• TOP
  • レンジローバーの2021年モデルが日本デビュー。誕生50周年を記念した「フィフティ(Fifty)」も38台限定で発売

 ー 

レンジローバーの2021年モデルが日本デビュー。誕生50周年を記念した「フィフティ(Fifty)」も38台限定で発売

Writer:大貫直次郎 

ランドローバーのラグジュアリーSUV「レンジローバー」2021年モデルの予約受注が開始。2021年モデル限定グレードとして「ウェストミンスター」「ウェストミンスター・ブラック」「SVオートバイオグラフィ・ダイナミック・ブラック」を設定

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは9月11日、ランドローバーの旗艦ラグジュアリーSUV「レンジローバー」の2021年モデルの予約受注を開始。合わせて、レンジローバー誕生50周年を記念した「フィフティ(Fifty)」を38台限定で販売すると発表した。

▲レンジローバー2021年モデル 価格:8SAT1493~3202万円 パワーユニットには2992cc・V型6気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(258ps)、プラグインハイブリッド(PHEV)の“INGENIUM”1995cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(300ps)+モーター(105kW)+リチウムイオン電池(使用可能電力量13.1kWn)、4999cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンスーパーチャージドエンジン(525ps仕様と565ps仕様)の3機種/4種類を設定

車種展開は以下の通り。
■3.0リットルV型6気筒ディーゼルエンジン搭載モデル
レンジローバー・ヴォーグ:1493万円
レンジローバー・オートバイオグラフィ:1790万円
レンジローバー・ウェストミンスター:1553万円
レンジローバー・ウェストミンスター・ブラック:1597万円
■プラグインハイブリッド(PHEV)モデル
レンジローバー・ヴォーグ:1550万円
レンジローバー・オートバイオグラフィ:1831万円
レンジローバー・LWBヴォーグ:1616万円
レンジローバー・LWBオートバイオグラフィ:1888万円
レンジローバー・LWB・SVオートバイオグラフィ:2956万円
■5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジン搭載モデル
レンジローバー・ヴォーグ:1702万円
レンジローバー・オートバイオグラフィ:1983万円
レンジローバー・LWBオートバイオグラフィ:2072万円
レンジローバー・SVオートバイオグラフィ・ダイナミック:2578万円
レンジローバー・SVオートバイオグラフィ・ダイナミック・ブラック:2632万円
レンジローバー・LWB・SVオートバイオグラフィ:3202万円

▲ボディサイズは全長SWB5005/LWB5205×全幅1985×全高1865mm、ホイールベースSWB2920/LWB3120㎜に設定
▲上下2つの高解像度10インチのタッチスクリーンによって操作性を追求したインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」を採用。機能面ではスマートフォンとの連携を強化した。日本導入モデルのハンドル位置は右

 レンジローバーの2021年モデルは、同年の限定グレードとしてウェストミンスター(WESTMINSTER)およびウェストミンスター・ブラック(WESTMINSTER BLACK)、SVオートバイオグラフィ・ダイナミック・ブラック(SVAUTOBIOGRAPHY DYNAMIC BLACK)を追加設定したことが特徴である。

▲レンジローバー・ウェストミンスターはパノラミックルーフやMeridianサラウンドサウンドオーディオシステム、ブライドメタルペダル、スエードクロスヘッドライニング、イルミネーテッドドレッドプレートを標準装備

 まずウェストミンスターは、パノラミックルーフやMeridianサラウンドサウンドオーディオシステム、ブライドメタルペダル、スエードクロスヘッドライニング、イルミネーテッドドレッドプレートを標準装備して上質感をアップ。また、ブラックパックを装着してアクティブさを強調したウェストミンスター・ブラックもラインアップした。

▲ブラックパックを装着してアクティブさを強調したウェストミンスター・ブラックもラインアップ

 一方、SVオートバイオグラフィ・ダイナミック・ブラックは、ランドローバーのハイパフォーマンスモデルの製作やビスポークオーダーを手がけるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が企画を担当。専用トレッドプレートや専用エクステリアアクセントを組み込み、全体をブラック基調で統一して重厚感のあるスタイリングに仕立てている。

▲レンジローバー・SVオートバイオグラフィ・ダイナミック・ブラックはランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手がけた専用トレッドプレートや専用エクステリアアクセントを組み込み、全体をブラック基調で統一して重厚感のあるスタイリングを創出した

 シリーズ全体のパワートレインに関しては、2992cc・V型6気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(258ps/600Nm)+副変速機付8速オートマチック、プラグインハイブリッド(PHEV)の“INGENIUM”1995cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(300ps/400Nm)+モーター(105kW/275Nm)/システム総出力404ps/640Nm+リチウムイオン電池(使用可能電力量13.1kWn)+副変速機付8速オートマチック、4999cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンスーパーチャージドエンジン(525ps/625Nm仕様と565ps/700Nm仕様)+副変速機付8速オートマチックの3機種/4種類を設定し、駆動機構にはオフロード走行を確実かつ正確に制御する全輪駆動(AWD)システムを採用する。また、PHEVはパラレルハイブリッドモードとEVモードの2種類の走行モードから選択が可能で、フル作動時には0→100km/h加速6.7秒、最高速度220km/hのパフォーマンスを発揮。さらに、EVモードでは最大40.7kmの航続距離を実現した。
 懸架機構については、電子制御エアサスペンションを標準で装備。自動車高調整機能により、車高を最大50mm低くしてスムーズで快適な乗り降りをサポートする。また、後席にはラグジュアリーかつ座り心地のよさを追求したリアエグゼクティブクラスシートを用意(オートバイオグラフィ/SVオートバイオグラフィ/SVオートバイオグラフィ・ダイナミックには標準装備)。リアセンターコンソールを電動可動して4名乗り、もしくは40:20:40の5名乗りに設定が可能だ。さらに、スマートフォン用の専用アプリを介してシートのレイアウトや後席の気温および風量の調整、マッサージ機能、シートヒーター&クーラー、シートヒート部位の設定などが操作できるコンフォートコントローラー機能も組み込んでいる。

