• TOP
  • 「注目スーパースポーツ試乗」すべてがスペシャル。AMG・GTの刺激世界をご紹介

 ー 

「注目スーパースポーツ試乗」すべてがスペシャル。AMG・GTの刺激世界をご紹介

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

メルセデスAMG・GT R 2ドアクーペのGTはラインアップが多彩 GT RはレーシングモデルGT3の技術を各部に投入 足回りには4輪操舵機構を装備 駆動方式はFR 写真は2018年モデル
メルセデスAMG・GT R 2ドアクーペのGTはラインアップが多彩 GT RはレーシングモデルGT3の技術を各部に投入 足回りには4輪操舵機構を装備 駆動方式はFR 写真は2018年モデル

ライバルはポルシェ911。ラインアップは多彩

 メルセデスAMGのGTモデルは、ブランドの高性能イメージをアピールするフラッグシップモデルだ。2014年にオリジナル設計の2シーターGTスポーツとしてデビューした。事実上、SLSシリーズの後継車だが、車格は引き下げられている。価格と性能を見る限りポルシェ911シリーズがライバル。17年にマイナーチェンジが実施され、性能アップと同時に、パナメリカーナデザインのフロントマスクに変更された。

 ボディタイプはクーペとロードスターの2種。全車M178型4リッター直噴V8ツインターボエンジンを積む。Vバンク内にターボチャージャーをコンパクトに配置したホットインサイドVレイアウト式の高性能ユニットだ。トランスミッションは7速AMGスピードシフトDCTである。

 グレード展開は多彩。ラインアップも911に負けてはならじ、という戦略だろう。簡単に整理すると、クーペはGT(476ps)/GTS(522ps)/GTC(557ps)/GTR(585ps)の4グレードがあり、GTとGTCにロードスターを設定している。

 クーペのスタイルは、典型的なロングノーズショートデッキ。グラマラスなリアセクションが目を射る。対してロードスターはエレガント。まるで違う雰囲気を見せる。潔くオープン化されたソフトトップの効果だ。印象の違いは、往年の名車ジャガーEタイプのクーペとロードスターの関係とよく似ている。

全長×全幅×全高4550×1995×1285mm 車重1660kg GT Rの全幅は標準GT比65mmワイド パワーウエイトレシオ:2.84kg/ps エグゾーストエンドはセンター配置

圧倒的なエンジンの存在感。切れ味鋭い最高のスポーツマシン

 どのグレードを選んでも、スターターボタンを押せば野太く、豪快なサウンドとともにV8エンジンは目覚める。ステアリングを握りしめた手を先へ伸ばしたならば、「そのままつかめてしまうのではないか」と思えるほどエンジンの存在が近い。V8ユニットがフロントアクスルより後方、つまり完全なフロントミッドに置かれているからだ。AMG・GTはFRのピュアスポーツカーである。

 ひとたびワインディングロードにノーズを向ければ、フロントミッドシップカー独特の、切れ味鋭く軽快で剛性感たっぷりのハンドリングが楽しめる。軽量にして最強のGTRでも、メルセデス・ファミリーの一員らしく、決してハメを外させるような雰囲気はない。けれども過激なトルクフィールと豪放なサウンド、そして意のままのハンドリングが、ドライバーの興奮をかき立てる。その気になれば最高のスポーツマシンになる。

 それでいて普段使いも十分に可能だ。911のライバルなのだから当然だろう。ただし、GTRのボディサイズは全長×全幅×全高4550×2005×1285㎜。車幅が広いので街中では気を使う。乗り心地も911GT3級に固めだ。ロードスターなら多少肩の力が抜けてクーペより快適な乗り心地をみせる。

操縦性はレーシー 4WSは低速域ではシャープ 高速域は安定したハンドリングに貢献
シートはノンリクライニング式軽量バケット シート地は本革コンビ仕様
速度計は380km/hスケール レッドゾーンは7000rpm以上の設定
7速DCTのメインセレクターは小型形状 ギア比はクロースレシオ
トラクションコントロールは9段階調節式 室内中央のダイヤルで操作
エアダム下側に可変ウイング装備 80km/h以上でダウンフォースを発生
リアウイングは軽量カーボン製 角度切り替えで空力特性を調整できる
タイヤは前後異径 ミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2装着
ブレーキは強力 写真のカーボンモノコックはop
3982cc・V8DOHC32Vツインターボ 585ps/6250rpm 700Nm/1900~5500rpm 最大過給圧1.35バール オイル潤滑はドライサンプ エンジンはフロントミッドシップ配置 前後重量配分は48対52

メルセデスAMG・GT R 主要諸元

車名=GT R
価格=7SMT 2453万円
全長×全幅×全高=4550×2005×1285mm
ホイールベース=2630mm
トレッド=1695×1685mm
車重=1660kg
エンジン=3982cc・V8DOHC32Vツインターボ(プレミアム仕様)
最高出力=430kW(585ps)/6250rpm
最大トルク=700Nm(71.4kgm)/1900~5500rpm
サスペンション=前後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ=フロント275/35ZR19/リア325/30ZR20
駆動方式=FR
乗車定員=2名
最高速度=318km/h
0→100㎞/h加速_=3.6秒
※価格を除きスペックは欧州仕様
撮影協力:フレサよしみ

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年10月号

  • ・新車速報 新型SUBARUレヴォーグ
  • ・新車試速報 新型ホンダe
  • ・特集 最新コンパクト・クロスオーバーSUVの世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る