載 パワーウェイトレシオは4.35kg/ps パフォーマンスはメルセデスAMG・C43・4マチックやBMW・M340i・xドライブに迫る 生粋のFRファイター 足回りはフロントがダブルウィッシュボーン/リアはマルチリンクの4輪独立
日産スカイライン400R スカイライン史上最強スペックの3リッターV6ツインターボ(405ps)搭載 パワーウェイトレシオは4.35kg/ps パフォーマンスはメルセデスAMG・C43・4マチックやBMW・M340i・xドライブに迫る 生粋のFRファイター 足回りはフロントがダブルウィッシュボーン/リアはマルチリンクの4輪独立

ハイブリッドとツインターボを設定。ハイブリッドは話題のプロパイロット2.0搭載

 スカイラインは、かつて一世を風靡した日本のスポーツセダンの代表。魅力はすでにエクステリアに現れている。FRらしさを強調する肉感的なフォルムと、最新日産車共通のVモーショングリルが与えられ、リアビューは伝統の丸形4灯ランプがLED技術によって復活した。ボディサイズは全長×全幅×全高4810×1820×1440mm。スタイリングは引き締まった印象が強い。

 最新モデルは、パフォーマンスにも磨きが掛かった。ラインアップはハイブリッドと3リッターV6ツインターボの2シリーズ。日産独創のインテリジェントデュアルクラッチコンロールを組み合わせたハイブリッドシステムは、3リッターV6エンジン(306ps)と高性能モーター(68ps)によって強力かつスムーズな加速を見せる。EV走行領域が拡大された効果で、市街地から高速道路まで広範囲の走行パターンにおいて燃費の改善に成功した。JC08モード燃費は14.4km/リッター。4WDの新設定も、寒冷地や降雪地のユーザーには朗報だろう。ハイブリッドは、高速道路における同一車線でのハンズオフ機能を実現したプロパイロット2.0を標準装備する。

 3リッターV6ツインターボにも注目したい。北米仕様に先行搭載されていたユニットで、「US10ベストエンジン」賞を2017年と2018年の2年連続で受賞。エンジンチューンは標準(304ps/400Nm)とハイパワー(405ps/475Nm)の2種。注目は、ハイパワーユニットを積むスカイライン史上最強の400Rグレードだ。

全長×全幅×全高4810×1820×1440mm ホイールベース2850mm 車重1760kg

400Rの加速は強力かつ官能的。フットワークも優秀

 400Rの走りは刺激的。ワインディングロードを走ると、やはりマルチシリンダーエンジン+ターボならではのパフォーマンスに心が躍る。アクセルペダルを軽く踏み込むだけで期待以上の力がもりもりと沸き上がり、右足の微妙なコントロールにもエンジンは常に忠実な反応をみせる。その感覚はドライバーを心地よく刺激する。そしていざアクセルを強く踏み込めばエンジンがたちまち鋭く反応。まるで大排気量自然吸気エンジンのような強烈な加速をみせる。胸のすく加速フィールは、何とも官能的である。

 フットワークも優秀。ドライコンディションであればハイパワーを無理なく路面に伝え、自然なハンドリングが楽しめる。メーカーがダイレクトアダプティブステアリングと呼ぶバイワイヤ式のステアリング機構は、デビュー当初の違和感が消え、自然な操作フィールになった。

 400Rはスカイラインの中でも別格。世界有数のパフォーマンスを誇るスポーツセダンだ。長い伝統を誇るスカイラインらしさが凝縮している。

400Rは各部のレッドステッチとアルミ調インテリア加飾がスポーティな印象 バイワイヤー方式のダイレクトアクティブステアリングはリニアなハンドリングが魅力
サポート性を高めた本革スポーツシート標準 前席は電動調節仕様 乗り心地はしなやか 室内空間は前後席とも余裕たっぷり 室内長2000mm 各部の作りは上質
トランクは510リッターの大容量 9インチのゴルフバッグが4個積める トランクスルー機構付き
メーターは視認性に優れたデザイン レッドゾーンは7000rpm以上 速度計は180km/hスケール
トランスミッションはシンクロレブコントロール付き7速AT 滑らかかつシャープな変速フィール
ACC標準装備 パドルシフトは操作性に優れた大型形状
ヘッドライトはアダプティブAFS付きLED ウインカーはバンパー配置
245/40RF19ランフラットタイヤ+8.5Jアルミ装着 ダンパーは電子制御仕様
2997cc・V6DOHC24Vツインターボ 405ps/6400rpm 475Nm/1600~5200rpm 標準車比101ps/75Nmパワフル 全域パワフル&スムーズ 高回転域まで強力なパワーが持続サウンドも刺激的な快音を奏でる WLTCモード燃費:10.0km/リッター

日産スカイライン400R 主要諸元と主要装備

グレード=400R
価格=7SAT 562万5400円
全長×全幅×全高=4810×1820×1440mm
ホイールベース=2850mm
トレッド=フロント1530×リア1560mm
車重=1760kg
エンジン=2997cc・V6DOHC24Vツインターボ(プレミアム仕様)
最高出力=298kW(405ps)/6400rpm
最大トルク=475Nm(48.4kgm)/1600~5200rpm
WLTCモード燃費=10.0_km/リッター(燃料タンク容量80リッター)
(市街地/郊外/高速道路=6.5/10.6/12.5km/リッター)
サスペンション=フロント:ダブルウィッシュボーン/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ=245/40RF19
駆動方式=FR
乗車定員=5名
最小回転半径=5.6m
●主な燃費改善対策:筒内直接燃料噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/充電制御
●主要装備:インテリジェントエマージェンシーブレーキ/踏み間違い衝突防止アシスト/ドライブモードセレクター/インテリジェントダイナミックサスペンション(電子制御ダンパー)/ダイレクトアダプティブステアリング/4輪アルミレッドキャリパー対向ピストンブレーキ/水冷式インタークーラー/ターボ回転センサー/電動VTCシステム/ミラーボアコーティングシリンダーブロック/ガンメタ塗装19インチアルミ+ランフラットタイヤ/ATシンクロレブコントロール/LEDヘッドライト/ハイビームアシスト+アクティブAFS/インテリジェントアラウンドビューモニター/パドルシフト/本革巻きステアリング&シフトノブ/インテリジェントクルーズコントロール/インテリジェントペダル(車間距離維持支援システム)/本革スポーツシート/前席電動調節機構/パーソナルドライビングポジションメモリーシステム/後席可倒システム/インテリジェントエアコン/日産コネクトナビゲーションシステム(8インチ&7インチツインモニター)/本アルミフィニッシャ―/前後スポーツバンパー
●装着メーカーop:BOSEパフォーマンスサウンドシステム+アンビエントライトシステム22万3300円/電動ガラスサンルーフ12万1000円
●ボディカラー:ブリリアントホワイトパール(op4万4000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万1160円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報