ー 

日産エルグランドがマイナーチェンジ。内外装デザインの変更や先進安全技術の拡充を実施

Writer:大貫直次郎 

日産が最高級ミニバン「エルグランド」の商品改良を敢行。内外装デザインの刷新や360°セーフティアシストの全車標準装備化、特別仕様車「アーバンクロム」シリーズの新設定などで魅力度アップ

 日産自動車は10月12日、旗艦ミニバン「エルグランド」のマイナーチェンジを実施し、同日より発売した。

▲日産エルグランド250ハイウェイスターS アーバンクロム(2WD/乗車定員8名) 価格:6CVT398万900円 全長4975×全幅1850×全高1815mm ホイールベース3000mm 車重1930kg 漆黒のフロントグリルやフォグランプフィニッシャーを標準装備。写真のボディカラーはディープクリムゾン/ミッドナイトブラックの2トーン

 車種展開は以下の通り。
■VQ35DEエンジン搭載2WD車
350ハイウェイスター プレミアム(乗車定員7名):505万4500円
350ハイウェイスター(乗車定員7名):447万8100円
350ハイウェイスター(乗車定員8名):447万8100円
350ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム(乗車定員7名):526万3500円
350ハイウェイスター アーバンクロム(乗車定員7名):468万7100円
350ハイウェイスター アーバンクロム(乗車定員8名):468万7100円
■VQ35DEエンジン搭載4WD車
350ハイウェイスター プレミアム(乗車定員7名):535万1500円
350ハイウェイスター(乗車定員7名):477万5100円
350ハイウェイスター(乗車定員8名):477万5100円
350ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム(乗車定員7名):556万500円
350ハイウェイスター アーバンクロム(乗車定員7名):498万4100円
350ハイウェイスター アーバンクロム(乗車定員8名):498万4100円
■QR25DEエンジン搭載2WD車
250ハイウェイスター プレミアム(乗車定員7名):444万9500円
250ハイウェイスターS(乗車定員7名):369万4900円
250ハイウェイスターS(乗車定員8名):369万4900円
250ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム(乗車定員7名):465万8500円
250ハイウェイスターS アーバンクロム(乗車定員7名):398万900円
250ハイウェイスターS アーバンクロム(乗車定員8名):398万900円
■QR25DEエンジン搭載4WD車
250ハイウェイスター プレミアム(乗車定員7名):474万6500円
250ハイウェイスターS(乗車定員7名):399万1900円
250ハイウェイスターS(乗車定員8名):399万1900円
250ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム(乗車定員7名):495万5500円
250ハイウェイスターS アーバンクロム(乗車定員7名):427万7900円
250ハイウェイスターS アーバンクロム(乗車定員8名):427万7900円

 日産の最高級ミニバンに位置するエルグランドは、ロー&ワイドのプロポーションと低重心プラットフォームによる優れた操縦安定性や安定感のある走行性能、圧倒的な存在感を誇る力強いエクステリア、快適で上質な空間を提供するインテリア、そして「踏み間違い衝突防止アシスト」や「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、「LDW(車線逸脱警報)」、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」などの先進安全技術の搭載により、安心してドライブできる高級ミニバンとして、ユーザーから高い評価を獲得している。
 今回のマイナーチェンジは、エクステリアとインテリアのデザイン変更や先進安全装備の拡充、さらに漆黒のフロントグリルやフォグランプフィニッシャーなどの専用装備を加えた特別仕様車の「アーバンクロム」シリーズの新設定など、非常に多岐に渡っていることが特徴だ。

▲日産エルグランド250ハイウェイスターS(2WD/乗車定員8名) 価格:6CVT369万4900円 全長4965×全幅1850×全高1815mm ホイールベース3000mm 車重1930kg 写真のボディカラーはミッドナイトブラック

 まずエクステリアでは、繊細な作り込みで力強さに磨きをかけた新造形のフロントフェイスや存在感が増したリアビューなどが訴求点。仕様としては、力強い走りを想起させる「ハイウェイスター アーバンクロム(Highway STAR Urban CHROME)」とエレガントな高級感を纏う「ハイウェイスター(Highway STAR)」の2シリーズを基本に構成する。ボディサイズはハイウェイスター アーバンクロムが全長4975×全幅1850×全高1815mm/ホイールベース3000mm、ハイウェイスターが全長4965×全幅1850×全高1815mm/ホイールベース3000mmに設定。ボディカラーはディープクリムゾン/ミッドナイトブラックの2トーンのほか、ディープクリムゾン、ミッドナイトブラック、ピュアホワイトパール、ダークメタルグレーという4タイプのモノトーンをラインアップした。

▲インストルメントパネルとシートを刷新し、よりシックで高品質なキャビン空間を創出。センター部に配するディスプレイは10インチに拡大した
▲上質で華やかな雰囲気が漂うブラック/ダークベイブラウン・インテリア(Black/Dark Bay Brown interior)

 内装に関しては、インストルメントパネルとシートを刷新し、よりシックで高品質なキャビン空間を創出。また、ワイドな広がりが感じられるように水平基調に仕立てた、グランドブラック・インテリア(Grand Black interior)とブラック/ダークベイブラウン・インテリア(Black/Dark Bay Brown interior)という2パターンの仕様を設定した。さらに、センター部に配するディスプレイは10インチに拡大。インテリジェントアラウンドビューモニターや地図画面などの映像を、より大きく、見やすく映し出す。表皮を連続したキルティングパターンに変更して、より高級かつモダンな印象へと昇華させたプレミアムシートの採用などもトピックだ。

▲全方位の安心のために進化した360°セーフティアシストを全車に標準で装備する

 先進安全装備の強化では、全方位の安心のために進化した360°セーフティアシストを全車に標準装備。また、前方を走行する2台前の車両を検知して急な減速などにより自車の回避操作が必要と判断した場合には警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」、走行中に隣接レーンの後側方を走行する接近車両との接触を回避するようステアリング操作を支援する「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」、BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)などの先進安全技術を新たに組み込む。さらに、標識検知機能には進入禁止標識検知機能に加えて最高車速標識検知機能と一時停止標識検知機能を新設定した。

▲標識検知機能には進入禁止標識検知機能に加えて最高車速標識検知機能と一時停止標識検知機能(写真)を新設定した

 パワートレインは基本的に従来と共通で、350系にVQ35DE型3498cc・V型6気筒DOHCエンジン(280ps/35.1kg・m)+エクストロニックCVT-M6を、250系にQR25DE型2488cc直列4気筒DOHCエンジン(170ps/25.0kg・m)+エクストロニックCVT-M6を搭載。駆動システムは2WD(FF)と4WDの選択が可能だ。

▲WLTCモード燃費は350系が8.7km/リットル、250系が10.0km/リットルと公表

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る