• TOP
  • 「最新モデル試乗」より目立つ!ワイルドなトヨタ・ハイラックスの豪快な走り

 ー 

「最新モデル試乗」より目立つ!ワイルドなトヨタ・ハイラックスの豪快な走り

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

トヨタ・ハイラックスZ 価格:6SAT 387万6000円 試乗記

トヨタ・ハイラックスZ 価格:6SAT 387万6000円 定員5名のキャビンを持つ多機能4WDピックアップ 強靭なラダーフレーム採用 タフネス性は超一級 1ナンバー登録の商用車 日本仕様はタイ工場製
トヨタ・ハイラックスZ 価格:6SAT 387万6000円 定員5名のキャビンを持つ多機能4WDピックアップ 強靭なラダーフレーム採用 タフネス性は超一級 1ナンバー登録の商用車 日本仕様はタイ工場製

最新モデルは、よりワイルドで安全にリファイン

 ハイラックスがマイナーチェンジした。ハイラックスは「タフなトヨタ」を代表するワールド・ピックアップ。「イノベイティブ・インターナショナル・マルチパーパスビークル」をコンセプトに開発され、日本にはタイ工場生産車が輸入される。

 改良ポイントは、内外装のリフレッシュと、エンジンの改良、そして安全装備の充実。2.4リッター直4ディーゼルは各部がリファインされ、アイドリングストップ機構を新搭載。150ps/3400rpm、400Nm/1600~2000rpmのスペックはそのままに、燃費を従来比で約15%改善した。WLTCモード燃費は11.7km/リッター。安全装備は上級グレードのZにプリクラッシュセーフティと車線逸脱警報、クリアランス&バックソナーを標準装備している。

 試乗車は精悍な印象のダークブルーマイカのZ。実際に対面すると、その堂々とした体躯に圧倒される。ボディサイズは全長×全幅×全高5345×1855×1800mm。日本の道路環境で使うには注意が必要な大きさだ。
 とはいえ、5名乗りのキャビンと、広いラゲッジ空間(最大積載量500kg)を組み合わせたわりには、適度なサイズにまとめたというべきだろう。なにより魅力的なのは、スタイリッシュなこと。力強くアクティブな造形は、通常のSUVでは得られない「自由な雰囲気」を発散する。

全長×全幅×全高5340×1855×1800mm 車重2100kg 最小回転半径6.4m リアゲートの「TOYOTAロゴ」はop(2万900円)

力強いパフォーマンス。加速力は十分以上!

 取り回し性は意外に良好。高めの着座位置の効果で、視界はワイド。バックカメラや新設定の前後ソナーが狭い場所での操作性をアシストする。最小回転半径は6.4mと、小回りは利かないが、慣れれば狭い道でも自信を持って操れた。

 走りは思いのほか力強く、洗練されている。2.4リッターディーゼルは、2.1トンのヘビーウエイトをものともしないパワーの持ち主。加速力は十分以上。アクセルを軽く踏み込むだけで周囲の流れに乗れ、高速道路での追い越しも自然にこなす。最新ディーゼルらしく静粛性が全般に高く、回転フィールが滑らかな点も長所だ。新型はアイドリングストップが装備され、環境への配慮も十分。6速ATがスムーズな変速フィールを提供することもあり、どこまでも走って行きたいと思わせる。今回の約200kmの試乗では、WLTCモード燃費とほぼ同等の11.6km/リッターの燃費をマークした。

最新モデルはフロントグリル形状を一新 タフなイメージを強調 ヘッドライトはウオッシャー付きバイビームLED フォグ標準

4WDはセレクティブ式。乗り心地はちょっぴりハード

 駆動方式はセレクティブ4WD。FR/4WDハイ/4WDローはインパネ下部に配置されたダイヤルで切り替える方式。センターデフが未装備のため、4WDは基本的に雪道やオフロード用。通常はFRで走る。
 フットワークは高水準。安定性は高く、高速走行時の直進性も上々。ステアリングの反応はマイルドだが、山岳ワインディングロードも意のままにこなせた。並のSUVより骨っぽいが、それがドライビングの面白さを盛り上げる。

