ー 

スズキの福祉車両ウィズシリーズ「スペーシア 車いす移動車」が安全装備を拡充して発売

Writer:大貫直次郎 

スズキが「スペーシア 車いす移動車」の仕様変更を実施。先進安全装備や機能装備のさらなる充実化を図る

 スズキは9月16日、福祉車両ウィズシリーズの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア 車いす移動車」の仕様変更を行い、同日より発売した。
車種展開は以下の通り。
ハイブリッドG リアシート無車(2WD):157万円
ハイブリッドG リアシート付車(2WD):160万5000円
ハイブリッドX リアシート付車(2WD):174万6000円

▲スズキ・スペーシア 車いす移動車・ハイブリッドX リアシート付車 価格:CVT174万6000円 全長3395×全幅1475×全高1785mm/ホイールベース2460mm 車重920kg 乗車定員4名(車いす搭載時は3名) 写真のボディカラーはオフブルーメタリック

 スペーシア 車いす移動車は、介助する人の負担を軽減するため、車両後部のスロープをワンアクションで開閉でき、車いすでのスムーズな乗せ降ろしを可能とした軽規格の福祉車両である。
 今回の仕様変更では、安全装備や機能装備の拡充がメインメニューとなる。まず安全装備では、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」の標準装備化を実施。また機能装備では、ハイブリッドXグレードにUSB電源ソケット(2個)や時間調整付フロント間欠ワイパーを追加設定した。

▲夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備化

 ボディカラーに関しては、オフブルーメタリック/シルキーシルバーメタリック/ピュアホワイトパールの3色を設定。パワートレインはべース車のスペーシアと基本的に共通で、発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により減速時のエネルギーを利用して発電し、専用リチウムイオンバッテリーに充電して、その電力を活かして加速時にはモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドシステムのR06A型658cc直列3気筒DOHC12V・VVTエンジン(52ps/6.1kg・m)+WA05A型モーター(2.3kW/50Nm)を搭載。トランスミッションには軽量化と高効率化を果たしたCVTを組み込み、駆動機構には2WD(FF)を採用している。

▲ボディカラーは全3色を設定。写真はシルキーシルバーメタリック
▲ピュアホワイトパールのボディカラー。スペーシア 車いす移動車は経済産業省や国土交通省などが普及を進める「サポカーSワイド」に該当する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年1月号

  • ・巻頭レポート 新型SUBARU・BRZ
  • ・スペシャルピックアップ/試乗レポート
  • ・特集 元気が出るクルマ選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る