ー 

プジョー308シリーズがマイナーチェンジ。合わせて特別仕様車の「ロードトリップ」を新設定

Writer:大貫直次郎 

プジョーの定番ハッチバック&ワゴンの308/308SWが商品改良を実施。最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネルの導入やグレード展開の見直し、特別仕様車「ロードトリップ」の設定などを敢行

 グループPSAジャパンは10月14日、プジョー・ブランドのCセグメントハッチバック&ワゴンの308/308SWを商品改良し、同時に特別仕様車の「ロードトリップ(ROADTRIP)」を設定して、同日より発売した。

▲プジョー308GT・ブルーHDi 価格:8SAT344万7000円 全長4275×全幅1805×全高1470mm ホイールベース2620mm 車重1360kg 乗車定員5名 搭載エンジンは1498cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボ(130ps)

車種展開は以下の通り。
■308
308アリュール:296万7000円
308アリュール・ブルーHDi:318万円
308GT・ブルーHDi:344万7000円
308ロードトリップ:308万2000円
308ロードトリップ・ブルーHDi:329万5000円
■308SW
308SWアリュール:322万円
308SWアリュール・ブルーHDi:343万3000円
308SW GT・ブルーHDi:370万円
308SWロードトリップ:333万5000円
308SWロードトリップ・ブルーHDi:354万8000円

▲プジョー308SWアリュール 価格:8SAT322万円 全長4600×全幅1805×全高1475mm ホイールベース2730mm 車重1320kg 乗車定員5名 搭載エンジンは欧州排ガス規制EURO6.3に対応した新バージョンの1199cc直列3気筒DOHC直噴ガソリンターボ(130ps)

 今回の改良は、グレード構成の見直しや機能装備の拡充、新ボディカラーの採用、特別仕様車の設定など多岐に渡っている。
 まずグレード構成では、上級グレードのGTラインとスポーツモデルのGTi by PEUGEOT SPORTを廃止し、2車種ともにGTとアリュール(Allure)という2グレード構成に絞る。パワートレインはGTに1498cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(130ps/300Nm)+EAT8(8速オートマチック)を、アリュールに前述のディーゼルユニットと欧州排ガス規制EURO6.3に対応した新バージョンの1199cc直列3気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(130ps/230Nm)+EAT8を搭載。特別仕様車のロードトリップには、ディーゼルとガソリンの2ユニットを採用した。

▲プジョーi-Cockpitをさらにアップデートさせた最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネルを装備。キャビン空間では全モデルにテップレザー&ファブリック表皮シートを配した

 機能装備に関しては、プジョーi-Cockpitをさらにアップデートさせた最新のデジタルヘッドアップインストルメントパネルを装備したことがトピック。これまで指針式だったヘッドアップディスプレイのメーター表示がデジタル式となり、従来以上にさまざまな情報を整理して表示することが可能となった。また、キャビン空間では全モデルにテップレザー&ファブリック表皮シートをセット。GTブルーHDiにはインテリアの随所にスポーティなレッドステッチを施した。

▲前方車両の速度と距離を検知して車間距離を一定に保つアクティブクルーズコントロール(ブレーキサポート付)/スピードリミッターを標準装備。約30~180km/hの速度域で作動する
▲車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると自動的にステアリングに反力を生じさせて元の車線へと戻すレーンキープアシストを組み込む

 先進運転支援機能(ADAS)の充実ぶりも、新しい308/308SWの特徴だ。アクティブクルーズコントロール(ブレーキサポート付)/スピードリミッターやアクティブセーフティブレーキ、レーンキープアシスト、ディスタンスアラート、フロント&バックソナー/ワイドバックアイカメラ、ヒルスタートアシスタンスなどを全モデルに標準装備。また、GTブルーHDiにはアクティブブラインドスポットモニターシステムとパークアシストも標準で採用した。

▲新型208シリーズで高い人気を博すヴァーティゴ・ブルーのボディカラーを308シリーズに追加設定

 ボディカラーについては、新型208シリーズで高い人気を博すヴァーティゴ・ブルーを308シリーズに追加設定。ほかにアルティメット・レッド/ペルラ・ネラ・ブラック/アルタンス・グレー/パール・ホワイト/ビアンカ・ホワイト(受注生産)をラインアップする。また、足もとにはより精悍でシャープな造形の新デザインアロイホイールを装備した。

▲プジョー308ロードトリップ 価格:8SAT308万2000円 ボディカラーはヴァーティゴ・ブルー(写真)/アルティメット・レッド/ペルラ・ネラ・ブラック/パール・ホワイト/ビアンカ・ホワイトを用意
▲プジョー308SWロードトリップ・ブルーHDi 価格:8SAT354万8000円 先進運転支援機能としてアクティブブラインドスポットモニターシステムやパークアシストを追加設定

 特別仕様車のロードトリップに話を移そう。従来のTECK PACK EDITIONやCROSSCITYに替わる新しい特別仕様車は、通常モデルのアリュールをベースに、サンセットオレンジのカラーステッチを配する専用アルカンタラ&テップレザーシート、同じくサンセットオレンジのカラーステッチを入れたドアトリム/ステアリング/オリジナルフロアマット、ROADTRIPエンブレム(フロントシート/フロントフェンダー/フロアマット)、アロイペダル、フロントステップガードなどを特別装備。また、先進運転支援機能としてアクティブブラインドスポットモニターシステムやパークアシストを追加設定している。

▲フロントフェンダーにROADTRIPエンブレムを貼付
▲サンセットオレンジのカラーステッチを配した専用アルカンタラ&テップレザーシートを装着。前席にはROADTRIPタグを配する
▲コクピットを引き立てるアロイペダルを特別装備する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る