 ピックアップらしさを感じさせたのは乗り心地。空荷だった事情もあり、リアからつねにダイアゴナルなショックが伝わってきた。これは一般的な舗装路でも気になるレベル。スピードが上昇するとややフラットな印象に変化するが、ハードな乗り心地という印象はそのまま。終止、体が揺すられるので、少し疲れる。試乗車の走行距離はまだ1500kmほど。もう少し走り込めば、足回りがなじみ、快適性は改善されるのだろうか。
 ハイラックスは、いままでとは違う生活スタイルをサポートする自由な乗り物。道や使用シーンを選ばないマルチパーパス4WDだ。SUVやスポーツカーの次の選択肢として実に魅力的である。

インパネは機能重視のシンプル形状 Zは本革巻きステアリング標準 ハンドリングは安定性重視 高い着座位置からの視界はワイドで車両感覚は把握しやすい 写真のナビはディーラーop(19万6900円) 静粛性ハイレベル
シートは大型形状ファブリック 前後席ともスペースは余裕たっぷり 後席は6対4座面チップアップ機構付き 室内への荷物積み込みに対応 乗り心地はややハード
リアデッキは最大床面長1520mm 最大積載量500kg 写真の樹脂製カバーはop(11万4400円)
メーターはオプティトロン式2眼形状 中央の4.2インチ液晶ディスプレイに各種情報を表示するシステム
トランスミッションは6速マニュアルモード付き6AT 走行モード切り替え付き
2WD/4WDハイ/4WDローはダイヤル切り替えタイプ 悪路用ヒルディセントコントロール機構標準
2393cc直4DOHC16Vディーゼルターボ 150ps/3400rpm 400Nm/1600~2000rpm 全域パワフル 燃費は従来比約15%リファイン WLTCモード燃費:11.7km/リッター
Zは265/65R17タイヤ+ダークグレー塗装7.5Jアルミ装着 最低地上高215mm

トヨタ・ハイラックスZ 主要諸元と主要装備

グレード=Z
価格=6SAT 387万6000円
全長×全幅×全高=5340×1855×1800mm
ホイールベース=3085mm
トレッド=フロント1535×リア1550_mm
車重=2100_kg
エンジン=2393cc直4DOHC16Vディーゼルターボ(軽油仕様)
最高出力=110(150)/3400kW(ps)/rpm
最大トルク=400(40.8)/1600~2000Nm(kgm)/rpm
WLTCモード燃費=11.7_km/リッター(燃料タンク容量80リッター)_
(市街地/郊外/高速道路=10.1/11.6/12.6_km/リッター)
サスペンション=フロント・ダブルウィッシュボーン/リア・半楕円リーフ
ブレーキ=フロント・ベンチレーテッドディスク/リア・ドラム
タイヤ&ホイール=265/65R17+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=6.4_m
●主要燃費改善項目:直噴エンジン/電子制御式燃料噴射/過給器/インタークーラー/高圧噴射/アイドリングストップ
●主要装備:プリクラッシュセーフティ/レーンディパーチャーアラート/レーダークルーズコントロール/ロードサインアシスト/先行車発進告知機能/クリアランスソナー&バックソナー/アクティブトラクションコントロール/ダウンヒルアシストコントロール/オートLSD/バイビームLEDヘッドライト/ウインカー内蔵電動格納式ドアミラー/メッキ加飾リアバンパー/本革巻きステアリング&シフトノブ/チルト&テレスコピック機構/オートAC/オプティトロンメーター/アッパーボックス(AC送風装置付き)/上級ファブリックシート/運転席6ウェイ&助手席4ウェイ前席調節機能/6対4分割チップアップシート/後席センターアームレスト/アクセサリーソケット(DC12V・2個)/6スピーカー/サイドステップ/前後マッドガード/グリーンガラス/ばね上制振制御/バックカメラ/シーケンシャルシフトマチック/寒冷地仕様
●主要装着ディーラーop:ユーティリティパッケージA(ゲートプロテクター&カバー付きベッドライナー)11万4400円/TコネクトナビDCMパッケージ19万6900円/ETC2.0ユニット3万3000円/フロアマット3万6300円/TOYOTAデカール2万900円
●ボディカラー:ダークブルーマイカ
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万1330円
※バックカメラの利用にはディーラーopナビが必要

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る