• TOP
  • 日本の匠とドイツのクラフトマンシップが融合したBMW8シリーズ・グランクーペの特別限定車「京都エディション」が登場

 ー 

日本の匠とドイツのクラフトマンシップが融合したBMW8シリーズ・グランクーペの特別限定車「京都エディション」が登場

Writer:大貫直次郎 

BMWの最上級ラグジュアリーモデルのBMW8シリーズ・グランクーペに3台のみの限定販売となる「M850i xDrive グランクーペ“京都エディション”」を設定

 BMWジャパンは8月28日、最上級ラグジュアリーモデルに位置するBMW8シリーズのM850i xDriveグランクーペに限定車の「京都エディション(Kyoto Edition)」を用意し、全国の正規ディーラーにおいて2台、BMWオンライン・ストアにおいて1台、計3台の限定で販売すると発表した。車両価格は2150万円に設定。ユーザーへの納車は本年秋以降を予定している。

▲BMW M850i xDriveグランクーペ「京都エディション(Kyoto Edition)」 価格:8SAT2150万円 販売台数は3台限定。ハンドル位置は右

 今回の限定車は、BMWジャパンが独自に「BMWと日本の名匠プロジェクト」と題し、日本が誇る匠の技と、BMWの妥協のないクルマ造りの技術と哲学、そしてBMW Individualに込めたドイツ・クラフトマンシップ技術との融合により、世界で唯一無二のラグジュアリー感を実現する特別仕様車の第1弾として企画したスペシャルモデルである。

▲ボディカラーには日本の伝統色「群青」の原料でもあるアズライト(藍銅鉱)という宝石のようなブルーの煌めきを秘めた、BMW Individual特別色のアズライト・ブラックを採用

 ベース車は4394cc・V型8気筒DOHCツインパワーターボガソリンエンジン(530ps/750Nm)+8速スポーツオートマチックトランスミッション(ステップトロニック付)+インテリジェント4輪駆動システム“xドライブ”のパワートレインを採用した高性能グレードのM850i xDriveグランクーペ。まず外装では、ボディカラーをBMW Individual特別色のアズライト・ブラックで彩る。アズライト(=藍銅鉱)は日本の伝統絵画にも広く用いられる「群青」の原料で、その深みある藍の色合いが多くの人を惹きつけている。この特別色を基調に、クロームのキドニーグリルやウィンドウモールディングなどで構成するクロームライン・パッケージやマルチスポークの20インチアロイホイール(729M・バイカラー)を組み込み、輝きとのコントラストによって優雅で美しいスタイリングをいっそう際立たせた。

▲外装にはBMW Individual Manufakturのレタリングを施す

 一方、インテリアについてはBMW M社が誇る高品質レザーBMW Individualフルレザー・メリノをアイボリーホワイトとタルトゥーフォーとのバイカラー仕様で採用。また、工場生産ラインオフ後に職人による手作業でステアリングコラムやフロントシート台座部分までレザーで覆う、「BMW Individual Manufaktur(マニュファクチュール)」加工を施して、高い品質感と限定感を創出する。さらに、M SportシートやB&Wダイヤモンド・サウンド・サラウンドオーディオ、ローラー・サンブラインド(リア&リアサイド)、パノラマ・ガラスサンルーフを標準で装備した。

▲インテリアは高品質レザーBMW Individualフルレザー・メリノをアイボリーホワイトとタルトゥーフォーとのバイカラー仕様で採用する

 そして、センターコンソール部分のトリムには、京都を代表する漆芸家の岡田紫峰氏が手がけた漆塗り蒔絵螺鈿細工を実施。煌びやかな蒔絵螺鈿細工は、「駆けぬける歓び」をモチーフに本限定車用にデザインされ、特別感を演出する。また、トリムと同じデザインを施した蒔絵螺鈿細工の専用キー・トレイも設定した。ちなみに、漆は16世紀にヨーロッパに渡り、当時深い黒の塗料がなかった西欧において、その艶やかな光沢が瞬く間に貴族など特権階級の心を魅了。後にドイツで漆にインスパイアされた黒い塗料“ラッカー”が開発され、それがまずピアノに塗られる。そして、現在ではBMWの高級インテリアトリムに用いられるピアノブラックに繋がり、日欧の歴史を感じさせるコラボレーションに昇華した。

▲センターコンソール部分のトリムには漆芸家の岡田紫峰氏が手がけた漆塗り蒔絵螺鈿細工を施した
▲トリムと同じデザインを施した蒔絵螺鈿細工の専用キー・トレイも設定

 インテリアではもう1つ、特別装備品がある。老舗西陣織メーカーの加納幸が、本限定車のルーフライニングと同素材のアルカンターラを使用した新しい取り組みを実施。細い線状に裁断したアルカンターラを、上質な絹糸を使って西陣織の伝統技術で織り込んだ斬新なデザインと質感のクッションを生み出し、本限定車に特別装備した。

▲本限定車のルーフライニングと同素材であるアルカンターラを使用して老舗西陣織メーカーの加納幸が製作した専用クッションを特別装備する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る