• TOP
  • 「注目モデル試乗」北米専売3列シートSUV、トヨタ・ハイランダー日本発売の可能性を探った!

 ー 

「注目モデル試乗」北米専売3列シートSUV、トヨタ・ハイランダー日本発売の可能性を探った!

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

トヨタ・ハイランダー・リミテッド・プラチナムV6(4WD) 試乗記

トヨタ・ハイランダー・リミテッド・プラチナムV6(4WD) ハイランダーはRAV4とともに北米トヨタを支える主力SUV パワーユニットは3.5リッター・V6と2.5リッターハイブリッドの2種 駆動方式はFFと4WDが選べる
トヨタ・ハイランダー・リミテッド・プラチナムV6(4WD) ハイランダーはRAV4とともに北米トヨタを支える主力SUV パワーユニットは3.5リッター・V6と2.5リッターハイブリッドの2種 駆動方式はFFと4WDが選べる

伸びやかなサイズ設定。室内はゆったり広々空間

 トヨタのミドルクラスSUVはワイルド系のRAV4、都会派のハリアーの2台。だがワールドワイドでは兄貴分が存在する。北米専売の3列シートSUV、ハイランダーだ。日本未発売モデルだが、特別に試乗できたので報告しよう。

 エクステリアはとにかく「デカい_」のひと言。ボディサイズは全長×全幅×全高4950×1930×1730mm。全高こそ少し低いがランドクルーザー(同4950×1980×1870mm)と大差ない。デザインはRAV4よりフォーマル、ハリアーほど都会に染まっていない……という絶妙なバランスにまとめてある。

 7シーターレイアウトの室内は広々としている。ロングホイールベースのため足元スペースは広く、頭上空間も余裕たっぷり。ミニバン顔負けの居住性を誇る。運転席/助手席周囲はゆとりがあり、2列目は左右独立のキャプテンシートを装着。気になる3列目は、身長160cm以下のパッセンジャーなら十分使える。インパネ周りのレイアウトはRAV4/ハリアーと似ているが、モニターと空調操作系が一体化された独自のデザインだ。

 パワートレインは直4・2.5リッター+モーターのハイブリッドと、295hp/357Nmを発揮するV6・3.5リッター+8速ATをラインアップ。試乗車はV6モデルだ。

全長×全幅×全高4950×1930×1730mm 車重 2020kg 大柄ながら取り回し性良好

走りは上質。重量級特有のドッシリとした安心感が頼もしい

 ハイランダーのプラットフォームはGA-K。重量増に対応し各部を強化した専用タイプで、サスペンションの味付けもハイランダー独自。試乗車のタイヤは235/55R20サイズのブリヂストン・アレンザ(オールシーズン)だった。

 パフォーマンスは優秀。意のままの走りを気負いなく体感できる。高い基本性能はRAV4/ハリアーと共通。ステアフィール、路面ギャップの吸収の仕方、旋回時のクルマの動きには、いい意味で薄皮一枚挟まっているような穏やかさと優しさがある。重量級特有のドッシリした安心感が頼もしい。

 魅力的と感じたのは、アメリカンモデルによくある「大味」な乗り味ではない点。正確なハンドリングをキープしたうえで、穏やかで優しい味付けになっている。走りのテイストは、RAV4とハリアーの中間、つまり「SUVの正統派」といえる乗り味だと感じた。

 視界に優れ、ステアリングもよく切れるため、取り回し性は悪くない。しかし、このボディサイズでは駐車時など日本では持て余すのは確実。だが、全幅を抑えたナローボディであれば魅力的だ。
 日本発売の際にはクルーガー、もしくはヴァンガードの名称復活を期待したい。

北米仕様のためステアリング位置は左 室内各部は上質なソフトパッド仕様 視界は良好 ハンドリングは穏やかなセッティング 静粛性は全域ハイレベル
定員7名の3列シート仕様 室内はゆったり空間 居住性はミニバンに匹敵 2列目はキャプテン形状 3列目の足元空間はややタイト 乗り心地はソフトな味わい
荷室は3列目使用時も十分な容量 リアゲートは電動開閉式
メーターは見やすい2眼式 中央にカラーTFTディスプレイを装備
トランスミッションは8速AT マニュアルモード付き 変速フィールは滑らか
コンソール部に4WDと走行モードの切り替えスイッチ配置
センターモニターは空調コントロール一体型 ナビやオーディオ機能内蔵
ヘッドライトはシャープな造形のLED バンパー部にフォグをビルトイン
P235/55R20オールシーズンタイヤ+アルミ装着 足回りはしなやか
3456cc・V6DOHC24V 296ps/6000rpm 357Nm/4700rpm 全域滑らかで静粛 北米コンビネーション燃費:9.75km/リッター

トヨタ・ハイランダー・リミテッド・プラチナムV6(4WD) 主要諸元

グレード=リミテッド・プラチナムV6(4WD)
価格=8SAT 4万7510ドル
全長×全幅×全高=4950×1930×1730mm
ホイールベース=2850mm
最低地上高=205mm
車重=2020kg
エンジン=3456cc・V6DOHC24V(レギュラー仕様)
最高出力=295hp/6000rpm
最大トルク=357Nm(36.4kgm)/4700rpm
コンビネーション燃費=9.75_km/リッター
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ=P235/55R20
駆動方式=4WD(ダイナミックトルクベクタリング)
乗車定員=7名
最小回転半径=5.5m

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年10月号

  • ・新車速報 新型SUBARUレヴォーグ
  • ・新車試速報 新型ホンダe
  • ・特集 最新コンパクト・クロスオーバーSUVの世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る