• TOP
  • スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」がマイナーチェンジ。安全装備の拡充や新ボディカラーの設定などを実施

 ー 

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」がマイナーチェンジ。安全装備の拡充や新ボディカラーの設定などを実施

Writer:大貫直次郎 

スズキがスペーシア/スペーシア カスタム/スペーシア ギアの一部仕様変更を敢行。先進安全装備のさらなる充実化や車体色の見直しなどによって商品価値を高める

 スズキは8月20日、軽スーパーハイトワゴンのスペーシア/スペーシア カスタム/スペーシア ギアの仕様変更を行い、同日より発売した。

▲スズキ・スペーシア・ハイブリッドX(2WD) 価格:CVT152万4600円 全長3395×全幅1475×全高1785mm/ホイールベース2460mm 車重870kg 乗車定員4名 WLTCモード燃費21.2km/リットル 写真のボディカラーは新色のクールカーキパールメタリック

車種展開は以下の通り。
■スペーシア
ハイブリッドG:2WD138万500円/4WD150万3700円
ハイブリッドX:2WD152万4600円/4WD164万7800円
■スペーシア カスタム
ハイブリッドGS:2WD164万8900円/4WD177万2100円
ハイブリッドXS:2WD176万4400円/4WD188万7600円
ハイブリッドXSターボ:2WD183万5900円/4WD195万9100円
■スペーシア ギア
ハイブリッドXZ:2WD168万7400円/4WD180万7300円
ハイブリッドXZターボ:2WD176万4400円/4WD188万4300円

▲スズキ・スペーシア カスタム・ハイブリッドXS(2WD) 価格:CVT176万4400円 全長3395×全幅1475×全高1785mm/ホイールベース2460mm 車重890kg 乗車定員4名 WLTCモード燃費21.2km/リットル 写真のボディカラーはフェニックスレッドパール ブラックツートーンルーフ
▲スズキ・スペーシア ギア・ハイブリッドXZ(2WD) 価格:CVT168万7400円 全長3395×全幅1475×全高1800mm/ホイールベース2460mm 車重880kg 乗車定員4名 WLTCモード燃費21.2km/リットル 写真のボディカラーは新色のシフォンアイボリーメタリック

 今回の仕様変更は、安全装備の拡充や新ボディカラーの設定などをメインメニューとする。まず安全装備では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートとSRSカーテンエアバッグの標準装備化を実施。また、スペーシア・ハイブリッドX・アップグレードパッケージ/スペーシア カスタム/スペーシア ギアにはアダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]を追加設定する。さらに、標識認識機能で認識する標識に車両進入禁止のほか、はみ出し通行禁止、法定速度、一時停止を加えた(全方位モニター用カメラパッケージ装着車)。

▲夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを標準装備化
▲スペーシア・ハイブリッドX・アップグレードパッケージ/スペーシア カスタム/スペーシア ギアにはアダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]を追加設定
▲標識認識機能で認識する標識に車両進入禁止のほか、はみ出し通行禁止、法定速度、一時停止を加えた

 一方、快適装備の充実化も敢行。USB電源ソケット(2個)や時間調整付フロント間欠ワイパーを追加設定した(スペーシア・ハイブリッドGを除く)。

▲USB電源ソケット(2個)や時間調整付フロント間欠ワイパーを追加設定。写真はスペーシア ギア・ハイブリッドXZの内装

 ボディカラーに関しては、モデルごとに変更ポイントが分かれる。
 まずスペーシアは、全グレードにクールカーキパールメタリックを新設定。また、ハイブリッドXにはクールカーキパールメタリックおよびシフォンアイボリーメタリックにホワイトツートーンルーフ仕様を追加する。結果として、ボディカラーは全9色13パターンのラインアップとした。

▲スペーシア・ハイブリッドXにはクールカーキパールメタリックおよびシフォンアイボリーメタリック(写真)にホワイトツートーンルーフ仕様を追加した

 次にスペーシア カスタムは、ハイブリッドXSおよびXSターボにスチールシルバー ブラックツートーンルーフ仕様を新設定。ボディカラーは全7色11パターンのラインアップとした。

▲スペーシア カスタム・ハイブリッドXSおよびXSターボにはスチールシルバー ブラックツートーンルーフ仕様を新設定する

 そしてスペーシア ギアは、シフォンアイボリーメタリックを新設定。また、クールカーキパールメタリックおよびデニムブルーメタリックにガンメタリックツートーンルーフ仕様を追加し、ボディカラーは全9パターンのラインアップとした。

▲スペーシア ギアにはクールカーキパールメタリックおよびデニムブルーメタリック(写真)にガンメタリックツートーンルーフ仕様を追加した

 パワートレインは基本的に従来と共通で、発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により減速時のエネルギーを利用して発電し、専用リチウムイオンバッテリーに充電して、その電力を活かして加速時にはモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドシステムを採用。そのうえで、自然吸気仕様のR06A型658cc直列3気筒DOHC12V・VVTエンジン(52ps/6.1kg・m)+WA05A型モーター(2.3kW/50Nm)とターボ仕様のR06A型658cc直列3気筒DOHC12V・VVTインタークーラーターボエンジン(64ps/10.0kg・m)+WA05A型モーター(2.3kW/50Nm)という2機種のユニットを設定する。トランスミッションには軽量化と高効率化を果たしたCVTを組み込み、駆動機構には2WD(FF)とフルタイム4WDを用意した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報