• TOP
  • 「最新モデル試乗」プジョー208に乗って実感。やはりフランス人はコンパクトハッチ作りの名人だった

 ー 

「最新モデル試乗」プジョー208に乗って実感。やはりフランス人はコンパクトハッチ作りの名人だった

Writer:森口将之 Photo:小久保昭彦

プジョー208GTライン 価格:8SAT 293万円 試乗記

プジョー208GTライン 価格:8SAT 293万円 新型はエンジン&ピュアEVに適応する新世代CMPプラットフォーム採用 まずはガソリン仕様の販売がスタート ピュアEV(eー208)は秋以降にデリバリー開始予定
プジョー208GTライン 価格:8SAT 293万円 新型はエンジン&ピュアEVに適応する新世代CMPプラットフォーム採用 まずはガソリン仕様の販売がスタート ピュアEV(eー208)は秋以降にデリバリー開始予定

最新モデルはエンジンとピュアEVの2シリーズ構成

 新型プジョー208が発売された。新型は当初から、同じボディで内燃機関と電気の2つの動力源が選べるように開発されており、EVはe―208と呼ばれる。価格はガソリン仕様が239万9000~293万円。e―208は389万9000~423万円だ。今回は1.2リッター直列3気筒ターボ(100ps)を積む上級グレード、GTラインに試乗した。

 208は、205、206、207の系譜を継承するコンパクトサイズの実力車。新型のボディサイズは全長×全幅×全高4095×1745×1465mm。旧型比で120mm長く、5mm幅広く、5mm低くなった。2540mmのホイールベースは共通だ。4mを超えた全長が目立つが、実は2世代前の207とほぼ同サイズ。旧型より確かに大きくなったが、取り回し性は優秀。コンパクトカーならではの美点をしっかり堅持したサイズ設定だ。

 スタイリングは、スポーティですっきりとした印象。206から旧型までは躍動感を強調した造形だったのに対して、新型は落ち着いた台形フォルムに変化した。ボディサイドのラインは水平に近く、前後ウィンドウの傾きは絶妙にバランスしている。ヘッドランプの下に伸びるデイタイムランニングランプが個性を演出し、幅広いユーザー層に好まれそうな造形にまとめている。
 サイドウィンドウの輪郭が、1980年代の205に似ていることにも気づく。とりわけGTラインはリアクオーターパネルのロゴや黒いホイールアーチなど、日本でもヒットした205GTIを彷彿とさせる。

 だが、けっしてレトロなイメージはない。縦に伸びるデイタイムランニングランプ、全幅にわたる黒いガーニッシュにランプを隠したリアビューなど,各部のデザイン処理は最近のプジョーテイスト。新型は、伝統と革新が絶妙に融合したスタイリングである。

ライバルはVWポロやシトロエンC3など GTラインはブラックホイールアーチ標準 全長×全幅×全高4095×1745×1465mm 車重1170kg

室内は先進i-コクピット。シートは素晴らしく快適

 室内は先進的。小径ステアリングの上から遠くに置かれたメーターを見るプジョー独特の「i―コクピット」はいちだんと機能的でスタイリッシュに発展した。旧型と比べてドライビングポジションは自然になり、メーターは3Dデジタル式にリファインされた。3Dメーターは情報にメリハリをつけてあるので、速度など大事な表示を見つけやすいというメリットを感じた。

 シートは素晴らしい。GTラインはスポーティなタイプになるが、レモンイエローとライトブルーのステッチが配され、カジュアルな雰囲気を演出することに成功している。メーターやディスプレイも同色でコーディネートしており、日本車やドイツ車では味わえない粋が伝わってくる。

 前席はフランス車ならではの優しい座り心地と、しっかりしたサイドサポートを両立。後席は身長170㎝のパッセンジャーに十分な空間が得られる。大人4名がゆったりとくつろげる室内空間が与えられ、後方の荷室は低いフロア設定が印象的だった。

足回りはフロント:ストラット/リア:トーションビーム式 GTラインは走り重視のスポーティ設定

力強い1.2リッターターボ。フランス車らしい快適な乗り味は最高

 1.2リッター直3ターボは力強い。スペックは100㎰/205Nmにすぎないが、1170kgという車重は旧型と同等であるうえにATが6速から8速になったので、加速に不満はない。静粛性もハイレベルで、流れに乗って走る限り、いい意味で3気筒であることを意識させない。一方でドライブモードをスポーツにセットすれば、低めのギアを積極的に選びレスポンスが鋭くなる。スポーティな走りにトライしても満足感が高い。
 旧型から大きく進歩したのは運転支援システムだ。高速道路で試したアクティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなどは、現在の市販車としては最高レベルの完成度を持つ。

