ー 

改良版のBMW5シリーズをベースとした2車種/3グレードの「Mモデル」が日本上陸

Writer:大貫直次郎 

BMWがM5およびM550i xドライブをマイナーチェンジ。ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能を標準装備すると同時に、内外装デザインの一部変更や機能装備のアップデートを実施

 BMWジャパンは9月29日、BMW M社が開発するMハイパフォーマンスモデルのBMW M5とMパフォーマンスモデルのM550i xドライブを商品改良し、同日より発売した。
車種展開は以下の通り。
M5:1792万円
M5コンペティション:1877万円
M550i xドライブ:1319万円
なお、ユーザーへの納車は本年10月以降を予定する。

▲BMW M5コンペティション 価格:8SAT1877万円 全長4990×全幅1905×全高1475mm ホイールベース2980mm 車重1940kg 乗車定員5名

 今回の改良は、先に登場した改良版の5シリーズと同様、機能装備のグレードアップや内外装の一部仕様変更などがメインメニューだ。
 まず機能面では、高性能3眼カメラ&レーダーおよび高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性を増した最先端の運転支援システムを全モデルに標準装備。合わせて、高速道路での渋滞時においてドライバーの運転負荷を軽減して安全に寄与する運転支援システムの「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を標準で採用した。

▲高速道路での渋滞時においてドライバーの運転負荷を軽減して安全に寄与する運転支援システムの「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を標準で装備する

 また、「OK, BMW」と話しかけることで車両の操作、目的地の設定などが可能となるBMWインテリジェントパーソナルアシスタントをはじめ、Apple CarPlayにも対応したBMWコネクテッドドライブを標準で装備。加えて、車両のキーを持たなくてもiPhoneをドアハンドルにかざすことで車両のロック解除/施錠、さらにエンジンの始動も可能なBMWデジタルキーも標準で設定した。

▲ヘッドライトをL字型の新LEDタイプに変更し、BMW伝統の4灯ヘッドライトを表現しながらモダンかつスポーティなイメージを際立たせる
▲BMW伝統のL字型コンビネーションライトをより立体的な造形とし、合わせて周囲をブラックアウトして、いっそうスポーティで精悍なリアビューを演出した

 M5のエクステリアについては、ダブルバー・キドニーグリルをよりワイドに一体化し、かつ立体的な造形としたうえで、ボディ側面のエアブリーザーとともにMギルを組み込むなどして、Mハイパフォーマンスモデルであることを目一杯に主張。また、ヘッドライトをL字型の新LEDタイプに変更し、BMW伝統の4灯ヘッドライトを表現しながらモダンかつスポーティなイメージを際立たせる。さらに、リアビューではBMW伝統のL字型コンビネーションライトをより立体的な造形とし、合わせて周囲をブラックアウトして、いっそうスポーティで精悍な後ろ姿を創出した。一方、M5コンペティションはハイグロスブラック仕上げの新造形キドニーグリルやモデルバッチ、ドアミラー、リアスポイラーなどを専用装備。よりアグレッシブなアピアランスに仕立てている。

▲内装にはMのロゴを刻んだ新デザインのセレクターレバーやカーボンファイバーで仕立てたインテリアトリムなどを採用してM5ならではの個性を強調。日本導入モデルのハンドル位置は右/左

 内包するインテリアは、Mのロゴを刻んだ新デザインのセレクターレバーをはじめ、Mレザーステアリングホイールに配した赤色のMボタンやセンターコンソールに設けた赤色のスタート/ストップボタン、カーボンファイバーで仕立てたインテリアトリムなどを採用して、M5ならではの個性を際立たせる。また、立体的にデザインしたうえで、両脇のサイドボルスターや肩回りを大きくせり出す形状とした新開発のスポーツシートを装着。ヘッドレストには、Mのロゴをデザインした照明付きモデルバッジをセットした。

▲立体的にデザインしたうえで両脇のサイドボルスターや肩回りを大きくせり出す形状とした新開発のスポーツシートを装着

 走行面では、Mモデルの特徴であるエンジンレスポンス、ステアリング、サスペンション特性をドライバーが任意に設定変更できる機能に、ブレーキシステム設定の変更を新たに加えたことがトピックだ。また、センターコンソールには「M MODE(Mモード)」ボタンを新設定。これによりメーターパネルおよびヘッドアップディスプレイの表示方法や、運転支援システムの介入レベルをROAD(ロード)/SPORT(スポーツ)のいずれかのモードに変更することが可能となる。さらに、M5コンペティションには運転支援システムの快適性と安全に関する全ての機能が無効になるサーキット走行向けのTRACK(トラック)モードを設定した。

▲Mモデルの特徴であるエンジンレスポンス、ステアリング、サスペンション特性をドライバーが任意に設定変更できる機能に、ブレーキシステム設定の変更を新たに加える
▲センターコンソールには「M MODE(Mモード)」ボタンを新設定する

 パワートレインは基本的に従来と共通で、4394cc・V型8気筒DOHC・Mツインパワーターボエンジン+ドライブロジック付8速Mステップトロニックトランスミッションを搭載。パワー&トルクはM5が600ps/750Nm、M5コンペティションが625ps/750Nmを発生する。駆動システムには、ダイミックスタビリティコントロール(DSC)の介入を極端な状況のみに限定した、Mモデル専用4輪駆動システムのM xDriveを採用。制動機能には、アクセル全開時の高負荷条件下でも優れた安定性を実現したM専用インテグレーテッドブレーキシステムを組み込んでいる。

▲M5コンペティションの4394cc・V型8気筒DOHC・Mツインパワーターボエンジンは625ps/6000rpmの最高出力と750Nm/1800~5860rpmの最大トルクを発生

 一方、M550i xドライブについては、Mパフォーマンスモデル専用色となるセリウムグレーを新造形のキドニーグリルやエアインテーク、エアブリーザー、ミラーキャップに採用。パワートレインには専用セッティングの4394cc・V型8気筒DOHCツインターボエンジン(530ps/750Nm)+8速スポーツATを搭載し、駆動機構にはインテリジェント4輪駆動システムのxDriveやMディファレンシャルを、懸架機構にはMアダプティブサスペンションを設定している。

▲BMW M550i xドライブ 価格:8SAT1319万円 全長4975×全幅1870×全高1465mm ホイールベース2975mm 車重1950kg 乗車定員5名 専用色となるセリウムグレーを新造形のキドニーグリルやエアインテーク、エアブリーザー、ミラーキャップに採用する
▲4394cc・V型8気筒DOHCツインターボエンジンは530ps/5500rpmの最高出力と750Nm/1800~4600rpmの最大トルクを絞り出す

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る