ー 

パリの街並みで存在感を放つルノー・トゥインゴの限定車「トゥインゴ・サンドレ」が日本上陸

Writer:大貫直次郎 

歴史あるパリの街並みの風景に映えるシルバーグレーのボディカラーを纏ったルノー・トゥインゴの特別仕様車「トゥインゴ・サンドレ」が100台限定で発売

 ルノー・ジャポンは10月2日、人気コンパクトカーのトゥインゴに特別仕様車の「トゥインゴ・サンドレ」をラインアップし、同日より発売した。車両価格は215万円の設定で、販売台数は100台の限定。購入申込は10月2日から11日まで受け付け、10月12日に抽選して購入者を決定するという。

▲ルノー・トゥインゴ・サンドレ 価格:6SMT215万円 全長3645×全幅1650×全高1545mm ホイールベース2490mm 乗車定員4名 販売台数は100台限定

 今回の特別仕様車は、通常モデルのトゥインゴEDCをベースに、歴史あるパリの街並みの風景に映えるスタイリングに仕立てたことが特徴である。車名の“サンドレ”はフランス語で“灰”を意味し、ボディカラーにエレガントなシルバーグレーの「グリ リュネールM」を採用したことにちなんで命名した。

▲歴史あるパリの街並みの風景に映えるシルバーグレーのボディカラー「グリ リュネールM」を採用する

 外装では、クロームドアミラーカバーやボディ同色サイドプロテクションモール(TWINGOロゴ入り)、コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ、プライバシーガラスなどを特別装備。足もとには16インチアロイホイール(タイヤサイズは前185/50R16/後205/45R16)を組み込む。

▲クロームのドアミラーカバーがアクセントとして引き立つ
▲TWINGOロゴ入りボディ同色サイドプロテクションモールを特別装備
▲足もとには16インチアロイホイールを装着する

 内装については、グレーの縁取りを施したレザー調×ファブリックコンビシートや前席シートヒーター、ブラック内装トリム(ダッシュボード、エアコンベゼル)を専用装備。さらに、サブウーハーやリアシート下収納ネットなどを組み込んで機能性を向上させた。

▲インテリアにはブラック内装トリムを採用。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲グレーの縁取りを施したレザー調×ファブリックコンビシートを専用装備

 パワートレインは標準モデルのトゥインゴEDCと基本的に共通で、897cc直列3気筒DOHC12Vターボエンジン(92ps/135Nm)+6速EDC(エフィシエント・デュアル・クラッチ)を搭載する。ボディサイズは全長3645×全幅1650×全高1545mm/ホイールベース2490mmに設定した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る