 新型208は新世代プラットフォームをDS3クロスバックに続いて採用している。
 乗り心地はフランス車らしさを強く感じるもので、しっとりとした足回りの動きに感心する。快適な座り心地のシートもプラスに作用し、1時間程度では疲れる気配さえない。フットワークは、かつてのプジョーのコンパクトカーのような鋭さは影を潜め、代わりに接地感がもたらす安定感と安心感が主体となっていた。

 ペースを上げてもこの性格は変わらず、懐の深さを実感した。快適性もハイレベルにあり、ゆっくり流していても満足できるところがフランス生まれらしい。後日乗ったアリュール・グレードはさらにまろやかで、グレードごとの特徴が明確であることも確認できた。

 名車205の面影を反映したスタイリング、モダンかつおしゃれなインテリア、乗り心地と操縦性が高次元で楽しめるシャシーなど、新型208は強力なライバルが多いこのクラスでも積極的に選びたくなるクルマに仕上がっていた。正真正銘の実力車だ。

インパネは 最新「3D・iーコクピット」 旧型と比較してメーターは見やすくなり運転姿勢はより自然に変化 小径ステアリングの反応はシャープな味わい
GTラインのシートはサポート性重視造形 パッセンジャーを優しく包み込む座り心地が特徴 後席の広さも十分
ラゲッジスペースは後席使用時265リッター 6対4分割の後席を畳むと広い空間が出現
メーターはデジタル式速度計を中心とした造形 各種デザインが選べる液晶タイプ
トランスミッションは旧型の6速から8速に多段化 ダイレクトでスムーズなシフトフィールが魅力
電動駐車ブレーキ後方にドライビングモード切り替えを配置
運転支援システム充実 クルーズ機能は全車速対応型
7㌅ディスプレイはバックモニター標準 ナビ機能は23万6500円のop

プジョー208GTライン 主要諸元と主要装備

グレード=GTライン
価格=8SAT 293万円
全長×全幅×全高=4095×1745×1465mm
ホイールベース=2540mm
トレッド=フロント1495×リア1495mm
車重=1170kg
エンジン=1199cc直3DOHC12Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=74kW(100ps)/5500rpm
最大トルク=205Nm(20.9kgm)/1750rpm
WLTCモード燃費=17.0km/リッター(燃料タンク容量44リッター)
(市街地/郊外/高速道路=13.0/17.3/19.3km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=205/45R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主要燃費改善項目:可変バルブタイミング/筒内直接噴射/アイドリングストップ/電動パワーステアリング
●主要装備:アクティブセーフティブレーキ/レーンポジショニング&レーンキープアシスト/アクティブブラインドスポットモニター/トラフィックサインインフォメーション/ドライバーアテンションアラート/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)/エレクトリックパーキングブレーキ/フロント&サイド&バックソナー/ワイドバックアイカメラ/フルLEDヘッドライト/インテリジェントハイビーム/スポーティフロントグリル/シャイニーブラックホイールアーチ/クロームエグゾーストエンド/スーパーティンテッドガラス(リア3面)/ルーフスポイラー/オートAC/3Dデジタルヘッドアップインパネ/本革巻きスポーツステアリング/パドルシフト/ドライブモードセレクター/アルカンタラ&テップレザーシート/7インチタッチスクリーン
●装着メーカーop:パノラミックガラスサンルー10万2000円/ナビゲーションシステム+ETCユニット24万6950円 
●ボディカラー:パールホワイト(op7万1500円)
※価格はすべて消費税込み

パノラミックガラスルーフはop(10万2000円) サンルーム感覚の開放感演出
GTラインはフルLEDヘッドライト標準 ライオンの牙をイメージした縦型デイランニングライト装備
タイヤは205/45R17ミシュラン アルミは切削光輝ブラックツートンスペアはスぺースセーバー仕様
1199cc直3DOHC12Vターボ 100㎰/5000rpm 205Nm/1750rpm 吹き上がり軽快 全域で必要十分なパワーを発揮 WLTCモード燃費:17.0km/リッター

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年10月号

  • ・新車速報 新型SUBARUレヴォーグ
  • ・新車試速報 新型ホンダe
  • ・特集 最新コンパクト・クロスオーバーSUVの世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る