• TOP
  • 大幅刷新を図ったメルセデス・ベンツ「Eクラス」が日本上陸。内外装デザインの変更や機能装備のバージョンアップで商品力を強化

 ー 

大幅刷新を図ったメルセデス・ベンツ「Eクラス」が日本上陸。内外装デザインの変更や機能装備のバージョンアップで商品力を強化

Writer:大貫直次郎 

メルセデス・ベンツ「Eクラス」がマイナーチェンジ。ダイナミックでシャープな印象に一新したエクステリアや新世代ステアリングホイールの採用、ARナビゲーションを組み込んだMBUXの設定などを実施

 メルセデス・ベンツ日本は9月10日、Eクラスのマイナーチェンジモデルを発表し、同日より予約注文の受付を開始した。ユーザーへの納車は本年9月から順次実施する。
車種展開は以下の通り。
■セダン
E200スポーツ:769万円
E200 4MATICスポーツ:794万円
E220dスポーツ:793万円
E300スポーツ:910万円
E350eスポーツ:895万円
E350deスポーツ:918万円
E450 4MATICエクスクルーシブ(ISG搭載モデル):1144万円
メルセデスAMG E53 4MATIC+(ISG搭載モデル):1259万円
メルセデスAMG E63 S 4MATIC+:1867万円

▲メルセデス・ベンツE200スポーツ 価格:9SAT769万円 全長4940×全幅1850×全高1455mm ホイールベース2940mm 車重1720kg 乗車定員5名 パワートレインにはM264型1496cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(184ps/280Nm)+BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)/48V電気システム(モーター出力10kW/38Nm)+リチウムイオン電池(容量約1kWh)+電子制御9速ATを搭載。日本導入モデルのハンドル位置は右

■ステーションワゴン
E200ステーションワゴン スポーツ:810万円
E200 4MATICステーションワゴン スポーツ:837万円
E220dステーションワゴン スポーツ:831万円
E300ステーションワゴン スポーツ:953万円
E450 4MATICステーションワゴン エクスクルーシブ(ISG搭載モデル):1203万円
メルセデスAMG E53 4MATIC+ステーションワゴン(ISG搭載モデル):1288万円
メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ステーションワゴン:1912万円

▲メルセデス・ベンツE200 4MATICステーションワゴン スポーツ 価格:9SAT837万円 全長4952×全幅1852×全高1463mm(欧州参考値) ホイールベース2940mm 乗車定員5名 後席は40:20:40分割可倒式。ラゲッジ容量は後席格納時で最大1820リットル(VDA方式)を実現する。日本導入モデルのハンドル位置は右

■オールテレイン
E220d 4MATICオールテレイン:938万円

▲メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン 価格:9SAT938万円 全長4947×全幅1861×全高1497mm(欧州参考値) ホイールベース2940mm 乗車定員5名 パワートレインにはOM654型1949cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(194ps/400Nm)+電子制御9速ATを搭載。日本導入モデルのハンドル位置は右

 2016年の新型発表以来の大幅変更となる改良版のEクラスは、エクステリアのデザイン変更や新世代ステアリングホイールの採用、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」および安全運転支援システムのバージョンアップなどがメインメニューとなる。

▲メルセデス・ベンツE350eスポーツ 価格:9SAT895万円 全長4940×全幅1852×全高1460mm(欧州参考値) ホイールベース2940mm 乗車定員5名 パワートレインにはM274型1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(211ps/350Nm)+モーター(90kW/440Nm)+リチウムイオン電池+電子制御9速ATを搭載。電気モーターのみで走行可能な航続距離はWLTPモードで最長51km。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲メルセデス・ベンツE350deスポーツ 価格:9SAT918万円 全長4940×全幅1852×全高1460mm(欧州参考値) ホイールベース2940mm 乗車定員5名 パワートレインにはOM654型1949cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(194ps/400Nm)+モーター(90kW/440Nm)+リチウムイオン電池+電子制御9速ATを搭載。電気モーターのみで走行可能な航続距離はWLTPモードで最長50km。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ 価格:9SAT1867万円 全長4984×全幅1907×全高1460mm(欧州参考値) ホイールベース2940mm 乗車定員5名 パワートレインにはM177型3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジン(612ps/850Nm)+AMGスピードシフトMCT(電子制御9速AT)を搭載。日本導入モデルのハンドル位置は右/左

 まずエクステリアでは、よりシャープでダイナミックな印象に一新し、合わせてAMGラインエクステリアを標準装備(E450 4MATICエクスクルーシブ/E220d 4MATICオールテレイン、メルセデスAMG各モデルを除く)したことが特徴だ。まずフロントマスクは、ヘッドライトを最新のメルセデス・ベンツのスポーティモデル群に共通する、上下方向に薄く、わずかに切れ上がるデザインに変更。また、ラジエターグリルは下部が広がる台形とするとともに、クローム仕上げのダイヤモンドグリルを組み込んだ。さらに、バンパー下部左右に2本のフィンを配するなど、存在感をいっそう高める。そして、E450 4MATICエクスクルーシブにはメルセデス・ベンツ伝統の“スリーポインテッドスター”が輝くボンネットマスコットを装備。緩やかな多角形のラジエターグリルとクローム仕上げのフロントバンパー下部、ダイナミックなヘッドライトと相まって、クールでありながらラグジュアリーな印象を加味した。一方、セダンのリアビューに関しては、外側に向かって上下方向の高さが増す、横に長い2分割型コンビネーションランプを新採用。ボディのワイドさとダイナミックさを強調するデザインに刷新した。

