ー 

スモールSUVのフィアット500Xの限定モデル「500Xインディゴ」が日本上陸

Writer:大貫直次郎 

フィアットの都会派スモールSUV「500X」にブルーのマット塗装や18インチアルミホイールを採用した150台限定の「500Xインディゴ」が登場

 FCAジャパンは9月23日、フィアット・ブランドのスモールSUVである「500X」に限定モデル「500Xインディゴ(Indigo)」をラインアップし、本年10月3日に発売すると発表した。車両価格は347万円の設定で、販売台数は150台の限定だ。

▲フィアット500Xインディゴ 価格:6SMT347万円 全長4280×全幅1795×全高1610mm ホイールベース2570mm 車重1440kg 乗車定員5名 デニムをイメージしたマットジーンズブルーの専用ボディカラーを採用する。販売台数は150台限定

 今回の限定車は、通常モデルの500Xクロスをベースに、デニムをイメージしたマットジーンズブルーの専用ボディカラーを採用。光沢感を抑えたマットの淡いブルーが、シックかつモダンな雰囲気を創出する。また、足もとにはベースモデルより1インチ大きい18インチの10スポークアルミホイール+225/45R18タイヤを装着した。ボディサイズは全長4280×全幅1795×全高1610mm/ホイールベース2570mmに設定している。

▲足もとにはベースモデルより1インチ大きい18インチ10スポークアルミホイール+225/45R18タイヤを装着

 内装については、ブラック基調のインテリアカラーに、ボディ色とコーディネートしたブルーのインストルメントパネルを配備。ベース車と同様、レザーシートおよび前席8ウェイパワー調整機構&ヒーター機構やレザーステアリング(オーディオコントロール/クルーズコントロール付)、レザーシフトノブ、アンビエントランプを標準で採用した。

▲ブラックのインテリアカラーを基調に、ボディ同色でコーディネートしたブルーのインストルメントパネルを配備。ハンドル位置は右

 パワートレインに関しては、新世代のオールアルミ製“FireFly”1331cc直列4気筒マルチエア16Vインタークーラー付ターボエンジン(151ps/270Nm)+6速乾式デュアルクラッチオートマチックを搭載して前輪を駆動する。機能装備も充実しており、デュアルゾーン式フルオートエアコンやApple CarPlay/Android Auto対応7インチタッチパネルモニター付インフォテインメントシステムUconnect、3.5インチカラーTFTメータークラスター、LEDヘッドライト&LEDフォグランプなどを標準で装備。また、セーフティ機構ではクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、アダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警報、リアパーキングカメラ/リアパーキングセンサー、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、フロントパーキングセンサー、自動ハイビームなどを標準で組み込んだ。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る