• TOP
  • メルセデス・ベンツのプレミアム4ドアクーペ「CLS」が商品改良。対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備

 ー 

メルセデス・ベンツのプレミアム4ドアクーペ「CLS」が商品改良。対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備

Writer:大貫直次郎 

メルセデス・ベンツが「CLS」をマイナーチェンジ。最新の「MBUX」の標準装備化や安全運転支援システムのアップデートを実施

 メルセデス・ベンツ日本は9月28日、プレミアム4ドアクーペ「CLS」の一部改良を実施し、同日より予約受注を開始した。
車種展開は以下の通り。
CLS220dスポーツ:842万円
CLS450 4MATICスポーツ(ISG搭載モデル):1095万円
メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(ISG搭載モデル):1343万円
なお、ユーザーへの納車はメルセデスAMG CLS53 4MATIC+が9月28日より、その他のモデルは2021年1月以降を予定する。

▲メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ 価格:9SAT842万円 全長4996×全幅1896×全高1436mm(欧州参考値) ホイールベース2940mm 乗車定員5名 新規のボディカラーとしてモハーベシルバーとハイテックシルバーを追加設定する

 今回の改良は、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」を標準装備化したことが最大の特徴だ。自然対話式音声認識機能は多くのインフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加え、クライメートコントロールや各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応している。
 また、安全運転支援システムのアップデートも敢行。歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付の「アクティブブレーキアシスト」や、停車時にドアを開けようとした際に後方から障害物が迫っている場合の警告機能を追加する。さらに、新規のボディカラーとしてモハーベシルバーとハイテックシルバーをラインアップした。

▲対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」を標準装備化した

 パワートレインは基本的に従来と共通で、CLS220dスポーツにOM654型1950cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(194ps/400Nm)+電子制御9速ATを、CLS450 4MATICスポーツにM256型2996cc直列6気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(367ps/500Nm)+ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)/48V電気システム(モーター出力16kW/250Nm)+リチウムイオン電池+電子制御9速ATを、メルセデスAMG CLS53 4MATIC+にM256型2996cc直列6気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(435ps/520Nm)+ISG/48V電気システム(モーター出力16kW/250Nm)+リチウムイオン電池+AMGスピードシフトTCT(電子制御9速AT)を搭載。駆動レイアウトはCLS220dスポーツがFR、CLS450 4MATICスポーツが可変トルク配分を行う4WDシステムの4MATIC、メルセデスAMG CLS53 4MATIC+が可変トルク配分を行う4WDシステムのAMGパフォーマンス4MATIC+で構成している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る