ー 

三菱eKクロス/eKワゴンが安全性をより高めるマイナーチェンジを実施

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車の軽ハイトワゴンのeKクロス/eKワゴンが一部改良を敢行。先進安全装備を拡充させて車両性能が進化

 三菱自動車は8月20日、eKクロス/eKワゴンの一部改良を実施して発売した。

▲三菱eKクロス・T(2WD) 価格:CVT168万8500円 全長3395×全幅1475×全高1640mm ホイールベース2495mm 車重870kg 乗車定員4名

車種展開は以下の通り。
■eKクロス
M:2WD146万3000円/4WD159万5000円
G:2WD160万6000円/4WD173万8000円
T:2WD168万8500円/4WD182万500円
■eKワゴン
M:2WD132万5500円/4WD145万7500円
G:2WD140万8000円/4WD154万円

▲三菱eKワゴン・G(2WD) 価格:CVT140万8000円 全長3395×全幅1475×全高1640mm ホイールベース2495mm 車重840kg 乗車定員4名

 今回の仕様変更は、先進安全装備のさらなる充実化を図ったことが特徴だ。まずアクティブセーフティでは、予防安全技術の「e-Assist」に4つの機能、具体的には標識検知機能[TSR](前方の車両進入禁止標識、最高速度標識、一時停止標識の3つの標識を検知)、前方衝突予測警報[PFCW]、先行車発進通知[LCDN]、ふらつき警報[DAA]を追加設定。また、ミリ波レーダーを新規に組み込んで衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]の夜間の検知性能を向上させる。一方、パッシブセーフティの面では、SRSニーエアバッグとリアシートベルトのプリテンショナー機構および非着用ウォーニング着座センサーをeKクロスに標準、eKワゴンにオプションで設定し、安全性をより引き上げた。

▲予防安全技術の「e-Assist」に、自車からは見えない車両の急減速を検知する前方衝突予測警報[PFCW]を追加した
▲eKクロスにはSRSニーエアバッグとリアシートベルトのプリテンショナー機構および非着用ウォーニング着座センサーを標準で装備する

 前述のミリ波レーダーの追加により、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」の機能を向上させたことも訴求点だ。スムーズな追越しをアシストする追越し時の加速機能の追加や、ワイパー作動時の機能向上などを実施する。また、eKクロスにはヒルディセントコントロール[HDC]を新たに採用。さらに、ヘッドライトのスイッチからOFFポジションを廃止してヘッドライトのつけ忘れを防止し、合わせてセンターパネル部に充電用USBポートを全車に新設定して利便性を向上させた。

▲ミリ波レーダーの追加により、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」の機能を向上させる
▲ヘッドライトのスイッチからOFFポジションを廃止してヘッドライトのつけ忘れを防止し、合わせてセンターパネル部に充電用USBポートを新設定して利便性を向上させた

 ボディカラーについては、eKクロスにサファイアブルーメタリックとサファイアブルーメタリック/スターリングシルバーメタリックを新たに設定し、モノトーン6種類、ツートーン5種類のラインアップとしている。

▲eKクロスのボディカラーにはサファイアブルーメタリック/スターリングシルバーメタリックのツートーンを新たに設定した

 パワートレインは基本的に従来と共通で、eKワゴンにBR06型659cc直列3気筒DOHCエンジン(52ps/6.1kg・m)、eKクロスのM/GグレードにBR06型659cc直列3気筒DOHCエンジン(52ps/6.1kg・m)+SM21型モーター(2.0kW/40Nm)+リチウムイオン電池、eKクロスのTグレードにBR06型659cc直列3気筒DOHCインタークーラーターボエンジン(64ps/10.2kg・m)+SM21型モーター(2.0kW/40Nm)+リチウムイオン電池を搭載。トランスミッションは全車ともにCVTを組み合わせている。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報