• TOP
  • 「最新モデル試乗」ボルボXC40の新たな個性。環境に優しいリチャージ・プラグインHVの北欧スタイル

 ー 

「最新モデル試乗」ボルボXC40の新たな個性。環境に優しいリチャージ・プラグインHVの北欧スタイル

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

ボルボXC40リチャージ・プラグインHV・T5インスプリクション 価格:7SMT 649万円 試乗記

ボルボXC40リチャージ・プラグインHV・T5インスプリクション XC40初のプラグインモデル 通常走行はモーター主体 走行モードは5種設定 駆動方式はFF
ボルボXC40リチャージ・プラグインHV・T5インスプリクション XC40初のプラグインモデル 通常走行はモーター主体 走行モードは5種設定 駆動方式はFF

XC40がプラグインHVとマイルドHVにラインアップ刷新

 ボルボのコンパクト・クロスオーバーSUV、XC40のラインアップが一新された。ボルボの掲げる環境負荷低減プログラムにしたがって、パワーユニットの電動化が図られた。パワートレーンは、XC40初のプラグインHVと48VマイルドHVの2シリーズ。48VマイルドHVは、高出力のB5と標準仕様のB4の2種のチューンを設定している。

 試乗車はプラグインHVモデル。正式名称はリチャージ・プラグインHV・T5インスプリクション。価格は649万円。上級モデルのXC60・B5・AWDモメンタム(634万円)とほぼオーバーラップする。

 心臓部は、1.5リッター直3DOHC12Vターボ(180ps/265Nm)とモーター(60kW/160Nm)の組み合わせ。トランスミッションは7速DCT。システム総合出力は262ps。満充電時のEV走行可能距離は45.6km。ハイブリッド時のWLTCモード燃費は14.0km/リッターだ。

 走りは上質でナチュラル。ドライブモードはモーター走行を最優先するピュア、状況に応じてエンジンとモーターを適宜使用するハイブリッド、エンジンとモーターを常時稼動しパワフルな走りを追求したダイナミックなど5種を設定。試乗はハイブリッド・モードで行った。

写真は2020年モデル 秋から販売される2021年型は外装細部をリファイン 全長×全幅×全高4425×1875×1660mm 車重1790kg

モーターが主役の上質な走り。各部の完成度にあらためて感銘

 街中を周囲の流れに乗って走るシーンでは、モーターが主役。右足の踏み込みに応じて気持ちのいい加速を披露する。圧倒的な静かさをキープしたまま、意のままにスピードを上げる感覚は、XC40の上質感を従来以上に高めていた。

 高速道路の流入など強い加速時は、エンジンがアシスト。そんな状態でも上質さはそのままだ。エンジン音は遠くから聞こえてくる感覚。ほとんど気にならない。3気筒と聞いて音や振動面を心配したが、杞憂だった。

 試乗開始時のEV走行可能距離はメーター表示で31km。街中を主体に約40km走った後でも29kmとほとんど変わらなかった。走行中適宜エネルギー回生が行われた結果だ。プラグインHVモデルながら、ハイブリッド・モードを選ぶとバッテリー残量をほぼ気にせずにモーターの恩恵を受けられる。

 久しぶりにXC40に触れて、クルマとしての基本ポテンシャルの高さに感銘を受けた。ハンドリングは正確で、乗り心地はしっかりとした感触。室内は広く、作りは入念。しかもボディサイズは日本の道路環境に最適な設定である。環境性能に優れたパワーユニットを得て、XC40の完成度はますます高まった。クラストップ水準のセーフティデバイスと相まって、1台のクルマとじっくりつきあうドライバーに最適のモデルだ。

インパネは機能的なデザイン 中央の9インチディスプレイに各種コントロールを集約 高い着座位置からの視界はワイド 静粛性は全域ハイレベル ステアリングは軽めの設定
シートは本革 サポート性と座り心地良好 前席電動調節機構&前後シートヒーター標準
駆動バッテリーはセンタートンネル配置 荷室は広く通常モデルと同等
メーターはフル液晶タイプ 地図を中央に表示できる 標識認識機能付き
7速DCTは滑らかなシフトフィール シフトノブはクリスタル製 パドルシフト未設定
ACCは全車速対応タイプ 各種安全装備とのセットで快適な走りを支援
バックカメラ標準 写真の俯瞰モードのほか各種表示モード設定 映像はクリアで見やすい
開口部がワイドなパノラマガラスサンルーフ標準装備
LEDヘッドライトはトーチハンマーをモチーフにしたボルボ共通意匠 フォグランプ標準
235/50R19+7.5Jアルミ装着 足回りはしっかりとした設定 最小回転半径5.7m
1476cc直3DOHC12Vターボ(180ps/265Nm)+モーター(60kW) システム出力262ps WLTCモード燃費:14.0km/リッター
充電リッドは左側フロントフェンダー部にレイアウト

ボルボXC40リチャージ・プラグインHV・T5インスプリクション 主要諸元と主要装備

グレード=リチャージ・プラグインHV・T5インスクリプション
価格=7SMT 649万円
全長×全幅×全高=4425×1875×1660mm
ホイールベース=2700mm
トレッド=フロント1600×リア1625mm
最低地上高=210mm
車重=1790kg
エンジン=1476cc直3DOHC12Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=132kW(180ps)/5800rpm
最大トルク=265Nm(27.0kgm)/1500~3000rpm
モーター最高出力=60kW/4000~11500rpm
モーター最大トルク=160Nm/3000rpm
充電電力使用時走行距離=45.6km
WLTCモード燃費=14.0km/リッター(燃料タンク容量48リッター)
(市街地/郊外/高速道路=11.4/14.8/15.1km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ディスク
タイヤ&ホイール=235/50R19+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.7m
●主な燃費改善対策:プラグインハイブリッド/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/アイドリングストップ/電動パワーステアリング/ブレーキエネルギー回生システム
●主要装備:6エアバッグ/セーフティヘッドレスト/シティセーフティ(プリクラッシュブレーキ+歩行者&サイクリスト&大型動物検知機能+対向車対応機能+インターセクションサポート)/全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール/レーンキーピングエイド/ステアリングアシスト付きブラインドスポットインフォメーション/レーンチェンジマージエイド/クロストラフィックアラート/ロードサインインフォメーション/フルアクティブハイビーム/360度ビューカメラ/道路逸脱事故時保護機能/電動パーキングブレーキ/レザーシート/前席電動調節機能/前後席シートヒーター/クリスタルシフトノブ/ドリフトウッドパネル/タッチスクリーンHDDナビゲーション/ハーマンカードン・プレミアムオーディオ/パワーテールゲート/パノラマガラスサンルーフ/新車時5年保証
●装着メーカーop:パワーチャイルドロック1万4000円/トレーラーモジュール・プレパレーション8200円
●ボディカラー:ペブルグレーメタリック(op8万5000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は2万3800円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る