ー 

大きな縦型キドニーグリルを組み込んだ新型BMW4シリーズが日本上陸

Writer:大貫直次郎 

BMWがミドルサイズ2ドアクーペの4シリーズをフルモデルチェンジ。従来型以上に斬新なデザインアプローチと新世代のコクピットコンセプトを採用

 BMWジャパンは10月16日、第2世代となる新型4シリーズを発売した。
車種展開は以下の通り。
420i:577万円
420i Mスポーツ:632万円
なお、ユーザーへの納車は本年11月以降を予定している。

▲BMW420i 価格:8SAT577万円 全長4775×全幅1850×全高1395mm ホイールベース2850mm 車重1560kg 乗車定員4名 パワーユニットには1998cc直列4気筒DOHC直噴ツインパワーターボガソリンエンジン(184ps)を搭載

 新世代ミドルサイズ2ドアクーペの4シリーズは、従来型以上に斬新なデザインアプローチを実践したことが特徴だ。まずエクステリアでは、1930年代に一世を風靡した328や1960年代に登場した1600および2002などを彷彿させる縦形状の大型キドニーグリルを採用したことがトピック。また、リアビューには立体的で有機的な曲線に仕立てたL字型コンビネーションランプを装備する。さらに、BMW伝統のショートオーバーハングや長いボンネット、AピラーからCピラーにかけての流れるような美しいルーフライン、長いホイールベースなどにより、室内の居住性を高めつつ、クーペらしい美しいプロポーションを創出した。

▲新型4シリーズ(写真・中央)の縦形状の大型キドニーグリルは1930年代に一世を風靡した328(同・右)や1960年代に登場した1600および2002、1970年代に人気を博したE 3およびCSクーペ(同・左)などをオマージュしてデザインした

 インテリアに関しては、10.25インチのワイドコントロールディスプレイ(タッチパネル機構付)と、12.3インチのマルチディスプレイメーターパネルを配する新世代のコクピットコンセプトを導入し、機能的かつ先進的な室内空間を実現。iPhoneによるロック解除/施錠やエンジン始動も可能とする。安全・運転支援システムの拡充も図り、アクティブクルーズコントロール等を含むドライビング・アシスト・プラスや高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」、最新のBMWコネクテッド・ドライブを採用した。

▲10.25インチのワイドコントロールディスプレイ(タッチパネル機構付)と12.3インチのマルチディスプレイメーターパネルを配する新世代のコクピットコンセプトを採用。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲2名乗車の後席。シートバックには可倒機構を組み込む

 パワートレインに関しては、1998cc直列4気筒DOHC直噴ツインパワーターボガソリンエンジン(最高出力184ps/5000rpm、最大トルク300Nm/1350~4000rpm)に、電子油圧制御式8速AT(Mスポーツは8速スポーツAT)を搭載。また、クーペモデルらしいダイナミックな走りを実現するために、サスペンション取り付け部やアンダーフレームを強化するとともに高剛性クーペボディを採用することで、ロール剛性の強化や切れのあるスポーティなハンドリングに加えて衝突時の安全性能も向上させる。さらに、アルミ材をボンネットだけではなくエンジンキャリアやその接続部に用いることで、ボディ剛性の強化と軽量化という相反する性能を高次元で両立させた。

▲BMW420i Mスポーツ 価格:8SAT632万円 Mエアロダイナミクスパッケージ(フロントエプロン/サイドスカート/リアスカート)およびBMW Individualハイグロスシャドーラインエクステリアを装備
▲MスポーツにはマルチファンクションMスポーツレザーステアリング(シフトパドル付)を採用する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る