• TOP
  • 軽スーパーハイトワゴンの三菱eKクロススペース/eKスペースに福祉車両「助手席ムービングシート仕様車」を設定

 ー 

軽スーパーハイトワゴンの三菱eKクロススペース/eKスペースに福祉車両「助手席ムービングシート仕様車」を設定

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車の新世代軽スーパーハイトワゴン「eKクロススペース」「eKスペース」に、電動で助手席シートが回転してスライドダウンするタイプの福祉車両「助手席ムービングシート仕様車」が登場

 三菱自動車は9月17日、軽スーパーハイトワゴンのクロスオーバーモデル「eKクロススペース」と標準モデル「eKスペース」に、福祉車両「助手席ムービングシート仕様車」を設定し、同日より発売した。
架装費用(44万8000円)を加えた車両価格および車種展開は以下の通り。
■eKクロススペース「助手席ムービングシート仕様車」
M:4WD209万6000円
G:2WD224万6000円
■eKスペース「助手席ムービングシート仕様車」
G:2WD188万3000円/4WD213万8000円
T:2WD210万3000円

▲三菱eKスペース T(2WD)「助手席ムービングシート仕様車」 価格:CVT210万3000円 全長3395×全幅1475×全高1780mm/ホイールベース2495mm 車重1000kg 乗車定員4名 助手席シートには組み込み式のアームレストおよびフットレストを装備する

 今回設定した三菱eKクロススペース/eKスペース「助手席ムービングシート仕様車」は、電動で助手席シートを回転して車外へスライドダウンさせ、車いすの座面とほぼ同じ高さ(455mm)とすることで、利用者の乗降の負担を軽減。同車の特長である広い室内空間およびフロントドア開口部による頭上空間の余裕と相まって、安心して乗り降りできる仕組みとした。

▲電動で助手席シートを回転して車外へスライドダウンさせ、車いすの座面とほぼ同じ高さとすることで、利用者の乗降の負担を軽減した

 また、助手席シートの回転時と昇降時に着座姿勢をサポートする胸部固定ベルトを装備して安全性を確保。さらに、助手席シート組み込み式のアームレストおよびフットレストを採用して快適性を向上させる。ほかにも、スライドダウン操作を手元で行えるリモコンスイッチや助手席シート昇降用固定スイッチ(助手席ドアトリム)、ラゲッジスペースに車いす固定用ゴムネットを設定することで、利便性を高めた。

▲助手席シートの回転時と昇降時に着座姿勢を支える胸部固定ベルトを装備
▲スライドダウン操作を手元で行えるリモコンスイッチを採用
▲ラゲッジスペースに車いす固定用ゴムネットを設定する

 なお、ベースモデルでメーカーオプション設定の先進安全パッケージや運転席側ハンズフリーオートスライドドアなどは標準装備(一部グレードは除く)。前席は回転機能を持つ助手席シートを装着するためにセパレートシートとなる。パワーユニットはベースモデルと基本的に共通で、ハイブリッドシステムを組み込む自然吸気エンジンのBR06型659cc直列3気筒DOHC12V(52ps/6.1kg・m)+SM21型モーター(2.0kW/40Nm)+リチウムイオン電池(M、Gグレード)とターボエンジンのBR06型659cc直列3気筒DOHC12Vインタークーラー付ターボ(64ps/10.2kg・m)+SM21型モーター(2.0kW/40N・m)+リチウムイオン電池(Tグレード)を設定した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る