• TOP
  • 日本初導入となるインディアンサマーレッド・メタリックのボディカラーを纏ったミニ5ドアの特別限定車「Rosewood Edition」が登場

 ー 

日本初導入となるインディアンサマーレッド・メタリックのボディカラーを纏ったミニ5ドアの特別限定車「Rosewood Edition」が登場

Writer:大貫直次郎 

インディアンサマーレッド・メタリック+ブラックルーフの外板色に、専用3Dインテリア・サーフェスやクロス/レザレット・シートを特別装備したミニ5ドアのスペシャルモデルが日本上陸。販売台数は200台限定

 BMWジャパンは8月31日、プレミアムコンパクトカーのミニ5ドアに特別仕様車「Rosewood Edition(ローズウッド・エディション)」をラインアップし、同日より販売を開始した。車両価格は399万円の設定で、販売台数は200台限定。ユーザーへの納車は本年秋以降を予定している。

▲ミニ5ドア「Rosewood Edition(ローズウッド・エディション)」 価格:7SMT399万円 ボディカラーには日本初導入のインディアンサマーレッド・メタリックを採用。販売台数は限定200台

 今回の限定車は、大胆に、斬新に、情熱的に、自分らしく人生を彩る人に向けて内外装を特別に仕立てたスペシャルモデルである。ベース車には、1498cc直列3気筒DOHCガソリンターボエンジン(136ps/220Nm)+7速DCTのパワーユニットを搭載するミニ・クーパー5ドアを採用。ボディカラーは日本初導入のインディアンサマーレッド・メタリックで彩ったうえで、外装にはブラックルーフ&ミラーキャップや専用3Dサイドスカットル、16インチアロイホイール・ビクトリースポーク・ブラックを特別装備し、シックで大人の雰囲気が漂うルックスを創出した。

▲アクセントとして際立つ専用3Dサイドスカットルを特別装備
▲足もとには16インチアロイホイール・ビクトリースポーク・ブラックを装着
▲LEDヘッドライトを標準で組み込む

 内装については、専用3Dインテリア・サーフェスやクロス/レザレット表皮ブラックパール/カーボンブラックシートを特別装備するとともに、MINIエキサイトメント・パッケージとストレージ・コンパートメント・パッケージを標準で組み込む。また、ナビゲーションシステムおよび8.8インチワイドカラーディスプレイやMINI Connected(有効期間:3年間)などのコネクテッド機能も標準で採用した。

▲専用3Dインテリア・サーフェスを採用して内装をシックに演出した
▲クロス/レザレット表皮ブラックパール/カーボンブラックシートを特別装備
▲様々なサービスやアプリを通じて有益な情報にすぐアクセスできるMINI Connectedを設定

 先進安全装備の充実ぶりもトピックだ。リアビューカメラやリアPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)、コンフォート・アクセスを特別装備したほか、ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)を標準で設定している。

▲リアPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)を特別装備
▲ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)を標準で採用する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る