▲PHEVはパラレルハイブリッドモードとEVモードの2種類の走行モードから選択が可能。EVモードでは最大40.7kmの航続距離を実現する

 機能面の拡充も注目ポイントだ。4本の500mlボトルを収納でき、急速冷蔵機能も内蔵したセンターコンソールボックス、上下2つの高解像度10インチのタッチスクリーンによって操作性を追求したインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」、4G通信が可能なWi-Fiホットスポット、スマートフォンのアプリから車両の各機能を確認・操作できる「リモート」、スマートフォンのアプリをTouch Pro Duoのタッチスクリーンで操作できるApple CarPlayおよびAndroid Auto、マイナスイオンを発生して常に車内空間を快適にするイオン空気洗浄テクノロジー、主要データ(速度、ギアポジション、ナビゲーションの指示など)をフロントガラス上に表示するヘッドアップディスプレイ(HUD)など、最新の機能装備を豊富に採用した。
 安全運転支援システムのエクイップメントも充実している。ドライバーアシストパック(ブラインドスポットアシスト/クリアイグジットモニター/アダプティブクルーズコントロール/ドライバーコンディションモニター/レーンキープアシスト/パークアシスト/360°パーキングエイド/リアトラフィックモニター/トラフィックサインレコグニション&アダプティブスピードリミッター)やパーキングアシスト(フロント&リアパーキングエイド/リアビューカメラ)、後部座席の乗員が降車でドアを開ける際に他車などの接近を検知すると注意を促すクリアイグジットモニターなどを設定したほか、路面状況に応じてサスペンション/トランスミッション/トラクションなどの設定を最適に自動制御し、コンフォート/ダイナミック/エコ/砂地/草・砂利・雪/泥・わだち/岩場の7つのモードから選択可能としたテレインレスポンスを鋭意導入した。

▲路面状況に応じてサスペンション/トランスミッション/トラクションなどの設定を最適に自動制御し、コンフォート/ダイナミック/エコ/砂地/草・砂利・雪/泥・わだち/岩場の7つのモードから選択可能としたテレインレスポンスを組み込む

 外装カラーについては、フジホワイト/サントリーニブラック/ユーロンホワイト/フィレンツェレッド/ロゼッロレッド/バイロンブルー/アイガーグレイ/ポルトフィーノブルー/アルバ/カルパチアングレイ/シリコンシルバーという全11色をラインアップ。ボディサイズは全長SWB5005/LWB5205×全幅1985×全高1865mm、ホイールベースSWB2920/LWB3120㎜に設定している。

▲1970年にデビューしたレンジローバーの誕生50周年を記念する限定モデルのレンジローバー・フィフティ。価格は8SAT2299万2000円~2468万8000円。デビュー年にちなんで全世界で1970台が販売されるが、日本にはその内の38台が導入される予定

 1970年にデビューしたレンジローバーの誕生50周年を記念する限定モデル「フィフティ(Fifty)」に関しては、ボディカラーに標準色のアルバとカルパチアングレイ、ヘリテージカラーのタスカンブルー、バハマゴールド、ダボスホワイトという全5色を設定する。そして、外装にはプラチナアトラスカラーのアクセントを採用(ヘリテージカラーはブラックパック装着のため対象外)したボンネット&テールゲートスクリプト、グリルメッシュフォイル、インナーサラウンド、フレーム、ドアハンドルサラウンド、サイドベントグラフィック&サイドアクセントグラフィック、テールゲートフィニッシャーを特別装備。また、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのジェリー・マクガバンの手書きによる「Fifty」の文字が車両の外装だけではなく、インテリアでも「1 of 1970」のテキストが刻まれたセンターコンソールコミッショニングプレート、ヘッドレスト、ダッシュボード、イルミネーション付アルミトレッドプレートに配される。なお、フィフティはデビュー年にちなんで全世界で1970台が販売されるが、日本にはその内の38台が導入される。

▲チーフ・クリエイティブ・オフィサーのジェリー・マクガバンの手書きによる「Fifty」の文字がセンターコンソールコミッショニングプレートに添えられる

車両価格は以下の通りだ。
■レンジローバー・フィフティ
エクステリアカラー アルバ:2299万2000円(販売台数15台)
エクステリアカラー カルパチアングレイ:2299万2000円(販売台数8台)
エクステリアカラー タスカンブルー:2468万8000円(販売台数5台)
エクステリアカラー バハマゴールド:2468万8000円(販売台数5台)
エクステリアカラー ダボスホワイト:2468万8000円(販売台数5台)

▲フィフティは全5色のボディカラーから選択可能。写真は標準色のカルパチアングレイ。販売台数は8台限定
▲ヘリテージカラーのタスカンブルー。販売台数は5台限定
▲ヘリテージカラーのバハマゴールド。販売台数は5台限定
▲ヘリテージカラーのダボスホワイト。販売台数は5台限定

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年1月号

  • ・巻頭レポート 新型SUBARU・BRZ
  • ・スペシャルピックアップ/試乗レポート
  • ・特集 元気が出るクルマ選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る