▲メルセデス・ベンツE300ステーションワゴン スポーツ 価格:9SAT953万円 全長4952×全幅1852×全高1463mm(欧州参考値) ホイールベース2940mm 乗車定員5名 パワートレインにはM264型1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(258ps/370Nm)+電子制御9速ATを搭載。日本導入モデルのハンドル位置は右

 次にインテリアについては、スポーツ各モデルとメルセデスAMG各モデルにメルセデス・ベンツで初となる新世代の3本ツインスポーク・ステアリングホイールを新設定。E450 4MATICエクスクルーシブにはブラックアウトされたスポークを採用し、シックさを際立たせる。また、ナビゲーションおよびインストルメントクラスター内の各種設定や安全運転支援システムの設定を、すべて手元で完結できる機能も導入。さらに、従来はタッチコントロールボタンへの接触やステアリングホイールにかかるトルクで判定していたディスタンスアシスト・ディストロニック使用時のハンズオフ検知機能のために、新たにリムに静電容量式センサーを備えたパッドを組み込んだ。一方、E200とE220dのセンターコンソールには従来のピアノラッカー調トリムに変えて、インパネに採用するインテリアウッドトリムと同様のウッドトリムを新装備し、高級感をいっそう引き上げた。

▲スポーツ各モデルとメルセデスAMG各モデルに新世代の3本ツインスポーク・ステアリングホイールを新設定する

 対話型インフォテインメントシステム「MBUX」の進化については、日本で販売される乗用車で初となるAR(Augmented Reality=拡張現実)ナビゲーションを新採用したことがトピック。車両の前面に広がる現実の景色がナビゲーション画面の一部に映し出され、行先案内の際は進むべき道路に矢印が表示される。これにより、より直感的にどの道路に進むべきかが判断できるようになった。
 安全運転支援機能のインテリジェントドライブのバージョンアップも見逃せない。今回は新たに、停車時にドアを開けようとした際、後方から障害物が迫っている場合の警告機能を採用。時速2km/h以上で後方から歩行者や自転車、自動車などが近づいている場合、ドアミラー外側にある警告表示灯が赤く点灯し、さらに乗員がドアハンドルに手をかけた時は、音と表示で乗員に警告する機能を組み込んだ。

▲対話型インフォテインメントシステム「MBUX」に、日本で販売される乗用車で初となるAR(Augmented Reality=拡張現実)ナビゲーションを新採用した

 パワートレインの充実ぶりも注目ポイントだ。E200スポーツおよびE200 4MATICスポーツには、M264型1496cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(184ps/280Nm)+BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)/48V電気システム(モーター出力10kW/38Nm)+リチウムイオン電池(容量約1kWh)+電子制御9速ATを搭載。E300スポーツには、M264型1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(258ps/370Nm)+電子制御9速ATを採用する。また、E450 4MATICエクスクルーシブには新たにM256型2996cc直列6気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(367ps/500Nm)+ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)/48V電気システム(モーター出力16kW/250Nm)+リチウムイオン電池(容量約1kWh)+電子制御9速ATを搭載。E220dスポーツにはOM654型1949cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(194ps/400Nm)+電子制御9速ATを採用した。
 さらに、日本の乗用車唯一のディーゼルエンジン仕様プラグインハイブリッドとなるE350deスポーツには、OM654型1949cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(194ps/400Nm)+モーター(90kW/440Nm)+リチウムイオン電池+電子制御9速ATを搭載。システム総合出力は306ps(225kW)/700Nmを発生し、電気モーターのみで走行可能な航続距離はWLTPモードで最長50kmに達する。また、ガソリンエンジン仕様プラグインハイブリッドのE350eスポーツには、M274型1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(211ps/350Nm)+モーター(90kW/440Nm)+リチウムイオン電池+電子制御9速ATを採用。システム総合出力は320ps(235kW)/700Nmを発生し、電気モーターのみで走行可能な航続距離はWLTPモードで最長51kmを実現した。
 一方、メルセデスAMG E53にはM256型2996cc直列6気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(435ps/520Nm)+ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)/48V電気システム(モーター出力16kW/250Nm)+リチウムイオン電池+AMGスピードシフトTCT(電子制御9速AT)を搭載。また、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルや専用デザインの大型リアディフューザーおよびクローム仕上げ円形デュアルエグゾーストエンド、AMG RIDE CONTROL+サスペンションなどを装備する。そして、メルセデスAMG E63 SにはM177型3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジン(612ps/850Nm)+AMGスピードシフトMCT(電子制御9速AT)を採用。エクイップ面では、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルに形状を変更したジェットウイング形のフロントエプロンとシルバーシャドウ仕上げのフロントスプリッター、4輪駆動システムおよびESPを可変制御するAMG DYNAMICS(ベーシック/アドバンスト/プロ/マスターの4モードを設定)、アダプティブ・ダンピング・システム(コンフォート/スポーツ/スポーツプラスの3モードを設定)、AMG DYNAMIC SELECT(スリッパリー/コンフォート/スポーツ/スポーツ+/レース/インディビデュアルの6モードを設定)などを組み込んだ。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年10月号

  • ・新車速報 新型SUBARUレヴォーグ
  • ・新車試速報 新型ホンダe
  • ・特集 最新コンパクト・クロスオーバーSUVの世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る