ー 

レクサスCTがマイナーチェンジ。安全装備の拡充や新ボディカラーの設定を実施

Writer:大貫直次郎 

レクサスのプレミアムコンパクトカー「CT」が一部改良を敢行。パーキングサポートブレーキの標準装備化や新ボディカラーの設定で商品力をアップ

 トヨタ自動車が展開する高級車ブランドのレクサスは8月20日、プレミアムコンパクトカー「CT」の一部改良を行い、同日より発売した。
車種展開は以下の通り。
CT200h:386万9000万円
CT200h“version C”:409万3000円
CT200h“F SPORT”:451万円
CT200h“version L”:488万1000円

▲レクサスCT200h“version L” 価格:488万1000円 全長4355×全幅1765×全高1460mm ホイールベース2600mm 車重1440kg 乗車定員5名 写真のボディカラーは新色のテレーンカーキマイカメタリック

 今回の商品改良は、安全装備の充実化や新ボディカラーの設定などがメインメニューだ。
 まず安全装備では、パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]を全車に標準設定。予防安全機能を充実させて、セーフティ性能をいっそう高める。

▲パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]を全車に標準設定する

 一方、ボディカラーにはブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング、テレーンカーキマイカメタリック、セレスティアルブルーガラスフレークを新たにラインアップし、新鮮味をアップさせた。

▲新ボディカラーのブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング
▲新ボディカラーのセレスティアルブルーガラスフレーク

 パワートレインは基本的に従来と共通で、2ZR-FXE型1797cc直列4気筒DOHCガソリンエンジン(99ps/14.5kg・m)+3JM型モーター(60kW/207Nm)+ニッケル水素電池のLexus Hybrid Driveを搭載している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報