• TOP
  • 「注目モデル試乗」全身サーキット・スペック。速さが光るルノー・メガーヌR.S.トロフィーの職人技

 ー 

「注目モデル試乗」全身サーキット・スペック。速さが光るルノー・メガーヌR.S.トロフィーの職人技

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

ルノー・メガーヌR.S.トロフィー 価格:6SMT 499万円 試乗記

ルノー・メガーヌR.S.トロフィー 1.8リッターターボ(300ps)搭載 駆動方式:FF ニュル北コースでFF車世界最速タイム(7分40秒100)を叩き出したトロフィーRのロードゴーイング仕様
ルノー・メガーヌR.S.トロフィー 1.8リッターターボ(300ps)搭載 駆動方式:FF ニュル北コースでFF車世界最速タイム(7分40秒100)を叩き出したトロフィーRのロードゴーイング仕様

ルノースポールが情熱を傾けた逸品。サーキット走行に完全対応

 ルノーは、40年以上に及ぶF1レース参戦など、モータースポーツにかける情熱では「知る人ぞ知る」存在。そんな活動を主導するのがルノースポール・レーシング。そして、ここで培ったノウハウや技術を活かして、特別にスポーティな市販モデルを開発するのが、ルノースポールカーズである。
 ルノーの職人集団が手掛けた筋金入りのモデルが、RSの記号が与えられたスペシャルモデルたちだ。その中でもトロフィーは、サーキット走行に特化したチューニングが施されている。

 メガーヌRSトロフィーのボディは、標準メガーヌに対してフロントが60mm、リアは45mm拡幅され迫力満点。2014年に公開されたコンセプトモデル、RS01と共通意匠のホイールや、そのスポーク間から姿をのぞかせるブレンボ製の赤いブレーキキャリパー、エアインテークブレードに刻まれたTROPHYのロゴが、特別な1台であることを主張する。
 インテリアは、バケットタイプのレカロ製軽量フロントシートを標準装備。レカロシートとコーディネートするように、グリップ部にアルカンターラが用いられたステアリングホイールも、専用アイテムとなる。

ボディは精悍なワイドフェンダー仕様 トロフィーは6速SMTと6速MT(489万円)を設定 MT仕様の最大トルクは400Nm

ハイレベルなトラクション性能。ハンドリングは意のまま

 応答性向上のためセラミックボールベアリング式のターボが用いられた1.8リッターの直噴4気筒エンジンは、「RS史上最もパワフル」とうたわれる専用品。エグゾーストシステムは、ルノースポールの作品としては初のアクティブバルブ付き。スペックは300ps/6000rpm、420Nm/3200rpmを誇る。

 組み合わせるトランスミッションは6速MTと6速DCTの2タイプ。DCTのシフトプログラムは、センターパネル上のスイッチ操作で任意に変更が可能。最もスポーティなレースモードを選択した場合、4コントロール(4WS)やパワーステアリングの制御がサーキット走行用に変更されると同時に、スタビリティコントロールの作動は停止される。

 試乗車は、DCTモデル。強力な専用LSDが組み込まれたことによる前輪駆動とは思えないハイレベルなトラクションや、強化されたブレーキによる強靭な減速力などは感動的な水準だ。フロントヘビーのFFレイアウトながら、「アンダーしらず」のコーナリングは快感そのもの。FF車とは思えない俊敏なターンインの挙動には、4コントールの制御が効いているに違いない。
 トロフィーは、ニュルブルクリンク北コースで「FF車最速記録」を塗り替えてきた、ルノーのスポーツスピリットが実感できる。まさに逸品だ。

1798cc直4DOHC16Vターボ 300ps/6000rpm 420Nm/3200rpm セラミックボールベアリング式ターボ採用
245/35R19タイヤ装着 アルミはコンセプトスポーツRS01用と同意匠のスポーク形状
ブレーキは強力 スリット入り鋳鉄製Vディスク標準 前輪ハブはアルミ製
スポーツエグゾーストは2種類のサウンドが選べるアクティブバルブ付き
トロフィーは本革+アルカンターラの専用コンビステアリング ハンドリングは純スポーツ設定 自在に操れる 中央に7インチディスプレイ装備
トロフィーは軽量設計のレカロ製バケット標準 シート地はアルカンターラ 室内空間はルーミー
メーターは7インチTFT液晶 レッドゾーンは7000rpm以上 速度計はデジタル 表示は切り替え可能
6速DCTは大トルク対応ゲトラグ製 シフトプログラム調節機構付き
パドルは操作性に優れた大型形状 ステアリングコラムに配置
ペダルはアルミ製スポーツ形状 アクセルレスポンスは全域で鋭い

ルノー・メガーヌR.S.トロフィー 主要諸元と主要装備

グレード=ルノースポール・トロフィー(EDC)
価格=6SMT 499万円
全長×全幅×全高=4410×1875×1435mm
ホイールベース=2670mm
車重=1470kg
エンジン=1798cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=221(300)kW(ps)/6000_rpm
最大トルク_=420(42.8)Nm(kgm)/3200rpm
WLTCモード燃費=12.4_km/リッター(燃料タンク容量47リッター)
(市街地/郊外/高速道路=8.6/13.2/14.5_km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=245/35R19+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.2m

●主な燃費改善対策:未公表
●トロフィー専用装備:シャシーカップ/ブレンボ製モノブロックレッド・フロントブレーキキャリパー/前輪アルミハブ&鋳鉄製ベンチレーテッドディスク/トルセンLSD/19インチアルミTROPHY/レカロ製Ⓕバケットシート/R.S.用ナパレザー&アルカンターラステアリング/スポーツエグゾースト(アクティブバルブ付き)/TROPHYデカール(F1タイプエアインテークブレード)
●主要装備:4コントロール(4輪操舵機構)/フロントダブルアクシスストラットサスペンション/4輪ハイドロリックコンプレッションコントロール/エマージェンシーブレーキサポート/車線逸脱警報/後側方車両検知警報/パーキングセンサー/R.S.ドライブ(走行モード切替機構)/ヒルスタートアシスト/電動パーキングブレーキ/パドルシフト/フルLEDヘッドライト/R.S.ビジョン/スポーツバンパー/フロントF1ブレード/R.S.リアスポイラー/リアディフューザー/センターエグゾースト/R.S.スポーツフェンダー/ブリリアントブラックドアミラー/アルミペダル/7㌅フルカラーTFTメーター/7インチマルチファンクションディスプレイ/2ゾーンオートAC
●ボディカラー:ジョンシリウスメタリック(op16万円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万6890円

4コントロール(4WS)がシャープな走りに貢献

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る