• TOP
  • 三菱自動車がアセアン市場で積極展開。今度はフィリピンでプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」をリリース

 ー 

三菱自動車がアセアン市場で積極展開。今度はフィリピンでプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」をリリース

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車がインドネシアに続いてフィリピンでプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」を発売。海外市場初となる次世代店舗「電動DRIVE STATION」としての機能も今年度中に追加予定

 三菱自動車は9月5日、フィリピンでプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」を発売した。アセアンでは昨年7月に発売したインドネシアに続いて、2カ国目の市場投入となる。

▲フィリピン仕様の三菱アウトランダーPHEV 全長4695×全幅1800×全高1710mm ホイールベース2670mm 車重1880kg 乗車定員5名 同車のアセアン投入はインドネシアに続いて2カ国目となる

 フィリピン仕様のアウトランダーPHEVは、ハンドル位置やエクイップメント、充電機能などの一部を除いて、基本的に日本仕様と共通。ダイナミックシールドを配したエクステリアは全長4695×全幅1800×全高1710mm/ホイールベース2670mmのボディサイズに設定し、パワートレインには2360cc直列4気筒DOHC16V・MIVECエンジン(128ps/199Nm)+前後モーター(前60/後70kW)+リチウムイオン電池(総電力量13.8kWh)を採用している。

▲パワートレインは2360cc直列4気筒DOHC16V・MIVECエンジン(128ps/199Nm)+前後モーター(前60/後70kW)+リチウムイオン電池(総電力量13.8kWh)で構成

 フィリピン市場では、まずミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション傘下ディーラーであるピーク・モーターズ・フィリピンズ(PMPI)マニラベイ支店にてアウトランダーPHEVの販売を開始し、2021年までに順次国内での販売店舗を拡大する計画。また、同店舗は海外市場初となる次世代店舗「電動DRIVE STATION」としての機能(通常の店舗機能に加えて、太陽光発電システムとV2H機器を備えて太陽光発電による電動車への充電と、電動車から店舗への電力供給を可能とする機能)を今年度中に設定する予定だ。

▲フィリピンではアウトランダーPHEVの発売をきっかけに、海外市場初となる次世代店舗「電動DRIVE STATION」としての機能を今年度中に設定する計画だ

 なお、三菱自動車の矢田部陽一郎COOは「本年7月に発表した新中期経営計画で、当社はアセアンを成長ドライバーとして位置づけています。アウトランダーPHEVのフィリピンへの投入は、アセアン地域の経済発展に加えて、環境保全にも貢献していきたいという当社の姿勢を示すものです。フィリピンの自動車産業並びに地域経済発展に貢献しながら、電動車への理解・共感を広げる活動にも取り組んでいきます」とコメントしている。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年10月号

  • ・新車速報 新型SUBARUレヴォーグ
  • ・新車試速報 新型ホンダe
  • ・特集 最新コンパクト・クロスオーバーSUVの世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る