• TOP
  • 「注目モデル試乗」珠玉の「赤バッジ」。ホンダらしさあふれるシビック・タイプRのスーパーな実力

 ー 

「注目モデル試乗」珠玉の「赤バッジ」。ホンダらしさあふれるシビック・タイプRのスーパーな実力

Writer:桂伸一 Photo:小久保昭彦

ホンダ・シビック・タイプR 試乗記

ホンダ・シビック・タイプR 2021年モデルは10月デビュー予定 エンジン冷却性/ブレーキ性能/足回りをリファイン エクステリアの特徴はフロントバンパーに追加されたフィン
ホンダ・シビック・タイプR 2021年モデルは10月デビュー予定 エンジン冷却性/ブレーキ性能/足回りをリファイン エクステリアの特徴はフロントバンパーに追加されたフィン

「FF世界最速」の座を競うアスリート。最新モデルはさらにサーキット性能をリファイン

 シビック・タイプRは、「FF世界最速」の座をつねに争っている日本の代表。デビューしてから早3年、間もなくエンジン冷却性能とブレーキ性能を高めたリファイン版がデビューする。
 魅力は、驚くほど高い基本ポテンシャル。新車開発の聖地、ドイツ・ニュルブルクリンクで素晴らしいタイムを刻む(現在はFF車世界第2位)ほか、好敵手ルノー・メガーヌRSに「道場破り」された鈴鹿サーキットのトップタイムを奪い返した。破られたら破り返す。タイプRはホンダ・スピリットにあふれたモデルだ。

 走りを支えるエンジンは2リッターVTECターボ。これに1.56barの加給圧をかけて320ps/6500rpm、400Nm/2500~4500rpmを発生。トランスミッションは、いまや古典的なHパターン6速MTである。
 ABCペダルを操作するため、走りはドライバーの技量に大きく左右される。シフトアップはともかく、シフトダウン時はミスシフトの危険が伴うため、自動で回転を合わせるレブマチックを装備。プロドライバー並みの回転ジャストミートによりスムーズな変速とクラッチミートがかなう。

大型リアスポイラーは高速走行時に有効なダウンフォースを発生 2021年モデルはレーシングブルーパールとポリッシュドメタルメタリックの新ボディカラーを設定

ハンドリングにアンダーステアは存在しない! 操るには相応のスキルが必要

 エンジン出力はスポーツ4WDに搭載できるほど余裕がある。それを前輪で駆動し、曲がり、制動する。400Nmの強烈なターボトルクで強烈に加速しながら、ステアリング操作した方向に身をねじるように曲がり、270km/hの最高速から急減速する。巨大なブレンボ製キャリパーがディスクローターをつかむ減速Gは頼もしい。

 ハンドリングにアンダーステアは存在しない_ 仮にアンダーステアをクルマ側が感知すると、舵角の当たった前輪イン側の片輪のみブレーキ圧を高めて、ノーズをコーナーの内側へと引き戻す。
 同時に前輪にはヘリカルLSDが装備され、旋回中とそこからの加速で内輪がホイールスピンした際に左右の回転差を抑制。高い旋回速度を可能にした。
 フロントサスは、新設計デュアルアクシス・ストラット、リアはマルチリンク式を装備。前後輪ともにタイヤの接地性は高い。乗り味は、路面からの小さな入力はソフトにいなし、大入力にはダンピングが勝りボディの動きを抑える。超高速直進安定性とハンドリングの高次元バランスは、まさにほれぼれする。

 シビック・タイプRは、切れ味鋭い世界最良のFFホットハッチ。その圧倒的な実力を引き出すには、MTを巧みに操れる運転技術が条件。相応のドライビングスキルが必要だ。

1995cc直4DOHC16Vターボ 320ps/6500rpm 400Nm/2500~4500rpm 最大加給圧1.56bar 幅広い領域で太いトルク発生 回転フィールはシャープ
245/30ZR20専用設計コンチネンタル装着 2ピースブレーキディスク新採用
最新型はフロントグリルの開口面積を拡大 ラジエターフィンのピッチを変更 冷却性能をアップ
最新型はリアバンパーサイドにフィンを追加 造形はディフューザー形状
エグゾーストエンドはセンター3本出し 排気音は刺激的な音色
2021年モデルはレーシーなアルカンターラ巻きステアリングを新採用 アダプティブダンパーなど各種セッティング変更でハンドリングをリファイン
前席は軽量設計バケット形状 シート素材はスエード調ファブリック
トランスミッションは6速MT 自動で回転を合わせるレブマッチング機能付き

ホンダ・シビック・タイプR 主要諸元

グレード=タイプR
価格=6MT 未定
全長×全幅×全高=4560×1875×1435mm
ホイールベース=2700mm
車重=1390kg
エンジン=1995㏄直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=235(320)_kW(㎰)/6500rpm
最大トルク=400(40.8)_Nm(㎏m)/2500~4500rpm
JC08モード燃費=12.8km/リッター(燃料タンク容量46リッター
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=245/30ZR20+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=4名
最小回転半径=5.9m
※スペックは2019年モデル

シビック・タイプRリミテッドエディション 世界限定1000台/日本販売予定200台の特別仕様車 BBS製専用鍛造スポークアルミの採用やインシュレーターの見直しで標準車比23kg軽量化 タイヤはミシュラン・パイロットスポーツカップ2装着 ボディカラーはサンライトイエロー2

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る