ー 

ボルボ初の量産電気自動車「XC40 Recharge」がいよいよ生産を開始

Writer:大貫直次郎 

ボルボが100%電動パワートレインの「XC40 Recharge」の生産をスタート。日本には2021年に導入予定

 ボルボ・カーズは10月1日(現地時間)、同ブランド初の量産BEV(バッテリー エレクトリック ビークル=電気自動車)となる「XC40 Recharge(リチャージ)」の生産を、ベルギーのゲント工場で開始したと発表した。

▲ボルボ初の量産BEV(バッテリー エレクトリック ビークル=電気自動車)となる「XC40 Recharge」の生産ラインが始動。日本での受注は2021年中に開始する予定

 XC40 Rechargeは、今後ボルボが市場投入を予定する数モデルのBEVの第1弾で、同時に2025年までにボルボ車1台あたりのCO2排出量を40%削減するというボルボ・カーズの目標に向けた記念すべき第1歩となる。
 なお、2020年内に製造される予定のXC40 Rechargeはすでに完売。最初の市販車両は、今月下旬に欧州のユーザーに納車されるという。日本での受注は、2021年中に開始する計画だ。

▲XC40 Rechargeはパワーユニットにシステム総出力408hpを発生する電動モーターを前後に搭載して4WDの駆動レイアウトを構成する

 改めてXC40 Rechargeの特徴を紹介しよう。基本骨格はボルボの小型車向け新世代プラットフォームのCMA(コンパクト モジュラー アーキテクチャー)がベースで、フロア部に安全ケージで保護した駆動用バッテリーパックをフラットに配置。パワーユニットにはシステム総出力408hpを発生する電動モーターを前後に搭載して4WDの駆動レイアウトを構成する。1回のフル充電での航続距離はWLTPモードで400km以上に達し、急速充電システムを使えば40分以内で容量80%までのバッテリー充電が可能だ。

▲1回のフル充電での航続距離はWLTPモードで400km以上を達成。急速充電システムを使えば40分以内で容量80%までのバッテリー充電が可能だ

 Androidを活用した新しいインフォテインメントシステムを導入したこともトピック。これまでにないパーソナライゼーションのほか、直観的な操作性を有するGoogleアシスタントやGoogleマップ、Google PlayストアといったGoogleのテクノロジーとサービスをユーザーに提供する。また、ソフトウェアやオペレーティングシステムのアップデートを無線で行える機能も採用した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る