• TOP
  • 商品改良を図ったメルセデス・ベンツ「Eクラス」クーペ/カブリオレが日本デビュー。内外装デザインの仕様変更や機能装備の拡充を実施

 ー 

商品改良を図ったメルセデス・ベンツ「Eクラス」クーペ/カブリオレが日本デビュー。内外装デザインの仕様変更や機能装備の拡充を実施

Writer:大貫直次郎 

メルセデス・ベンツ「Eクラス」クーペ/カブリオレがマイナーチェンジ。ダイナミックさが増したエクステリアやARナビゲーションをセットしたMBUXの採用などを敢行

 メルセデス・ベンツ日本は10月5日、Eクラスのクーペ/カブリオレのマイナーチェンジモデルを発表し、同日より予約注文の受付を開始した。ユーザーへの納車は本年10月から順次実施する。
車種展開は以下の通り。
■クーペ
E200クーペ スポーツ:832万円
E300クーペ スポーツ:919万円
E450 4MATICクーペ スポーツ(ISG搭載モデル):1167万円
メルセデスAMG E53 4MATIC+クーペ(ISG搭載モデル):1305万円

▲メルセデス・ベンツE200クーペ スポーツ 価格:9SAT832万円 全長4845×全幅1860×全高1430mm ホイールベース2875mm 車重1750kg 乗車定員4名 日本導入モデルのハンドル位置は右

■カブリオレ
E200カブリオレ スポーツ:871万円
E300カブリオレ スポーツ:956万円
E450 4MATICカブリオレ スポーツ(ISG搭載モデル):1226万円
メルセデスAMG E53 4MATIC+カブリオレ(ISG搭載モデル):1364万円

▲メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ 価格:9SAT871万円 全長4845×全幅1860×全高1430mm ホイールベース2875mm 車重1850kg 乗車定員4名 日本導入モデルのハンドル位置は右

 2017年にクーペ、2018年にカブリオレの新型Eクラスを発表して以来の大幅変更となる改良版のEクラス・クーペ/カブリオレは、先に日本上陸を果たしたEクラスのセダン/ステーションワゴンと同様、エクステリアのデザイン刷新や新世代ステアリングホイールの採用、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」および安全運転支援システムのバージョンアップなどが改良のメインメニューとなる。

▲ヘッドライトを最新のメルセデス・ベンツのスポーティモデル群に共通する、上下方向に薄く、わずかに切れ上がる造形に刷新。ラジエターグリルは下部が広がる台形とするとともにクローム仕上げのダイヤモンドグリルを配した
▲カブリオレは遮音性を高めた多層構造のアコースティックソフトトップを装備。カラーはブラック(写真)/ブラウン/ダークブルー/ダークレッドの4色を設定

 まずエクステリアは、クーペが伝統的なプロポーションである流れるように美しいルーフラインとそのラインが流れ着く大胆で力強いリアエンドを、カブリオレがアコースティックソフトトップを閉じた際の流麗なトップデザインと開けた際の伸びやかで端正なルックスを踏襲しながら、よりシャープでダイナミックな印象に仕立て直したことが特徴である。フロントマスクは、ヘッドライトを最新のメルセデス・ベンツのスポーティモデル群に共通する、上下方向に薄く、わずかに切れ上がる造形に変更。また、ラジエターグリルは下部が広がる台形とするとともに、クローム仕上げのダイヤモンドグリルを組み込んだ。さらに、バンパー下部左右に2本のフィンを配するなど、存在感をいっそう高める。一方、リアビューはワイドな2ピースデザインのブロック状LEDリアコンビネーションランプや大型のスリーポインテッドスター、水平基調のバンパーデザインなどを採用し、よりスポーティで精悍な後ろ姿を演出した。

▲新世代の3本ツインスポーク・ステアリングホイールを新設定する
▲長距離移動でも疲れにくい上質なシートは、身体をしっかりホールドすることでダイナミックなドライビング時の正確な運転操作もサポートする

 次にインテリアについては、メルセデス・ベンツの新世代ステアリングホイールである3本ツインスポークタイプを新設定したことがトピック。また、ナビゲーションおよびインストルメントクラスター内の各種設定や安全運転支援システムの設定を、すべて手元で完結できる機能も導入する。さらに、従来はタッチコントロールボタンへの接触やステアリングホイールにかかるトルクで判定していたディスタンスアシスト・ディストロニック使用時のハンズオフ検知機能のために、新たにリムに静電容量式センサーを備えたパッドを組み込んだ。

▲対話型インフォテインメントシステム「MBUX」にはAR(Augmented Reality=拡張現実)ナビゲーションを新採用した

 12.3インチの大型ワイドスクリーン2画面で構成する対話型インフォテインメントシステム「MBUX」の進化については、AR(Augmented Reality=拡張現実)ナビゲーションを新採用したことが訴求点。車両の前面に広がる現実の景色がナビゲーション画面の一部に映し出され、行先案内の際は進むべき道路に矢印が表示される。これにより、より直感的にどの道路に進むべきかが判断できるようになった。

▲安全運転支援機能のインテリジェントドライブには前方約250m、側方約40m、後方約80mを検知するレーダー、約90mの3D視を含む約500m前方をカバーするステレオカメラといった最先端のセンサーシステムを搭載

 安全運転支援機能のインテリジェントドライブのバージョンアップも見逃せない。今回は新たに、停車時にドアを開けようとした際、後方から障害物が迫っている場合の警告機能を採用。時速2km/h以上で後方から歩行者や自転車、自動車などが近づいている場合、ドアミラー外側にある警告表示灯が赤く点灯し、さらに乗員がドアハンドルに手をかけた時は、音と表示で乗員に警告する機能を組み込んだ。

▲E200スポーツにはM264型1496cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(184ps/280Nm)+BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)/48V電気システム(モーター出力10kW/38Nm)+リチウムイオン電池(容量約1kWh)+電子制御9速ATを搭載

 豊富なパワートレインの設定も注目ポイントだ。E200スポーツには、M264型1496cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(184ps/280Nm)+BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)/48V電気システム(モーター出力10kW/38Nm)+リチウムイオン電池(容量約1kWh)+電子制御9速ATを搭載。E300スポーツには、M264M20型1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(258ps/370Nm)+電子制御9速ATを採用する。

▲メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ 価格:9SAT919万円 全長4845×全幅1860×全高1430mm ホイールベース2875mm 車重1770kg 乗車定員4名 パワートレインにはM264M20型1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(258ps/370Nm)+電子制御9速ATを搭載。日本導入モデルのハンドル位置は右

 また、E450 4MATICスポーツには新たにM256型2996cc直列6気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(367ps/500Nm)+ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)/48V電気システム(モーター出力16kW/250Nm)+リチウムイオン電池(容量約1kWh)+電子制御9速ATを搭載した。

 一方、メルセデスAMG E53にはM256型2996cc直列6気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(435ps/520Nm)+ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)/48V電気システム(モーター出力16kW/250Nm)+リチウムイオン電池+AMGスピードシフトTCT(電子制御9速AT)を搭載。駆動システムには前50:後50から前0:後100の範囲で可変トルク配分を行う4輪駆動システムのAMG 4MATIC+を採用する。また、足回りには卓越したドライビングダイナミクスと優れた快適性を同時に実現したAMG RIDE CONTROL+サスペンションをセット。さらに、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルや専用デザインの大型リアディフューザーおよびクローム仕上げ円形デュアルエグゾーストエンドなどを装備して、流麗なクーペ/カブリオレのスタイリングをいっそうアグレッシブなイメージへと昇華させた。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る