ー 

日産が第3世代の新型ローグを米国市場で10月下旬に発売するとアナウンス

Writer:大貫直次郎 

日産エクストレイルと基本コンポーネントを共用する北米市場向けミドルクラスSUVの「ローグ」が新世代に移行して10月下旬に販売開始。フロントマスクの目立ち度はエクストレイルを圧倒!?

 日産自動車の米国部門は、全面改良した新型ローグ(ROGUE)を10月下旬より全米のディーラーで販売開始すると発表した。

▲日産ローグはエクストレイルと基本コンポーネントを共用する北米市場向けのミドルクラスSUVで、今回の新型が第3世代となる。車両価格は2万5650ドル(約271万円、S FWD)~3万6830ドル(約389万円、Platinum AWD)に設定

 日産ローグはエクストレイルと基本コンポーネントを共用する北米市場向けのミドルクラスSUVで、今回の新型が第3世代に当たる。基本骨格には進化版のCMFプラットフォームを採用し、ここに新設計の高剛性ボディをセット。ホイールベースは106.5インチ(2705mm)に設定した。

▲大胆で力強いエクステリアデザインが印象的。ボディサイズは全長184.5×全幅72.4×全高68.0~68.5インチ(4686×1839×1727~1740mm)/ホイールベース106.5インチ(2705mm)

 エクステリアに関しては、アスリートのような力強さと上質さを兼ね備えた大胆でアグレシッブな造形に仕立てたことが特徴。一方、内包するインテリアは家族が快適に過ごせる洗練されたデザインを採用したうえで、最新のコネクテッドシステムを豊富に組み込んだ。

▲アドバンスド・ドライブアスシト・ディスプレイ(Advanced Drive-Assist Display)や日産コネクト 7インチタッチスクリーンディスプレイ(NissanConnect 7"touch-screen display)などの先進機構を装備する

 パワーユニットには新世代のPR25DD型2.5リットル直列4気筒DOHC直噴ガソリンエンジン(170hp/175lb-ft)+エクストロニックCVT(Sport Mode Shifter付)を搭載。また、新開発のビークルモーションコントロール(車両制御技術)を組み込み、よりスムーズで安定したドライビングを提供する。さらに、全方位運転支援システム(セーフティ・シールド360)を標準採用するなどしてクラストップレベルの安全性を実現。プロパイロット(北米名:ProPILOT assist with Navi-link)の進化も図り、ナビゲーションの地図情報を活用して高速道路のカーブや分岐などで適切な車速に調整する新機能を装備した。

▲パワーユニットには新世代のPR25DD型2.5リットル直列4気筒DOHC直噴ガソリンエンジン(170hp)を搭載

 なお、日産は新型ローグの発売を皮切りに、今後ブランド初のEVクロスオーバーである「アリア」や先ごろ発表した「フェアレディZ プロトタイプ」の市販モデルなど、ユーザーがワクワクするような新型車を積極的に投入することで、北米市場における日産のモデルラインアップの刷新を図っていくという。

▲全方位運転支援システム(セーフティ・シールド360)を標準装備するなどしてクラストップレベルの安全性を実現した

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る